FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

あんぱんまん

先日、たけしくんが、詩人で作家の松永伍一先生のお住まいになっていた、上石神井のご自宅を訪ねられたという日記がありました。たけしくんのことを、「美声の天使」と名付けられたと言われる、故・松永伍一先生の、様々な思い出に満ちたお家の一室で、たけしくんの、しばしもの思いに耽るかのような静かな表情の感じられる、素敵な日記でした。もし電車を利用するとしますと、西武新宿線になるかと思うのですが、たけしくんがその上石神井を訪ねられた何日か後に、偶然私も旧い友人達に誘われ、新宿線に乗って、数人での小さなホームパーティーの開かれるお宅へ、夕刻から顔を出させて貰って来ました。住まいが地域的に近い友人達は、折に触れて集まれるようなのですが、わりに遠くに住んでいる私がみんなと会うのは、ずいぶん久しぶりです。
でも、気の置けない友人というのは、久しぶりでも、つい昨日会ったかのように、堅苦しい挨拶も抜きで、すぐに打ち解けられるのは嬉しいものです。
いろんな美味しいものを買ったり作ったりしてみんなで持ち寄るのも、楽しいですネ。勤め帰りにはるばる、会社の近所で評判の「おでん」を大量にぶら下げて来てくれた人もいて、飲んだり食べたりお話をしたりと、夜遅くまでワイワイ楽しかったです。そして皆さん、2日夜の「歌謡コンサート」をちゃんと見てくださっていて、ひとしきり、たけしくんの話でも盛り上がりました。「初恋、実に良かったわ~。綺麗な声だし、上手いのねえ」などと沢山言って戴くと、なんだか自分が褒められるよりも、ずっと嬉しい気持ちです。もちろん『愛のうた』のCDも持っておりましたので取り出しますと、「かけてみましょうようるうる」と、一人がそばにあったラジカセにスイと手を伸ばして、それまで流れていたボサノバを止めて、『愛のうた』のスタート。『遠野ものがたり』と併せて聴いてくれた感想は、本当にかなり良いものでした音符. 結局私たち日本人は、こういう歌を聴きたいわけよ!やっぱり、なんか落ち着くじゃない? と言う人の言葉に、みなさん深く頷いておりました。とても嬉しい反応、有難いことですlo

さて友人たちは、本当に趣味もそれぞれで、その日は欠席でしたが、最近、好きが昂じてとうとうヨガの先生になってしまったという人もいるので、今度会うことが出来ればと、楽しみです。私のこの日の‘差し入れ’は、銀座のあの山野楽器のお隣・木村屋総本店のアンパン各種でした。うっかり買い過ぎて、一時テーブルの上がアンパンだらけになり、閉口されてしまいました~hawaaaaaハート



    200809051755.jpg
      <おしろい花の咲き乱れる西武線沿線>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する