FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪消えた流氷 飛ぶかもめ 

テレビ「歌謡コンサート」で初めて、ステージで歌うたけしくんと、伴奏のザ・ニューブリードを指揮する、元・ブルーコメッツの三原綱木さんとが同じ画面に映った時には、私は言いようのない感動を覚えました、ということを、以前このブログにも書いたことがありました。“同じ舞台に、時代を超えて好きなアーディストが揃ったところを見るのは、音楽好きの冥利に尽きるところ”というように、そのとき表現したのですが、昨夜のラジオ日本「えんかe-ジャン!」で、たけしくんが、新沼謙治さんと一緒に出演されたのを聴いていたら、やはり、気持ちがしみじみ~としました。新沼さんが「おもいで岬」でデビューした頃、まだ元気だった母方の祖母が、新沼さんの結構なファンで、と言うのも、私のイトコ、つまりおばあちゃんにとって、私と同じく孫に当たる、当時まだ小学生の男の子が、彼女いわく、新沼さんとよく似ているというのです。私もまだ学生でしたが、イトコがそうそう「新沼謙治に似ている」とは思わなかったのですがi-mode絵文字風・汗たしかにちょっとハニカミ屋で可愛らしい感じの子ではあったので、きっとおばあちゃんの欲目もあったのでしょう。私はというと、何故かこの「おもいで岬」が、最初に耳にした時から好きでして、今でも時々口ずさみます。歌のシチュエーションとしては、あの「知床旅情」に似た雰囲気なのですが、こちらの詞はより物語的で且つ清々しく、曲も高低の起伏が多くて、それでお気に入りだったのだと思います。そんな、ある意味で私の“思い出の”新沼謙治さんとたけしくんが、今や、歌手として華やかに同じステージに立っておられます♪しかも昨夜は、新沼さんがたけしくんに、「フレッシュ松原くん」と言葉をかけてくださったのを聞いていますと実に感慨深くて、遠い昔のおばあちゃんの笑顔も久しぶりに思い出しました。過去は連綿と現在へと繋がり、そしてたけしくんは、もう立派に芸能人となられたんだなぁと、こういう時にも嬉しく実感いたします。たけしくんのこの夜の『愛のうた』も、とても♪豊かに、優しく心の中に溶け込んで来ました。


「モーリス・バレルの言った『デラシネ』―根なし草―というよりも、実は
  根こそぎ他へ移り住むことを余儀なくされた、‘ディアポラスの民’という意味でのデラシネ・・」
200802211451.jpg

今日は、人生の恩師・五木寛之先生のお誕生日であると、たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』にも載っております。おめでとうございます。プレゼント
 先日のNHKの朝の生番組に出演された折にも、今は世界を見てもデラシネの時代であると語られ、また、自らもデラシネをもって任じられる五木寛之さんが、折々の旅の途中で羽を休める場所として選んだ土地が、港町・横浜、というのは素敵です。‘住みやすくて’もう40年も住んでおられるそうです。たけしくんも、かつて少しのあいだ住まれたことがあると、以前ステージでも話され、雑誌の連載でも綴っておられたことがありました。
横浜の港にあるこの赤レンガ倉庫の辺りには、時々散歩に出かけます。今日は雨ですが、この日は良いお天気でした。

台風15号の動向には、九州やその付近の方は特にご注意くださいませ。昨夜のニュースでは、台風は台湾に上陸していて、道行く人が次々と、強い風雨に煽られて転倒する様子が映し出され、自然の猛威を目の当たりにする思い、又、現地時間29日の米下院議会で、金融安定化法案が否決された為、本日の世界の金融市場は早速、容易ならざる影響を受けています。いろいろな意味で、今日という日は後世に名を残す日となりそうですが、私たちは、良い歌など聴いてなんとかひとつ、これからも頑張りたいものですあげあげ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する