FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

「郷・郷・健・健☆」松永伍一先生♪

先日の、たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、詩人の故・松永伍一さんのことが綴られておりました。なんと生前、松永先生は親交のあった健之くんのために、特別に詩を何篇か書いてくださっていたそうで、日本を代表する詩人の松永伍一さんから、そうした作品を送られた健之くんは、本当に素晴らしい歌の才能を持った青年と、先生からもしっかりと認められた存在だったのですね ファンとしても、誇らしくて感動しきりです。
昔、詩を書くのが好きな友人がいて、彼は詩作の賞である「H氏賞」というのを、ひそかに大きな目標としていたようでした。健之くんは、いつもブログを拝見しておりましても、とても文章がお上手ですから、もしかして、詩もうまいのではないかしら・・という風に思われませんか?松永先生は、或いはそんなこともご存じで、可愛い健之くんの中の天賦の歌の力、そして様々な芸術的才能を、心から愛されたのではないでしょうか?いろいろと想いを巡らせてみます。

5月の銀座・山野楽器でのショーで、健之くんが歌の合間のトークで、やはり松永先生のことを話され、それまでにも何人かの芸能人を、応援して来られた経験のある先生が、その方々のお名前の一文字ずつをとって「郷・郷・健・健」と呼んでおられたという、そんな貴重なお話を、あの時たけしくんは御披露くださいました。「郷・郷」とは、西郷輝彦さんと、郷ひろみさんの「郷」。そして、最初の「健」が田中健さんで、次が、我らが健之くんの「健」というわけだそうです。なるほど、いずれも人気・実力共に備えた、しかもイケメンが揃っての「郷郷健健」ですねえ。松永伍一さんも、今更ながら本当にお目の高い先生でした。もっともっとお元気でいらして、健之くんのことを見守っていて戴きたかった気が致します。今は天の上から、常に見ていてくださることでしょう。


そして、健之くんと同じ「健」の字のつく田中健さんと言えば、先日、いつも何かとお世話になっております知人に便乗する形で、目下‘ベーシスト’としても活躍中の、俳優の中村梅雀さん、健之くんもかつて、五木寛之先生の原作・脚本の舞台で共演されました、梅雀さんの東京でのジャズライブを聞きに行って来たのですが、そこに田中健さんが、ケーナの演奏で、ゲスト出演されておりました。フロアいっぱいのお客様達と一体になっての、梅雀さんのベースも、この日のバンドメンバーの方々の演奏も、いずれもたいそう素敵、そして田中健さんのケーナは、かねてよりかなり有名でしたが、初めて生で間近にお聴きし、これがまた真夏の夜に絶妙な「サマータイム」の珠玉の調べが、見事にしっとりと泣かせる音色でした。 御一緒させて戴いた知人のおかげと、そして何より心優しい梅雀さんのおかげで、とても楽しく特別な感じの時間を過ごすことが出来まして、知人も「オトナな夜ねえ」とニッコリでした。こうなりますと俄然、梅雀さんの応援もしたくなります 来月は東京で、1ヶ月の座長公演の舞台もありますし、テレビでは近い所で9月6日に、TBS系で「釣り刑事(デカ)」という、主演ドラマが始まりますので、よろしかったら皆様もどうぞご覧くださいね♪ 


                                   ☆ライブハウス  TOKYO

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する