FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

太陽と月に背いて♪ 『天地人』

22日の健之くんの『気ままに気まぐれ日記』に、来たる8月4日のNHK「歌謡コンサート」に、 
なんと今年5度目の御出演が決まったという、ファンにとりましても何より嬉しいニュースが載りました!! これで、デビュー以来、健之くんは今回がちょうど10回目の歌謡コンサート出演になられると思います。本当に、とても輝かしい実績ではないでしょうか。 2005年9月21日のデビューから
4年と10か月あまり。ほんとにおめでとうございます。良かったですね! これからも是非、この調子でマイペースで頑張ってください。日々着々と前進する、本当の本物・ハート 若手実力派歌手の健之くんの美しい歌声が、連日テレビやラジオから、日本全国に響き渡る日も、もうすぐそこと、
友人知人、みんなで益々応援しております。
 そして明日には、ラジオ日本の健之くんのパーソナリティーの番組「えんか侍・木曜日」で、8月19日発売の、健之くんの新曲「マリモの湖」が、初めて全編オンエアされるということで、こちらも大いなる楽しみです。私も、試聴出来るサイトにて聴けた部分はもう、完璧に歌えます♪♪
2~3度聴けば、すぐに覚えられますね!ついつい、口をついて出て来ますので、年がら年中歌っております。これはヒットすること間違いなしです。どうぞ皆様、ぜひ御試聴されまして、CDショップで早目に予約をして安心致しましょうリボンねこ。ラジオ日本の感想は、また後日あらためて、ゆっくり書けたらと思います。

 同じ日記で、健之くんは、22日の皆既日食のことにも触れられていました。天文学は、何故か高校では「地学」と言う名で私達は習ったのですが、太陽・月・地球が一直線に並んで・・・はて、どんな時が日食で、どっちが月食だったか、高校と言わず、小学校や中学でも勉強したはずなのに、私などもはやよく分からなくなっております汗。 でも、最近のテレビなどの解説によりますと、太陽の通る‘黄道’と、月の通る‘白道’とが交わるところで、月が新月となった時に日食は起こるそうで、ちなみに月食は満月の時に起こるんだそうです。なおかつ、日本が皆既日食帯に入ることがとても少ないので、このたびは大きな話題になっているのだと思われます。でも、世界では3年に2回ぐらいは、皆既日食は有るには有るのだそうで、たいていは海上など、人の居ないところで起こるので、そういう折にはあまり、人口には膾炙しないようです。
 日本での前回の皆既日食は1963年、次回は26年後の2035年ということですが、私はむしろ、月や太陽が話題になると、こうした実際の天文学の話しよりも、昔、可愛かったレオナルド・ディカプリオが、詩人ランボーを演じた、映画「太陽と月に背いて」の方を思い出したりします。いずれにしろ、今回この皆既日食の観測を楽しみに、遠く離島などまで出かけられた方々が、首尾よく、
日食を見ることが出来たら良かったナと思っております。

 さて日食を見るにも、肝心のお天気が、東京も雨が降ったり止んだりだし・・と思いながら、お昼休みにテレビをつけましたら、ちょうどNHKの「スタジオパークからこんにちは」が始まったたところで、今日のゲストは俳優の北村一輝さんでした。大河ドラマ「天地人」での上杉景勝役とは、
当然ながらまったく違った、いでたちと表情で画面にご登場で、しばらく楽しく見ておりました。
健之くんのように、シックなグレーのスーツ姿で、健之くんのようにさわやかな二枚目ですが、なんと健之くんより10歳も‘お兄さん’の、1969年生まれ、今年40歳になられたそうです。何もかも心得た感じの、それでいて稚気も失わない、自然体の役者さんとお見受けしました。実は、大河ドラマは、昨年の「篤姫」があまりに素晴らし過ぎたのか、今回の「天地人」は、早々に見るのを“挫折”してしまった~と、先日も友達と話したばかりで、景勝役のこの俳優さんのことも、今まで殆ど知らなかったのですが、蜷川幸雄さんのお芝居にも出演されたことがあるそうで、役どころも広いというので、いつかまた舞台があったら観てみたいな、と思いました。お話しする声は、ちょっと「郷ひろみ」さんに似ていました!女の子

北村一輝 俳優
<NHKテレビの画面から、北村一輝さん>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歌謡ジェネレーション

歌謡ジェネレーションの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「歌謡ジェネレーション」へ!

歌謡ジェネレーション 2009年07月23日(Thu) 16:30