FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

G線上にて♪(^O^)

10月17日23時からのNHKBS-1「地球テレビ エル・ムンド」を、その日の昼間に、たけしくんが御自身のブログ『気ままに気まぐれ日記』の中で触れてくださっていたおかげで、久々に拝見出来ました♪ 夜のあの時間帯は、大体テレビ東京を横目で見ていまして 、「地球エル・ムンド」は、番組開始の頃2~3度見たきりでしたが、司会のポンピリオさんが、なかなかステキになっておられたようで良かったです
この日のハイライト、ゲストの五木寛之さんのスタジオ登場の場面と共に、流れ来るのは健之くんの「こころの道」の歌声。テレビで聞くのは初めてだと思いますし、それだけに嬉しかったですネ。
「地球テレビ エル・ムンド」2011.10.17

「あ~、たけしくんの声ね!」という私に家族の者も、「あの声は、ほかの人にはちょっと出ない」と応じます。クラシックのアリアのような、格調のある歌声です。

“あの町は遠いけど あの人は遠いけど・・・”。いつもCDを聞きながら、印象的な五木寛之さんの歌詞と、その五木先生の敬愛されるという、アタウアルパ・ユパンキの唯一のお弟子さん「ソンコ・マージュ」氏によるメロディー、そして哀調を帯びたたけしくんの歌声に、世の中には、遠ければ遠いほどそれゆえ忘れない、胸に残ることもあるのかも知れないと、思いを巡らします。
今回の五木先生のお話は、9月の毎日新聞及びネットの毎日jp「特集ワイド 日本よ!悲しみを越えて」をお読みになりますと、よりはっきりと腑に落ちるのではないかと思われます。毎日jpの方は、リンクの期限が切れてしまったようですので、いずれまた、このブログにもあらためて「特集ワイド」をアップし直しておこうと思っております。本当にとても素晴らしい内容の、五木寛之さんへのインタビューを記録した記事でした。

16日、やはり健之くんがブログで教えてくださった、NHKの番組テーマの名曲で、岩崎宏美さんの歌の入った「小さな旅」のことも、楽しかったですね~。音楽のお話は、いつもことのほか楽しいです。
なんとこの曲が、1986年に彼女のシングルにもなっていたというのは全く存じませず、あらためて私もインターネット上で聴かせて戴きました。本当に、同じ曲がまた、別の味わいを帯びて華やかになって聞こえてきます。インストゥルメンタルですと、どこか日本のひなびた里山風景が彷彿と浮かんでくる感じで、それだけでも勿論よいのですが、ここに歌が付きますと、ちょっとオシャレなトレンディードラマの主題歌のようにもなるような気がして、ビックリです。NHKの、この「小さな旅」という番組は、昔、「関東甲信越小さな旅」というタイトルで放送されていて、そのうち「関東甲信越」の部分がとれて、それからは日本中、より広い範囲の地域が取材されるようになって行ったのだと思います。番組のテーマ曲はずっと同じで、ですから今も、毎週日曜日の朝にオンエアされる「小さな旅」をご覧になっては、その内容もさることながら、時代を越え、番組のタイトルは変わってもなお、連綿と続く美しいテーマ曲に、癒されている方がずいぶん多いのではないかなと思います。 素晴らしい歌手たけしくんが「素晴らしい曲」とおっしゃる、「小さな旅」のテーマの作曲者・大野雄二さんも、たけしくんと同じ、素晴らしい静岡県のご出身です。


NHKの番組といえば、あの「新日本紀行」のテーマ曲にも、わりに最近、歌が付きましたね。
たしか新たに、「新日本紀行ふたたび」という番組が出来たのがきっかけだったかと思います。
やはり女性歌手の方の歌です。こちらのほうは、ちょっと神秘的な‘魔境からの囁き’のようにも、聞こえたりします

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する