FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

‘煙草は動くアクセサリー’とも言われましたが

先日、たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、「ぼくのおばあちゃん」という映画を観られた由の記事が載りました。私も是非、機会を見つけて観てみたいと思います。たけしくんはおばあちゃん子ということで、きっとそのせいもあって、気が優しくて、今もふとした日常に、何気なく自然に手を合わせることが出来るという、穏やかな人に育たれたのではないかな、良かったな、と思います。
私は特におじいちゃんとかおばあちゃん子ということはなかったのですが、母の生まれた所がすぐ近くなので、小さい頃はよく親に連れられて、その母方の祖父母の家へ遊びに行っておりました。おばあちゃんはなかなか気の強いひとでしたが、おじいちゃんは一見カタブツ・しかし、小さい子から大人まで、女性にはすべて優しい手をつなぐという人でした。今になって考えてみますとやはり、明治に生まれ、大正~昭和の激動の時代を経験することを余儀なくされた、あの祖父母の生き方や性格というものは、その後の私の人生にも大きな影響を与えたと思います。長じてからはあまり素直な孫ではなくて申し訳なかったと、しみじみ思うこともあります。
 そんな、過去に日本のために多大な貢献をして来られた老人の方々の、「年金・医療・介護」に係る社会保障制度の財源を見直す、2009年度税制改正の論議が政府税調で行われていたようですが、今回、財源として「たばこ税」の増税を、改正の大綱に盛り込むことが見送られたとのことです。年間20兆円を超える予算が必要とされる社会保障費を削減しないためには、景気後退のこの先ますます、どのようにこれをまかなって行くのでしょうか?現在、たばこ1本あたりの税金は9円という計算だそうです。私は以前たばこを吸っていたこともあるのですが、ある日スッパリと止めてしまい、そういう人間は、まったく吸ったことのない人よりも、喫煙者に対しては、受動喫煙の件なども含め、いたって厳しいのだそうです!なるほど私も、いっそたばこ1箱3,000円ぐらいにして、それでも吸いたい人からは、バンバン徴税してあげればいいのに~!と、いつも思っておりますヨヒヒヒ


                           ショーウィンドウの子供服

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する