FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

2012ときめきはバラードコンサート 初日♪

2012 5 19土曜日♪♪

↑こんな良いお天気にも恵まれた、そして、ファンならずとも皆様お待ちかねの 健之くんコンサートツアーの初日が、5月19日、東京・新橋のヤクルトホールにて、盛大に!盛大に!幕を開けました。本当におめでとうございます!!
ホールのロビーも、各界の方々から贈られたお花で色とりどりでした。綺麗でしたね~。

ヤクルトホールへ行くのは私は初めてで、長年、新橋のどのへんかな?と思っていたのですが、よく立ち寄る、玉木屋という佃煮の名店のすぐそばにありまして、銀座にもほど近い、本当に都会の真ん中の伝統あるステキなホールでした。

この日のたけしくんは、満員のお客様を前に、誠に沢山の曲を歌ってくださいました。会場から溢れんばかりの観衆の皆様方の、大声援を前にして歌われる健之くんを見て、ファンとしても嬉しく誇らしく、しかし今日はコンサートツアーのまだ初日です。この先お疲れにならなければいいなと、そんなことを考えて涙が出そうになりました。時折、オペラグラスでステージを見ながら、歌を聴いておりました。そういうときは、たけしくんの細かい表情も見てとれまして、また切なくなります。
その反面、デビュー7年の確かな人気と実績に、また心から嬉しくなります。このように実に忙しい感想を抱きながら でもとても楽しく舞台を拝見させて戴きました。
松崎しげるさんのカバー曲「愛のメモリー」には、中でも感動いたしました。そして「竹田の子守唄」「中国地方の子守唄」などは、たけしくんの恩師のお一人で、子守唄研究の第一人者でいらした、詩人の松永伍一さんを偲んでの絶唱に、聞き手の心もとても大きく揺さぶられました。
前者は、弾むリズムに情熱的に声も身も委ねるように そして後者は、静かな情感と共にこぶしをきかせての唱法で、まったく違った歌の世界です。それを健之くんは、どちらもかくも巧みに、美しく自然に、歌いあげることのできる、本当に稀有な歌い手さんなのですね~。 オリジナル曲の数々も、時としてまた新しい色彩を放ち、あらためて、歌の‘七変化’を魅せてくれる健之くんの天賦の才能に、感動いたしました。

加えて、とっても嬉しかった、九ちゃんの「上を向いて歩こう」は、客席の上のほうまで、通路を歩きながら握手をしながら・笑顔を振りまきながらのお歌で、この曲もぜひまた、お聴きしたいですネ。
昔からキラキラするものが大好きな私は、健之くんの今回のお衣装群にも、まばゆく眩しく♪ニコニコと見せて戴くことができました。

各地で、これからも健之くんのコンサートツアーが続きます。健之くんの歌う曲目はその時その時のお楽しみで、いろいろな歌を聞ける方もおいでになるでしょうし、また、いつか聞ける歌を楽しみに、という期待も、長くファンでいる事の妙味でもあります。どうぞ皆様、それぞれのご予定に合わせて、これからも末永く、たくさん、健之くんの素晴らしい歌声をお楽しみになってくださいませ。 私もまた、近々ぜひ聞きに伺いたくなりました!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する