FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

お正月の「新金沢百景」。

まだ松の内でしたか、夜、何気なくテレビのスイッチを入れてテレビ神奈川にチャンネルを合わせました。tvkテレビ神奈川とは言いましても、その電波は広く東京・千葉・埼玉・静岡・山梨の一部・・にまで届いているそうです。かなり多くの視聴者を抱えた、UHFの独立局です。ご覧になっている方も多いと思います。遠方に住む私の友人も、「普通に映る」と言っておりました。
この局では、もう7~8年も前、「saku saku」という番組にレギュラー出演していた木村カエラちゃんを、ずっと横目でみながら「ずいぶん可愛いコだな~」と思っていたことがあり、その後、彼女がブレイクしてからも、彼女の歌う曲はどれもかなり親しみを感じ、好きでよく聞いております。

そのtvkで、その夜なんと、健之くんの恩師で、1967年の直木賞受賞作「蒼ざめた馬を見よ」も
金沢でお書きになったという、作家の五木寛之さんがナビゲーターをしておられる番組、「新金沢百景」が放送されているのを、偶然拝見しました。
「鎌倉~金沢へ 迷い道・かくれ道」と題された放送分を、tvkが、制作のテレビ金沢から譲り受けてお正月用に放送したものと思われますが、とても面白かったです。
目下、五木寛之さんも長期執筆中の、小説「親鸞」ですが、その親鸞聖人の著作「教行信証」を英訳した、金沢出身の仏教学者・鈴木大拙と、大拙がその全翻訳作業を行った、神奈川県の
古都・鎌倉の松ケ岡文庫を中心に、鎌倉・金沢のそれぞれ趣きある風景が多数紹介されておりました。仏教にも深い造詣のあることで知られる五木先生は、番組の中で、「金沢と鎌倉の間には、見えない水脈がある・・」とも語っておられました。 鈴木大拙は以前、たけしくんも御自身のブログで、ロケで記念館を訪れたと綴っていらしたことのある、哲学者の西田幾多郎とは、金沢の旧制四高の同級生なのだそうですね。いろいろと繋がりが分り、また新しい知識も得ることが出来て、思いがけず楽しいひと時でした。
 また、番組の全編を通じてバックにインストゥルメンタルで流れていたのは、たけしくんもアルバム「こころの旅」の中で、素晴らしいカバーをされている、山崎ハコさん作曲の「浅野川恋唄」の哀愁のメロディーで、私はたけしくんの力強い歌声をずっと頭の中に思い浮かべながら、耳を傾けておりました。


「新金沢百景」 五木寛之氏
<石川県/ 卯辰山~玉泉寺辺り 真剣に文献に目を通される五木寛之さん>



鎌倉・松ケ岡文庫 五木先生
<鎌倉/ 鈴木大拙の松ケ岡文庫。大拙の書斎で感慨深げな五木先生>



新金沢百景 五木寛之先生 
<石川県/ ご存じ・金沢の街を一望する、坂道・階段のよく似合う男五木先生>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する