FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪「そして葉桜の」

NHKのラジオ深夜便を聴いておりますと、途中で何度か「深夜便の歌」というのが流れます。
大体、3ヶ月に2曲ぐらいのペースで新作が発表され、交代(週替わり)で番組の中で曲がかけられる、というシステムのようです。同じ曲が3ヶ月の間は、かなり何度もラジオ深夜便の中で聞けるわけで、その歌々が「深夜便の歌」と名付けられているんですネ。5時間半以上の長い番組の中、‘深夜便の歌タイム’は、毎晩2回程だと思います♪ 健之くんの恩師、作家の五木寛之さんが作詞をされた「夜明けのメロディー」も、少し前の「深夜便の歌」で、今、ペギー葉山会長が元気に歌っておられる素敵な曲です。そしていま私は、新しい深夜便の歌─コーラスグループのベテラン、ボニージャックスの歌う「そして葉桜のとき」という曲が、とても好きです。まるで、健之くんの新曲『雪』をも連想させるような、そんな、一編の小説に似たストーリー性を歌の中に感じたりします。健之くんの曲もまさにそうだと思うのですが、今、このような少し寂しく哀愁に満ちた、でもやっぱり人間は、必ず何かを「待つ」、信じて待って、そしてそこに希望を携えて生きてゆくものなんだ、という思いの込められた歌が、あらためて人々に支持されているのではないかと思います。かく言う私もファンの一人として、たけしくんの歌われる『雪』が全国ヒットしますようにと、心から待ち望んでおります! 歌は世につれ世は歌につれ。どこかフォーク調の懐かしい感じのするメロディーたちが、再び時代の必須アイテムに、益々なって行くような気がしてなりません。


   
    ~「そして葉桜のとき」 から~

あの日の道で言ったさよなら 二度とは逢えぬ・・・
さよならですか さよならですか  これきりの


心を濡らす雨もやんだら 信じて生きよか 顔上げて
季節はめぐりまた来る春に あの日の道で 
優しい花に 優しい花に  逢えるかと

                                  八重桜の思い出

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する