FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

東京地方も、あれから2ヶ月

たけしくんは12日、お元気に山口県でNHK「BS日本のうた」の公開録画に御出演でした。放送日が誠に楽しみです。御自身のブログ「気ままに気まぐれ日記」から、12日には、南こうせつさんのカバー曲を歌われたということでしたが、曲目は何でしたでしょうね たけしくんは、以前にも
こちらの番組で「神田川」を熱唱されたことがありまして、その絶品の歌唱力が、やはりとても話題になりました。6月5日の放送日が何とも待たれます。皆様は、こうせつさんではどんな歌がお好きでしょうか。たけしくんが今回歌ってくださったかどうかは分かりませんが、わたしは案外、「夏の少女」が好きでした~。「夢一夜」とかね。 それはともかく、来月の放送を心から楽しみにしたいと思います。



震災2ヶ月の節目に
そして、その山口県には私の前進座の観劇仲間の方も住んでおられまして、この度の震災の直後、その方は「テレビで、東京のほうのスーパーやコンビニの棚が、からっぽって言ってました、何か足りないものはありませんか~?」とメールをくださったのです。私はその時、お気持ちだけ有難く・・・とお返事はしたのですが、その何時間か後になんと 「今、送りました!!」 というメールが届いたではありませんか! 正直、あんなに嬉しいことはありませんでした。単一の乾電池が売ってないそうですね、少し入れました。カップ麺とかも、有るかもしれないけど家でも買うので入れましたよ~、懐中電灯もね。と、したためてくださった通り、本当に御気持ちの行き届いたプレゼントがこちらに着いたのは、それからわずか2日後のことでした。段ボールの箱いっぱいに、保存のきく食料品や、懐中電灯・かわいいランタンなどの照明器具、そして夢にまで見た 単一乾電池を始めたくさんの電池類も詰まっておりました。
私共も周囲の人達もそうでしたが、次々と店頭から消えて行く品物を求めて、しかし毎日の仕事にも追われながら、家族のためそれらを買い集めて回る事は、当時とても困難を極めておりました。ですから本当に、思いもよらぬこのような親切を、人さまから受ける資格が、いったい私にあるのだろうか、と我が身を振り返りながらも、つくづく有難さが身にしみました。何もかもが生まれて初めての経験でした。後日ゆっくりお電話で伺いましたところ、この時に購入された品の数々を、その方は大震災の被災地にも送られたそうです。ほどなく山口県でも、多くの日用品が品薄となってしまったそうで、運良くいろいろと購入出来たのは、実に間一髪のタイミングだったとの事でした。
被災地の、あまり大きな避難所ではなくて、小さな所へ物資を送るボランティア団体があるそうで、そうした所へ荷物を託されたそうです。なかなか出来ることではないことを、若い彼女がしていらっしゃることにも、誠に感動いたしました。
季節もまだ寒くて、たび重なる計画停電や、余震の揺れにも不安な中、私共も戴いたものを大切に使わせて戴きました。今後に備えてまだ大事にとってあるものも沢山あります。本当にありがとうございました。
改めて今回の大震災の、夥しい犠牲者の方々の魂の安からんことを心よりお祈り申し上げます。

                                                  
彼女には、なんとまだニ度ほどしかお会いしたことがないんです! 今から8年位前、井上靖・作「天平の甍」というお芝居の、大阪国立文楽劇場での前進座公演に、健之くんも2001年の舞台「旅の終りに」の初演で共演されました、嵐広也さん(現・嵐芳三郎=2010年5月・東京国立劇場公演にて襲名)を追っかけて 前進座が運営するネット掲示板のオフ会の形で、大勢のファンがナニワに集結した際、皆さんとご一緒にお会いしたのが最初でした。以来、折に触れてメールや年賀状でのお付き合いはありましたけれど、このたびこのような御親切を戴きまして、本当に感激いたしました。彼女は健之くんとおない年のとても可愛い女性で、やはり素敵なアーティストなんですよ。この年生まれの方には、心も美しい芸術家が多いのでしょうか! 山口への、つい先日の台風の影響が心配されます。またいつか、元気でお会い出来る日を夢見ています。


                              襲名・七代目 嵐芳三郎(2010年)               

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する