FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

冬の雨。

最近、気がつくとよく口ずさんでいるのが、『冬のひまわり』と、『初恋』と、やはり『汽車は八時に出る』ですね~。勿論、とてもとてもたけしくんのように上手に歌えるわけもないのですが、出来る限りその雰囲気を真似しながら、バックの伴奏の音を頭の中で再生して、いつでもどこでも好きな時に歌っております。ことに『冬のひまわり』は、季節的にも又ぴったりになって来た感があります。先日のたけしくんの『気ままに気まぐれ日記』にも、ふるさと・袋井の、綺麗な秋のひまわり畑の写真が載っておりましたが、過日ティアラこうとうの、たけしくんのコンサートでは、オープニングがこの曲でした。舞台袖から、イントロに乗っての登場の時、しっとりとした落ち着きの中にも、何とも言えぬ華やかさのあったたけしくんの姿が、とても印象的でした。
 あまり詳しくはないのですが、ドイツリートやイタリア・カンツォーネ、ポルトガルのファドや、フランス・シャンソンなども、あるいはバンジョーを弾いて歌うアメリカ民謡や、ウエスタンなども、一部「歌曲」と呼ばれるジャンルのものもあるとは言え、日本でいうなら皆“歌謡曲”のようなものではないかと思うのです。たけしくんは、本当に何を歌ってもそれは素晴らしい歌唱力を発揮されるので、もう日本の演歌だけにとどまらず、時にはこの『汽車は八時に出る』のような世界の名曲をまた紹介して歌ってくださると、その歌声を聞くだけで、今の時代を生きる人々は、ずい分と、こころ癒されるのではないかなと思います。
 『冬のひまわり』は、再来月、アメリカで次期大統領の就任式が行われる頃には、発売からもう一年が経つのですね。不思議な事に私にとって、たけしくんのこのCDを聴いていて、以前よりもずっと胸に響いて来るものがあるのですが、良い歌とはこのように、季節や時代背景、また聴く人のその時・それぞれの思いに寄り添って、彩りを変えつつ何度でも楽しませてくれるものなのだなと、つくづく思います。 今日は、西日本をはじめ本州は雨、北海道は雪の予報で、気温も昨日までと比べて、11月下旬から12月初め並みと、かなり低くなるようです。たけしくんも皆さまも、どうぞお風邪など召しませんように!きらきらはれあめ絵文字名を入力してください
                                     200810271232.jpg
                              <「ティアラこうとう」の敷地内にいた猫です>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する