FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

京都・南座

先日、健之くんが出演された、高知・中村の「一條大祭 歌謡フェスティバル」ですが、ネットで調べてみますと、一條大祭は一條神社というお社の祭りで、室町~戦国時代に、京の公家の名家・一條家から土佐に移り、定着して行った方々を代々お祀りしているのが、一條神社なのだそうです。当時、この土佐一條家の威光により、ご当地は大そう栄えたともありました。
 一條家と聞きまして思い起こすのが、歌舞伎の「一條(条)大蔵卿」というお芝居なのですが、たぶん歌舞伎のほうは、摂政・関白、太政大臣まで輩出する名家で、五摂家の一角である、一條家を題材にしているというだけで、大蔵卿という方が実際におられたとか、まして土佐にいらしたというわけではないのかも知れません。でもこれがとても面白いお芝居ですので、御存知の方も多いかと思います。わたしも、勘九郎時代の勘三郎さんや、吉右衛門さんの大蔵卿で、何度か歌舞伎座で拝見しました。菊五郎さんがなさったのも、見たかも知れません。そうしたこともあり、今回、健之くんの「歌謡フェスティバル」御出演を通じて、一條大祭のことを知りまして、芝居や歌舞伎座のことを想起した次第ですニコハート
 長きにわたって、ずい分いろいろと楽しませて貰ったその歌舞伎座も、来年4月を最後に現在の姿とはお別れで、その後は長期の改築工事に入ります。「歌舞伎座さよなら公演」も、あと少しを残すのみとなりました。友人が、不景気だから良い席ならポツポツ空いてるよ、と教えてくれましたが、、、歌舞伎座から迎えにでも来てくれれば行くのかなぁ(笑)。

 先日のテレビのニュースで、京都・南座に、恒例の「まねき」が上がった光景をみました。筆頭は、先日、文化勲章を受けられた坂田藤十郎さんのまねきでした。演目は何でしょうねえ。
いくら丈夫でないとは言っても汗お陰さまで、私もまだなんとか身体は動きます。来月の顔見世興業へはちょっと行けないのですが、1月にでも、観光を兼ねて出来れば初芝居を観に、南座へ行ってみたいなと、あくまで希望ですが思わないでもありません。しかし時期的に、ちょうど大学センター試験の最中に当たるため、京都方面も、早目に手を打たないと、容易にはホテルが取れないと聞きました。世の中、なかなか上手くは行きませんね~~絵文字名を入力してください


                          カフェ「エリカ」
<健之くんの、来年発売のアルバムには、夏の初めの歌謡コンサートでも、とっても素敵だった「エリカの花散るとき」は、果して入るでしょうか??うさこ love アルバムにどのような曲目が連なるのか、非常にワクワク楽しみなところですね! こちらの喫茶店の名前もエリカですが、“絵李花”と書くようです。演出家の宮本亜門さんのご実家としても有名、新橋演舞場の向いにあります♪>             

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する