FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

深夜便『歌の旅びと』初回放送に感激♪♪

不思議なもので、五木寛之さんの「特集 わが人生の歌語り」のコーナーが、昨年3月に終了して以来、NHK「ラジオ深夜便」を、あまり頻繁には聞かなくなっておりました。我らが健之くんの恩師であり、また、私たちの世代では、高校生ぐらいの頃からずっと憧れの作家という人もとても多い、そんな五木寛之さんの番組を、私も5年に亘り聞いている内に、自然とラジオ深夜便にも慣れ親しんで来ていました。仕事をしながら、或は寝酒のワインなどたしなみながらラジオに耳を傾けるひとときが、このたびまた、生活の中に復活することになりそうです。4月24日からのラジオ深夜便「作家・五木寛之の 歌の旅びと」コーナーの新スタートは、そんなわけで、とても喜ばしいニュースでした。そして早速、第1回放送から、健之くんの歌う同名の主題歌(5月25日<水>発売「歌の旅びと」をお聴きになった皆様も、きっときっと大感動されたことと思います。


「わが人生の歌語り」の時の、加古 隆さん作曲の「大河の一滴」も、とても素敵なテーマ曲でしたが、まさに大河の流れを汲むかのように、そしてまたその流れの中に、新たに、鮮やかに若々しい息吹を吹き込んで、この日、須磨佳津江さんのナレーションに乗って聞こえて来た、健之くんの新しいテーマ曲・その名も「歌の旅びと」は、実に熱く胸に響きました。たけしくんの歌声によって、五木寛之さんの、前回の「歌語り」と、今回の「歌の旅びと」という、二つの壮大な「自伝」的語りの世界が、見事に繋がった感があります。
イントロからすでにいろいろなことが胸に迫って、たけしくんの歌声を聴きながら言葉に尽くせないほど感激致しました。たけしくん、本当に良かったです。


皆様は、たけしくんの「歌の旅びと」をどのようにお聞きになりましたか?シングルの「マリモの湖」が好きな私は、ちょっと歌い方が似ている?と思ったりしました。たけしくんが、当時メディアなどでもおっしゃっていたように、「マリモの湖」のレコーディングの際に、作曲者でもあり、また歌手の大先輩でもある五木ひろしさんが、何時間も指導してくださったという三連符の技法に通じるものが、今度の曲にもあるでしょうか。美しい張りのある高音の合間に、魅惑の低音がたくさん散りばめられているのもステキです。泣きたくなるような哀愁が、しみじみと人の心に沁(し)みてゆきます。たけしくんの歌声は番組の主題曲にぴったり、と、五木先生も「歌の旅びと」の初回放送の中で褒めてくださっておりましたが、たけしくんのこの歌は、「必殺」シリーズの主題歌にもなりそうな、そんな気までいたします。どのように聞いても、とっても素敵。


ラジオ深夜便「特集 作家・五木寛之の歌の旅びと」の次回放送は、来たる5月29日の日曜日深夜、前日の土曜日からの続きになりますが、まだお聴きになっていらっしゃらない方も是非、次回からの放送をお楽しみくださいネ
第2・第4土曜日担当アンカー(パーソナリティー)の柴田祐規子アナウンサーは、「深夜便」の中では最年少のアンカーで、この事もなんとなく嬉しい感じです 深夜便のコンセプトとして、アンカーの方は、あまり早口で話したり、大きな声を出さないよう、又、番組の中で起用する音楽も、ロックなどの激しい曲はなるべく避けるようにしているのだそうです。以前、柴田さんの放送を聴いていた折、その時はまだ柴田さんが「深夜便」に登場して間もない頃だったようで、「リスナーの皆様から、私の話し方がまだちょっと早過ぎる・・」とか、「かける音楽が若向き過ぎる・・」というお叱りのお手紙もよく戴きます、と、少し笑みを含んだ、でも謙虚な語り口で話されていたのが記憶に残っています。あまりラジオから大きなせわしない音を出さないというのは、真夜中なので、皆さん寝床の中で音量を絞ってとか、またはイヤホーンで静かに番組をお聴きになっている方も多いから、という理由のようですね。しかし時代は徐々に移り、最近では、自室で自由に「深夜便」を聴く若いヘビーリスナーの方も、かなり増えて来ているという話も、よくお聞きします。



                                   街角☆チャリティー
<若者たちが日曜日、街角で、盲導犬普及と東日本大震災のためのチャリティー演奏をしていました。主催は最寄りの商店街で、彼らは地元の音楽学院の生徒さん達だそうです♪>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する