FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

お誕生日おめでとうございます!(^-^)

2009.10.1   

ハッピーバースディ!
1日早うはございますが、今日はちょうど、健之くんの恩師
作家の五木寛之さんのバースデーでもありますし、
お許しを戴いて・・健之くんお誕生日おめでとうございます!
これまでにも増して、ご健康で明るい一年となられることと思います。
いつも元気で、歌の道を歩み続けてくださいますよう
声援を送っております!!



六波羅王子に想いがあって・・
 
 さて、その健之くんの先生の五木寛之さんは、1年間にわたる、久々の新聞連載小説「親鸞」が、8月末で完結されたということで、今度は、いつこれが単行本として出版されるのかを、今とっても楽しみにしているところです。今回、小説「親鸞」の載った新聞の発行部数は、全国27都市を合わせて約1300万部にのぼったのだそうで、新聞1部につき1~2人の読者がいるとして、1日ざっと2000万人もの人が読んだといわれる、なんと明治以来初めてという、大がかりな連載だったということなのです。先月放送の有ったラジオ番組の中でも、五木寛之さんは、執筆中、プレッシャーで「緊張して眠れない・・」こともあるとまでおっしゃっておられました。あの五木先生でも、
そんな風な状態になられるのですネ。大変な事です。
 こちらの地域では東京新聞で読めたのですが、新聞をとっていない我が家は、毎日キヨスクで東京新聞を買ったり買わなかったり・・・ねこあせで、いずれにしましても、五木寛之さんの作品は、後日、立派なご本になって出版されるでしょうから、それからまた改めてじっくり拝読しましょう!という言い訳をしておりました。ですから本当に、発売が楽しみなのです。いつ頃になるのでしょうか?
 作品の登場人物中の、悪の化身のような、美しき「六波羅(ろっぱら)王子」の密かなファンだった私は、彼の運命がその後どうなったのか、、いつも気になっておりました。目をそむけたくなるような、邪悪な存在の六波羅王子ですが、彼が育ってゆく過程で、そうならざるを得なかったのかも知れない哀しさが、親鸞聖人の、いささか破天荒ではあっても、一途で気高い精神と対比させるように、五木寛之さん持ち前の、あの素晴らしい筆致で生き生きと描かれておりました。本当に、早く「親鸞」全編読みたい思いでいっぱいです。私のような怠け者ではなくて、おそらくもう、新聞紙上で全部を読んでしまわれた方も、たくさんいらっしゃることでしょう!そして、そういう方でもやはり、この作品の単行本化を、おそらく同じように心待ちにされているのだと思います♪五木寛之さんの熱心なファンの方は、とにかく世の中に膨大にいらっしゃいますので。今日は、五木先生の77歳のお誕生日です。誠におめでとうございます。
 こんな素敵な五木寛之さんと巡り会われ、健之くんは、幸せな人生を歩んでおられると思います。これもやはり健之くんが、たぐい稀(まれ)なる天賦の歌の才能を授かり、天使のようにこの世に舞い降りて来た存在であるがゆえの、神様の書かれた筋書きなのではないかな、と思います。健之くんが、こうした御縁を心の内に大切になさって、しかし、それらの事に、決して束縛やしがらみを感じられる必要はないとも思われます。すべてを自然に受けとめられて、今後の更なる飛躍のいしずえとされるであろう事を、私も信じています。


                                           <いよっ 横綱!!>
                              相撲煎餅                     
         先日、横綱 ・朝青龍の見事な優勝で、めでたく千穐楽を迎えた大相撲九月場所。
         健之くんも、歌謡界の「横綱」めざして、ますます頑張ってくださいね~顔♪♪♪

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する