FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

「深夜便家族」の皆様♪

27日には東京で芝居を一本観まして、遠方から観劇仲間も集い、終演後の交流会~二次会・三次会と発展して、久々にずいぶん飲んだのは、年度末の良い思い出作りとなりました 今日は帰らなくてもいいんだ~、という人も出て、私もどうしようかと思いつつ、いえ私は「ラジオ深夜便・こころの時代 五木寛之さんの『わが人生の歌語り』の最終回を、是非とも聴かないと、せっかく
5年間、ほとんど休まずこのコーナーを聴いてきた甲斐もない!!!とばかりに、それじゃまたね~と、皆さんを促すようにして家に帰って参りました。 帰り着けば、放送時刻の午前3時まであと僅かそのまま用事をしながら起きておりました。そして5時まで楽しくラジオを聞いていましたので、翌日が日曜日でゆっくりできるとは言え、これは徹夜??と自分でもびっくり。びっくりした拍子に風邪をひいたようで、人間は寝不足は一番いけませんネ!皆さまもどうかお気をつけください。 風邪の方はお陰さまで、早めに手当てをして大事には至りませんでした。

さてさてラジオ深夜便、この21日に、健之くんも出演された公開録音のオンエアです。
五木寛之さんも、もちろん今日はスタジオではなくこのホールへいらっしゃいます、いつもはコーナーの途中・途中で‘かかる’曲が、今日は歌い手さんが‘生で’歌います、と総合司会の宮川アンカーも嬉しそうです。歌い手の皆さんは、ほかに大ベテランのぺギー葉山さん、そして田川寿美さんと豪華な顔ぶれでありました。五木寛之さんが、松原君、今日はだいぶカタくなっていたんじゃないかな、僕がこうやって見てると落ち着かないよね、という感じでおっしゃっておられましたが、今宵やや緊張気味の「旅の終りに」でしたでしょうか 以前、何十回、何百回と、五木寛之さん原作・脚本の同名のお芝居の舞台で歌われたとは言え、5年前にメジャーデビューを果たされてからは、もうほとんどこの曲を、歌う機会もなくていらしたでしょうし、それに今回は、お芝居も歌も作られたその五木先生御本人が、久しぶりに同じステージ上で見ておられるわけですから、もう
ドキドキしちゃいますね。本当に難しい曲でもあると思います。 この日、肩に冷たい夜の雨・・♪など低音部のところが特に素敵でした。
 歌い終えたところで、五木寛之さんの、「ありがとう」と、健之くんに優しく掛けられた声が、ラジオから流れて来ました。

デビュー・ヒット曲です、と聞き手の須磨佳津江アンカーからもご紹介のあった「金沢望郷歌」、さすがのクリスタルボイスが冴えわたって、とてもよかったですね。どちらの曲もフルコーラスを歌われまして、ファンとしても、とっても多くの皆さまにそれを聞いて戴けたのが何より幸せです。
28日から、また新たなアクセスが、当応援ブログにも増えておりますのも、おそらくこの「ラジオ深夜便」の放送を聞かれたお客様が、我らがたけしくんのことを検索されて見えたのだと思います。きっとまた、健之くんに注目してくださるファンの方が、ぐんと増えたことでしょう。嬉しいですネ!!

 「深夜便家族」─ほんとうに、深夜から明け方にかけての放送にもかかわらず、この番組には
ヘビーリスナーの方も多くて、最近は若い方もだいぶ聴いておられるそうですヨ。五木寛之さんが、全国いたる所へお仕事で出かけられ、どこへ行っても、多くの方が深夜便のこの「わが人生の歌語り」のことを、話題にされるので、驚くと同時に、全国にこんなにたくさんの、親戚のような「深夜便家族」の方が居てくださることに、大変感動されたそうです。5年間、本当にありがとうございましたと、心を込めておっしゃっておられました。 たけしくん、またまた良い番組に御出演、そして、恩師であり、歌手・松原健之を生んでくださった生みの親(たけしくんの番組中のお話より)の、作家・五木寛之さんに、大事に見守られながらの出演で、本当に良かったですね!
今後益々のご活躍をお祈りします。


    4/21発売シングル「雪」  アルバム「旅立つ季節に」



きたろー☆
<「深夜便」のアンカーの方が、このたび何人か交代されるそうです。「こころの時代」コーナーのネーミングも「明日へのことば」に変わったとのことでした。
朝の連続テレビ小説も、29日から新しくなりましたネ~
まさにいろいろ、“旅立つ季節”

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する