FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪ながれながれの 越後獅子

23日のNHK「歌謡コンサート」では、今月で没後20年を迎える、“美空ひばりさんを歌い継ぐ” というコンセプトのもと、平成の美声・美形の“若手実力派”歌手heartカラオケ マイク健之くんが、女王・ひばりさんの生きられた昭和の世から時を経まして、新たな時代の『越後獅子の唄』、とも言える、実に
清涼な歌声を、細めの粋なネクタイ姿も凛々しく披露されました。健之くんも、また日本の歌謡界全体としても、ある新境地というものの手ごたえを感じられたのではないかな、と思います。
何しろ、昨年9月の「歌謡コンサート」での、あの『初恋』と、そしてこの日の『越後獅子の唄』、タイプの全く違う両者を、極上の歌唱力であっさりと歌いこなしてしまうという歌い手さんは、今の日本にはそうはいないと思います。声良し・顔良し・姿良し!健之くんのように、こう見事に揃ってこその、初めて本当の歌手・芸能人ですね♪ だからこそ、ファンとして幸せで幸せで、もうずっと前から健之くんだけを応援して来たので、それは本当に良かったです。 そして今日の『越後獅子の唄』は、昭和12年生まれのひばりさんが13歳の折の曲ですので、そうしたせいもあってか、健之くんの歌も、今日はことのほか可愛らしい感じが致しました。  舞台「旅の終りに」の主題歌 “♪流れ流れて さすらう旅は・・” の、「旅の終りに」という曲の冒頭の、たった一声でたけしくんの大ファンになってしまった私ですが、この日の「越後獅子の唄」の中にも、“♪ながれながれの 越後獅子♪という一節がありまして、なんだか嬉しかったです。おんぷ 


                              ひまわり

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する