FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

18日は逆転サヨナラHRのイチロー選手♪

公式スケジュールや、健之くんの『気ままに気まぐれ日記』によりますと、健之くんは、19日は前橋で新曲「マリモの湖」のキャンペーンでした。応援には駆けつけられず残念でしたが、群馬県はテレビのニュースで、18日からの「伊香保まつり」の様子なども映し出されておりました。いろいろな行事がひしめく大型連休ということで、健之くんのステージにも、きっとたくさんのお客様が集まってくださったことと思います。 このところ、関西方面へのキャンペーンですとか、またこの日のような北関東、そして健之くんの懐かしい故郷のある東海地方と、今まで仕事で、あまり頻繁には行かれなかった所へも、どんどん行く予定が組まれておりまして、健之くんこの調子で、日本中津々浦々を訪ねて、魅惑の歌声を響かせ、新しいファンの方々をいっぱい獲得して来てくださいと願っていますうさ(のぼせ)

 18日の夜偶然、テレビのリモコンを操作していて、チャンネルが止まったところがフジテレビで、そこでなんと、今から、ドラマ「古畑任三郎 ファイナル~フェアな殺人者」を再放送するところではありませんか!ウチは新聞をとっていなくて、テレビ番組表を毎日紙面で確認するという作業が出来ず、連続ドラマなどは、何曜日に何をやるのかが分らなくて、大抵見逃しておりますのに汗今回はまったくラッキーでした。というのも、このドラマは本放送当時、あの大リーグ・マリナーズのイチロー選手が、びっくりするような「名演技」でゲスト出演をして、たいへん面白かったと大評判でした。ですから、見逃した私はたいそう残念な思いをしたのです。このたび御存じの通り、そのイチローさんが、前人未到の、「大リーグ9年連続200本安打」記録を達成したお祝いの、この夜の緊急再放送ということになったらしいです。私もやっと見ることが出来て、大変トクした気分になりました~。イチローさんも、大記録達成おめでとうございます!そして演技者としても、持ち前の抜群の運動神経が、「役者」としての動きにも反映して、なかなかに綺麗な「被写体」となっていて、クールなのに可愛くて、本当にかなりイイ線を行っていて嬉しくなりました☆

 このドラマの本放送があったのは、2006年1月4日の夜にさかのぼります♪ 私は仕事の新年挨拶で朝から出かけておりました。なぜこの日のことを、こんなによく覚えているのかと申しますと、それは当日の午後から、テレビ東京で、健之くんの出演された「歌謡祭」の放送があったからで、これはもうしっかりと忘れずに、録画予約をして出掛けました。そしてこの時の健之くんの歌が、あの「津軽のふるさと」だったわけで、ひばりさんの難しい曲を、本当に、ものの見事に歌い上げられました。前年2005年10月初旬の、中野サンプラザでの日本歌手協会公演時の収録ですが、その折、私も会場で観覧してはおりましたものの、録画も絶対にし損ねないようにと、細心の注意をはらったものです。番組収録時、健之くんは、まだデビューから、ほんの2週間余りを過ぎたばかりの所でしたが、それにも似合わぬ圧倒的な歌唱力に、サンプラザの会場全体が水を打ったようにシーンと静まりかえり、歌い終えた後には、今度は全体が割れんばかりの拍手に包まれまして、超満員の観客を完全に魅了した夢のようなひと時でした。皆様の中にも、サンプラザの会場で、お聴きになった方もおられる事と思います。出演者がとても多数でしたので、テレビでのお一人お一人の放送は、殆どワンコーラスずつとなりましたが、あの会場で実際に聴いた健之くんの歌声は、今も私の耳に残り、おそらく死ぬまで消えることはないでしょう。
 この時の歌唱で、健之くんは、2005年度・歌手協会奨励賞を射止められたのだと記憶しております。あの頃よく健之くんの生の歌を聴きに行き、本当に楽しくて、あまり身体が丈夫でない私も、健之くんの素敵な歌声に触れるたびに、元気になっていくような気がしました。 月日はたくさん経ちましたが、健之くんの素晴らしい歌声を応援する気持ちには、今もまったく変わりはありません♪ ちょいと世の中に元気のないこの時代、出来れば又みんなで、健之くんの素敵な歌を聴きに行きたいですね~。


CD
<ドラマ「古畑任三郎」は、テーマ曲などを作曲の、
本間勇輔さんのオーケストレーションも大好きでした。>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する