FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪お店の仕事は辛いけど!♪

こんばんわ
今夜のNHK「歌謡コンサート」での健之くんも、「ああ上野駅」の、“お店の仕事は辛いけど・・♪”あたりから益々、迫力とコブシ回しが大佳境に入って来て、凄かったですね~。
聞いていらしたどなたの心にも、とても良く残った事と思います。今どき、あんなに難しい節回しの歌を、あんなに綺麗に又、全くごまかしなく、音のブレもなく歌える歌い手さんは、いったい日本に何人おられるでしょう? たけしくん、ステキでした
 2番の出だしの、“就職列車に 揺られて着いた♪”の歌詞は聞き覚えがあったのですが、“配達帰りの自転車を・・”の所はあまり馴染みが無かったので、ここまで聞いて来て、これは3番ではなく2番だわ・・ということに気付き、ということは、今夜はたっぷり3番まで聞けるのね!というわけで、ファンもとっても嬉しかったですね。

 昔、この歌を聞いた時、「お店の仕事が辛いって、、どんな仕事なんだろう、可哀想だなあ」って思ったことを思い出します。それで、子供にとっては、ちょっと近寄りにくい曲だったという記憶が私の中にはありました。でも、今夜の健之くんの歌声には、そういった悲壮感的なものはなくて、かえって何度も聞いたら強くなれそう、という底力・明るさがありました!安心して?ビデオで何度でも見て、聞いて、楽しみたいと思います

「歌謡コンサート」のホームページに、この「ああ上野駅」は、団塊の世代の心の応援歌・・とありますネ。私の世代は、いわゆる団塊の世代とは少し年齢も離れており、また都会っ子のため就職列車というものにも縁は無かったのですが、それにしても、井沢八郎さんの美声には、当時ずいぶん強烈な印象を持ったものです。NHKさんも、今宵この歌を歌うのは、たけしくんの“クリスタルボイス”を置いて他にはいない、ということでの人選だったに違いありません。ファンとして嬉しい限りです。会場の声援も、とても大きくテレビから聞こえて来ました。良かったですネ~

 健之くんは、これから持ち歌として演歌を歌われることは、たぶん少なくなるのではないかと、私は感じます。歌は世につれ世は歌につれ・・とすれば、時代のニーズは今、いわゆるド演歌とは違う方向へ向かっているのだと思われます。たけしくんの来月発売のリカット・シングル「雪」も、まさに演歌ではない作品です♪ この曲が、まず北国・北海道からメラメラと火がついて、STVラジオのリクエストランキングでも、2週連続のトップです!
 これはやはり、とても嬉しい出来事です。

 一方で、私が一番最初にたけしくんの歌声と出会い、一瞬にして、言葉にならないくらいの大きな感動を覚えたのが、艶歌・歌謡曲の「旅の終りに」だったこともまた、紛れもない事実です。 
健之くんの歌う、この哀愁に満ちた歌謡曲のCDを、折にふれて聞きたくなるのも、ですからまた、まったく不思議なことではありません。
 たけしくんの歌声は、本当に本当に世にも素晴らしいですね。




Ethan Hawke&Uma Thurman in「Gattaca」
<井沢八郎さんのお嬢さんの工藤夕貴さんは、何年か前にハリウッド映画に進出されて大きな話題を呼びました。夕貴さんの映画は「ヒマラヤ杉に降る雪」というタイトル。 残念ながら観てはいないのですが、私の好きな俳優さんのイーサン・ホークと共演されたんです♪ こちらの写真は、彼がその2年ほど前に、女優のユマ・サーマンと「ガタカ」で共演した時のものです。この二人は その後結婚をしましたが、今ではそれぞれ別の人生を歩んでいるようです。
健之くんの歌を聞いた機会に、夕貴さんの「ヒマラヤ杉に降る雪」のDVDも借りて来ようかな!>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する