FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪雲が流れる 北国の町へ・・・

16日・たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、五木寛之さんのご本の紹介が載りました。臨済宗の僧侶の方と五木先生との対談ということで、どんなお話が展開されているのか、本当にたけしくんが言っておられる通り興味深いですネ。対談というと、前の『気まぐれ日記』の中でも、五木寛之さんと考古学者の大塚初重さんとの対談になる「弱き者の生き方」という本を、たけしくんが教えてくださったことがありました。たけしくんは常に、恩師である五木先生の“言葉”を、その作品の中からも一生懸命に聞こうとされている姿が、とても素晴らしく思います。
 さてその前日のたけしくんの日記には、今の日本海の「空」の写真を、載せてくださっておりました。そこで“北国の空”がテーマの曲・・と言いますと昔、良い歌謡曲がたくさんありました。私の年代ですと、先ず思い浮かぶのはやはり、ジャッキー吉川とブルーコメッツの「♪雲が流れる 北国の町へ あなたが生まれた心の国へ・・」という「北国の二人」なのですが、本当は奥村チヨさんの「北国の青い空」という歌が、もっと好きでした。「風にまかれた私の髪に 野ばらの甘い香りが切ない・・♪」という出だしで、作曲は「京都の恋」「京都慕情」などのあのザ・ベンチャーズです。たけしくんのファンになる前、といってもかなり前ですが、何故かわたしは女性歌手のほうに好きな人が多くて、綺麗なひとが綺麗なドレスを着てオシャレな歌を歌うのを見るのが大好きでした。聖子ちゃん・明菜ちゃんもとっても好きでした~。 もう古い曲になってしまった、チヨちゃんのこのバラード調の一曲も、切なくて、現実ばなれのした美しい歌詞で、でもドラマチックに広がってゆく感じの派手なメロディーとあいまって、とても魅力的な歌だったと思います。

 今日未明、アメリカ中央銀行の最高決定機関・FRBが開催されて、ついに日米の政策金利が逆転致しました。今週末の日銀の金融政策決定会合で、日本の金利も再検討されることでしょう。まあ、これからの世がどうなりますか、私などは特にもう、奥村チヨさんの御夫君・あの浜圭介さんの名曲ではないですが、♪じっと~ 耐えるの~が~ つとめ….と信じるしか無いようです絵文字名を入力してください  しかしこんな時代だからこそ、たけしくんのような素晴らしいアーティストを、ずっと応援させて戴けております事が、何よりファンの、諸々の元気の『源』・心の支えなのだとつくづく嬉しく感じております8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-04:CandyPink(色付-暗い背景用)
           
       200812161444.jpg
<‘まっさかさまに おちてdesire~!!’ かと思いましたが、大丈夫でした。
遊んでいるだけでした~にっこり> 
                                       200812161442.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する