FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪なもしと菜飯は違うぞなもし?

たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、先日、お仕事で高知県へ遠征された折の様子が載っています。たくさんのお客様に迎えて戴き、本当に良かったですね。「ことーたでしょ」=「疲れたでしょ!」と、ねぎらって戴いたそうです。ちょっと考えますと、「体にコタえた」などのコタえた、が、ことうた、になって、ことーたでしょ、疲れたでしょう?になるのかしら、どうでしょうね??本当に、なんとも可愛らしい表現です。
 四国の言葉では、愛媛の「・・ぞなもし」も有名で、これはご存じ、夏目漱石の「坊ちゃん」に出て来て以来、いっぺんに知られるようになったのではないか、とも思います。 坊ちゃんの‘なもし’事件の、私のおおざっぱな記憶では、無鉄砲な、チャキチャキの江戸っ子新任教師の“坊ちゃん”が、赴任先の愛媛・松山の中学校の生徒達に、ことあるごとにいろいろとイビられるので、頭に来て生徒に怒ると、今度は「・・そうではないぞなもし、先生」という具合に、のんび~りとかわされてしまいます。又々キレた坊ちゃんがついに、「うるさい!菜飯(なめし)は祭りの時に食うもんだ!」とばかり怒鳴りますと、「なめしじゃないぞな、なもしだなもし」などと、更にやんわりと応酬して来て、まったくもって掴みどころのない、ちょっとブラックな中学生たち~♪ という感じではなかったかと思います汗 菜飯は、混ぜご飯のようなものでしょうか。これも江戸独特の言葉です。方言は楽しいですネ。 
 たけしくんが出演された、高知の「一條大祭」で思い出したことは、また次に書きます~。表情1

  
  名物
<菜飯ならぬ「深川めし」も、やはり東京下町の名物。過日、深川江戸資料館のそばのお店にて絵文字名を入力してください美味しかったです♪>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する