FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

2012年♪始まりはバラード♪で!

今年は暦の関係で、早々に4日の日から新年の仕事が始まった所も多いようで、私なども年末の忙しさそのままに、あまりお正月気分には浸れないまま、今に至っております。それでも7日の、たけしくんがゲスト出演されました、STVラジオ「ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー 新春ホール公開!」は、ネットのラジオで聴くことが出来、生憎午後から約束があり全部はお聴きすることは叶わなかったものの、年明けすぐに、STVホールでの健之くんの晴れがましい生のステージの模様を楽しむことが出来ました。
神社で幸先良く『吉』のおみくじを引かれたというたけしくん、でも、かの闊達ユーモアトーク!!
晤郎さんから「全部『吉』を入れてあるんだよ~」と言われて、「じゃ、普通ですね~」と、さらりと
明るく‘応酬’されたりと楽しい会話が弾んでいました。また、翌8日の同じくSTVラジオ・健之くんの「歌をあなたに」の冒頭でも紹介されておりました通り、晤郎さんがたけしくんの、その卓越した歌声に寄せて、素晴らしいお褒めの言葉をくださったりと、嬉しいひと時でもありました。
晤郎さんのおっしゃられる通り、たけしくんの、いつも変わらぬ素敵な生の歌声も、ラジオからたっぷり流れ来ました。

たけしくんはこの日の「日高晤郎ショー」の中でも、大変程(ほど)を心得られ、落ち着いて、歯切れ良く、テンポ良く、そして常にユーモア精神を忘れずお話を展開されていまして、年年歳歳とてもカッコよく成長されていらっしゃる!と心から思います。
更に、8日の「歌をあなたに」では、来たる2月22日発売の新曲「ときめきはバラード」も一部御披露くださり、ファンの期待は益々ふくらみます。今年、良き春となりそうですね!!




     歌川豊国作 八世市川団十郎 矢の根☆

日高晤郎さんの番組中「語源雑学縦横無尽」のコーナーで、晤郎さんがお話をされていた、江戸の絵師・歌川豊国の描く、歌舞伎絵を模写した絵ハガキが家にもありました↑(八世団十郎の「矢の根」)
放送のあった1月7日が豊国の命日ということでしたが、本当に美しくて特徴的な絵です。

昭和64年1月7日はまた、御存じの通り昭和天皇崩御の日ということを、晤郎さんはお話になり、私もあの日、年の初めの初出勤の日で、出社後すぐにその日は解散となり、後輩たちと外へ出たのですが、いつもは喧騒を極める池袋の繁華街の、店舗にもどこにも大きな声も音曲も流れず、車や電車の走る響きと人々の話し声だけがざわりと耳に入って来る、生まれて初めての不思議な経験をしました。あれからもう23年もの年月が経ったとは、にわかには信じ難い気持ちです。以後も毎年いろいろなことがあり、また昨年は、ついに日本に未曽有の大災害が起きてしまいました。今年は一日一日を、より大事に生きて行きたいと、改めて思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する