FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪「雪」 &九ちゃんソング・松原健之さん

税金を払っていない首相を、重税に苦しむ庶民が支える・・ と、折しも確定申告の季節を迎えつつあったこの国の国会でも、野党が散々引き合いに出していた、その国民総出の申告手続きの期限が先週初めでした、そして区切りの月である3月も、もうあとわずかとなりました。まだまだ忙しい方もいらっしゃるでしょうし、ひとまずやっと解放される目途がつきそう、とホッとされている皆様も多いことでしょう。お互いお疲れ様です  暑さ寒さも彼岸まで、のことわざをよそに、このごろはまた寒くて、それでも黄砂は飛び、花粉も相変わらず飛び交っています。あまり体調が良いとは言えない時期ですね~。しかしそんな日々には、健之くんの4月発売のリカットシングル(現在、アルバム「旅立つ季節に」の中に収録)「雪」が、よけいに切なく心に響いて、全国津々浦々の一人でも多くの皆様に、一日も早く、健之くんの歌う胸ときめくこの曲を聞いて戴きたいと、発売日がとても楽しみです
 健之くんの「雪」が、前述のとおり初めはアルバム「旅立つ季節に」の中の収録曲であり、アルバム発売と同時に、30年の時を経て今、この「雪」をカバーされた健之くんの、あまりにも素晴らしい歌唱力と、曲の完成度の高さが大評判となって、「雪」がシングルカットの運びとなった事は、誠に素敵なことで、ごく自然の流れであると私は思います♪ ネット上のいろいろな方のブログなどから、発売の時期が春の盛りなのを、ちょっと心配する向きもいらっしゃるようですが、この事については、また後日、何か書けたらな~と思います。結論としては、こうした自然の流れの中で起こったことですので、まったく心配はないのです。それにつけても、来月21日の発売が心から待たれますね。


   ニューシングル「雪」  アルバム「旅立つ季節に」



 今よりもまだまだ寒くて、雪ならぬ氷雨の降った今月の初めのある日、たまたま、人形作家・
人形師の辻村寿三郎(旧名:ジュサブロー)さんの講演を聞く機会がありました。生い立ちから、歌舞伎や歌舞伎役者にまつわる逸話まで、いろいろとビックリ箱を開けたようなお話も飛び出しておりました。今も変わらず大変お元気で嬉しい限りです。この方も、まさに比類無き創造力を持って、この世に生まれていらしたのだ思います。
 健之くんが、アルバム「旅立つ季節に」の中で、やはりとても美しく、そして力強くカバーしていらっしゃる「見上げてごらん夜の星を」は坂本九さんの曲でしたが、その九ちゃんが名ナレーターを勤められた、かつてのNHKの人形時代劇「新・八犬伝」で、数々の斬新で美しいお人形たちの制作を担当されたのが、この辻村寿三郎さんでした。

  展示品:「奥州白石噺」より宮城野      DVD★新 八犬伝



そんなこともあり~の、で・・・
久々に花形歌舞伎を観てまいりました。東京・日比谷
劇場の持つ特性を生かした、スペクタクルいっぱいの演出も楽しめました。
大歌舞伎の歌舞伎座も、新劇場建設のための取壊しが迫り、
来月がいよいよ現劇場の、泣いても笑ってものサヨナラ公演です

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する