FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

新曲「歌の旅びと」と「Elegy こころの道」♪

自慢するわけではないのですが 歌番組はテレビもラジオも、たけしくんが出演されるものしか、ほとんど見たり聴いたりしません。 もともと「平成」に入ったころから、日本の歌謡曲をあまり聴かなくなっていて、たけしくんの歌に出会うまで、最後に買った邦楽のCDが、米米クラブの「DECADE」というアルバムだったことは、前にも書いた記憶があります。が、実はその後、ユーミン初のベストアルバムということで、「Neue Musik」もゲットしていたことが分かりましたがまあ大体そんなところでした。祖父母の代からファンの、劇団前進座のお芝居で、五木寛之さん原作・脚本の舞台に、客演して主題歌を歌われた健之くんの、これまで聞いたことのないような、あまりにも清新にして哀愁に満ちた素晴らしい歌声に出会って、いっぺんで大ファンになってしまったのは、ですからまったくの偶然でした。NHKの歌番組も、昔の「歌のグランドショー」や「ビッグショー」・「二人のビッグショー」の時代まではよく見ていました。もちろん久米さん・黒柳さんのあの「ザ・ベストテン」や、マチャアキ司会の「紅白歌のベストテン」などは、見ないと具合が悪くなるほどでしたし、歌は大好きなんです。ここ20年ほど、だんだんと巷に好きな曲が少なくなって行ったのかも知れません。今は歌の番組をそれほど見聞きする習慣はありませんけれど、しかしたけしくんが出られるものだけは必ず、「BS日本のうた」もちゃんと録画をして、たけしくん御出演のシーンを何度も繰り返し見ております。

 そんな「BS日本のうた」をお休みして、5月29日の日曜日には、BSプレミアムにて特別番組の「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」の放送がありました。番組宣伝でこの放送があるのを知ってからは、手帳にも書いて、しっかり忘れないようにしておりました 録画は永久保存版です。なにしろ、それこそ“動く”筒美京平さん、ましてや“しゃべる”京平さんを見るのは、これが生まれて初めてです。「筒美京平」の紡ぎだすメロディーラインが好きで好きで、憧れ続けた人ですから、この番組は夢のように嬉しいものでした。五木寛之さんも、かつてラジオ深夜便「わが人生の歌語り」の中で、彼はヨーロッパ・アメリカの音楽を(日本に)よく紹介してくれた人、とおっしゃっておられました(2008年3月30日・第36回放送分より)。本当に、とくに私達の年代は、子供のころから大学生になる頃まで、テレビやラジオから絶えず流れてくる、筒美京平さんのヒット曲を聞いて育ったといっても過言ではない、言ってみればそんな時代でした。明るくてカッコよくて、甘酸っぱいテイストもあって、そして自然に体がリズムをとり出す、京平さんの曲はみな、そうした魅力にあふれたオシャレな歌謡曲でした。
 彼が通っていたという、都内で有名な教会の経営する幼稚園では、あの「椰子の実」の作曲者の大中寅二が時折ピアノ演奏をしていたそうで、そもそもはこの大作曲家から受けた影響が大きかったということです。しばらくしてクラシックピアノを習い始め、小学校では学校の聖歌隊に入り、そのうちに聖歌の伴奏をするようになって行ったそうです。そしてその後はジャズに傾倒し、モータウン系をはじめ様々な洋楽の研究をし・・と、そのほかもう、本当にすべての事に目を見張りながら楽しく拝見しました。
番組をご覧になった方も多いかと思います。ピアノを弾く筒美京平さんも少し映りました。なんとも軽やかな指の運びと、その温かい音色に感動を抑えきれませんでした~。

来週、6月5日の日曜日のこの時間は、たけしくん御出演の「BS日本のうた」の放送です!どうか皆様、こちらも絶対に忘れずご覧くださいね。


松原健之さんの新曲「歌の旅びと」 と 「Elegy こころの道」

さて前置きが長くなりましたが、健之くんの新曲「歌の旅びと」を、毎日毎日、何度も繰り返し聴いております。いくら聴いても飽きない、こちらも名曲です。たっぷりとしたイントロからくり出す、哀調に満ちた、でもどこか新しく若々しい、リズミックで美しい歌謡曲で、これはきっと、全国の歌好きな人も待ちわびた曲という気がしてとても嬉しいです。思い出の歌・旅というものが主題と思いますが、私はやはり、健之くんの卓越した歌声の中に「海」の風景が浮かんで来ます。これからの季節にも本当にぴったりの、白い日射しの中に、ふと涼しい風を感じさせるような、そんな雰囲気の歌です。人それぞれが、自由に思いを馳せられるのが歌の中の世界だとすれば、それはまさに素晴らしいことですね。たくさんの方に聞いて戴き、思い思いに胸を躍らせていただきたい健之くんの歌声です。
そしてカップリングの「Elegy こころの道」を、こちらも何度も何度も聴いております。聴くたびに、聴くごとに、好きになり感動して、健之くんがこんなに見事に、この歌を歌い上げておられることに、また感動します。
筒美京平さんの聖歌隊のお話を先ほど書きましたが、健之くんのこの歌にも、どこか聖歌・讃美歌に通ずるような荘重さがあり、バロック音楽の通奏低音の響きのような静かな落ち着きがあり、そして終盤、転調して美しく張りのある高音になって行くところでは、遠くに「希望」の光が見えるようで、涙が出ますね。本当に素晴らしい。いつか、生の歌声で聴けるのを楽しみにしたいと思います。皆様も、どうかCDで、またコンサートやイベントなどで、たけしくんの歌を存分に御堪能されてみてください。
いろいろなランキングも好調で何よりです。皆さまぜひいっぱい健之くんの歌を応援して差し上げてくださいネ。





                               アンビシャス・ジャパン!★
                      <↑筒美京平さんの曲で一番最近に購入したシングルは、
                        2003年・TOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」でした> 


プレゼントにも・・「歌の旅びと」☆松原健之♪
<「AMBITIOUS JAPAN」も、JRとのタイアップでしたが、健之くんの新曲「歌の旅びと」は、
NHK「ラジオ深夜便」との夢見るタイアップ ジャケットも夢のように素敵です>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する