FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

マイク持つ手も軽やかに♪

 先日、少しパソコントラブルがありまして、ある期間まったくインターネットも出来なかったのですが、そこで気づいたのが、私も軽いネット‘依存症’だったのではなかったかということでした。
 何か専門的な調べ物をする際にすら、最近では、実際に事典や辞書に当ったり、図書館や書店にもあまり行くことをせずに、オンラインの百科事典である「Wikipedia」をはじめ、様々なネット上の情報収集のみで、手っとり早く済ませてしまう事が大半でした。これだけでは、分かったようでもやはり、結果に多少不安が残ることは承知でしたが、ついつい便利さに負けて、インターネットに頼ることが多かったです。WordやExcelを使用するのは、これは仕方のない事ですが、細かい調べ物までをパソコンですると、目の疲れも尋常ではなくなってしまいます。パソコンのトラブルが有って、やっと改めてそうしたことに思い至った次第です。
 仕事の合間に図書館へ出かけたり、新聞を買って喫茶店でカサコソ広げてみたり、ラジオを聴きながら、たまっていた本に目を通したりと、アナログな日々に慣れてしまうと、その事の方にも楽しいことが多いのに気づかされます。時間も、さらに有効に使えた気分がするのです。いざとなれば、自宅に無ければ無いで、さほど困らないのもインターネット、遊びではバーチャルな面を楽しみ、うまく利用して便利に実用に生かし、時に世界との大きな繋がりまでを実感出来るのもまたインターネット。要は生活の中に、それを取り込むバランスの問題なのでしょう。 
 健之くんの応援にしましても、ネットでするのが決して全てではありません。ネットというのは手段のごく一部で、ほかにも応援の仕方はいくらもあると思うのですね。今日、健之くんがテレビで歌うから是非見てね、と電話で知り合いに連絡をしたり、実際に人に会う用事の有った時には、ちょっとその方面のお話しもしてみたりハート2つ 健之くんの記事の載った雑誌や新聞のコピーを友達に手渡したり、イベントなどで健之くんを写した写真を差し上げたり。気持ちと懐に余裕のある時はアハッショップで健之くんのCDを買って、それを訪問先への手土産にしたりすることなども、ひとつの応援かと思います。ファンの皆さんは、ずっとなさっているのかも知れませんが、私もあらためてその意を強くしました。そういえば先ほど私の元に、健之くんの歌を、先日のテレビで見てくれた知人の一人から葉書が届きました。歌にも笑顔にもとても感動だったと、ギッシリとしたためて下さっております。人とのアナログの交流というのもまた、本当に嬉しいものです音符 

 さてそれにしましても、インターネットの他に、こちらも文明の利器であるビデオというのも、実
にいいものですね~。今月、健之くんが立て続けにテレビ出演をされた、「BS日本のうた」と「歌謡コンサート」のビデオを、度々見ております。皆様も既にお気づきと思いますが、BS日本のうたの「函館山から」では、健之くんは珍しく?マイクを左手に持って歌い始めます。これは意外性があって、ちょっとびっくり致しました。途中でそれを右手に持ち替え、更に最後にはまた左手にマイクを持って、歌い終えられたと思います。ずっと以前、まだデビューの前のステージ写真で、健之くんが、左手にマイクを持って写る“貴重”なものが私の手元にもありますが、大体はいつも、右手にマイクをもって歌われる健之くんではないでしょうか。歌謡コンサートの「エリカの花散るとき」でも、マイクはずっと右手でした。ご本人は、意識されているのかどうかは分りませんが、何かその時々で、歌への気持ちの込め方がおありなのでしょうかさくらんぼ
「函館山から」はワルツで、健之くんも、とても素敵です。ワルツは歌謡曲では少し珍しいのかも知れず、ヒットすることも多いようですネ。知床旅情とか、アメリカ橋とか、ね。


                      005.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する