FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

俺のふる里♪へ

永 六輔さんの事は、以前はよくラジオ番組を聴いたり、都内の講演会に講演を聞きに行ったりしていたのですが、最近はちょっとご無沙汰です。先日のたけしくんの『気まぐれ日記』で、若い男性から「歌を歌っていませんか?」と話しかけられたお話が載っていた日、ふと、永さんの話の一つを思い出したのです。たけしくんのこの日の日記を読んで、私もとても嬉しくなっておりました。たけしくんもだんだんと確実に有名になって来ているな~、と。もっともっと全国で有名になって欲しい・なるべき歌手だと常に念じておりますから、特にその感は強いのです。

 かつて永さんのいろんなお話を聞いた中で印象に残っているものに、「有名になるとは」というのがありました。現代の若者たちから、永さんはよくこの質問・相談を受けるのだそうです。有名になるにはどうしたらいいんですか?と。永さんは困るそうですが、「有名」ということは端的に言うと、「自分の知らない人が、先方は自分を知っている」という事なのだそうです。「これは怖いことなんですよ」と永さんは言います。本当ですね。想像すると、嬉しいけれどいろいろ怖いことでもあるかも知れません。永さんは又、若者達に対して、一番簡単に有名になろうと思ったら、何か大事件をひとつ起こせばいいんだよ、そうでしょう?と言うそうですが、これはある種のパラドックスですから、質問した人も、きっと心して聞いたことだろうと思います。
 今朝は少し時間があったので、そんなわけで、11時頃久し振りに、TBSラジオの長寿番組!「土曜ワイド ラジオTOKYO 永六輔その新世界」にダイヤルを合わせてみたのですが、1時間ほど聴けた中で、やはり情報もいろいろあって面白い番組です。中で先日、江戸東京博物館で行われた「日本子守唄協会」の催しで、たけしくんともご一緒だった川口京子さんのコンサートの告知がありました。番組の中で、ある期間流されていた「逢いたい」という歌を、いつもコンサートの最後で歌われるそうなので、そのためもあったようです。この「逢いたい」という曲、ご存じの方も多いかと思いますが、全編「逢いたい」という言葉だけで綴られている歌でして、そこに実に優しいメロディーが付いています。遠く離れた家族や恋人、また、この世では二度と逢えない人への思いが、バックの語りとあいまって聞く人の心に沁みとおり、もっと聴かせて、という声と、辛すぎるからもうその歌はかけないで、という声が相半ばして番組に寄せられ、「もうかけないで下さい」という声が、聞かせてという声を上回った時に、番組で流すのをやめたのだそうです。 これは私は、今日の放送で初めて知りました。番組ではこの曲はもうかけません、ですからお聴きになりたい方はこういうコンサートで・・という意味も込められていたようです。実は私も、この曲がかかると何か辛くて、他の局へチャンネルを回してしまったりしておりまして、それがこの番組を聴かなくなった原因のような所があったので、そういう事ならまた来週から安心して?聞こうかしらにっしし・・・ハート

たけしくんは、その素晴らしい歌声を、世の中の沢山の人に聞いてもらうという「天命」のもと、毎日毎日努力を重ねていらっしゃるのだと思います。ご自分の知らない人が、日々生の歌や、テレビやラジオや有線放送で、たけしくんの歌を聴いてファンになる・大勢の、たけしくんを知っている人たちが増えて行く・・これはたけしくんにとっても、ファンにとっても、また乾き切った今の世の中にとっても、とてもとても素敵なことだと思います。しかしローマは一日にして成らず、とも申しますので、たけしくんにはただもう、お身体を大事に元気で過ごして頂きたいといつも願っております。そんなたけしくんが、明日からは懐かしいふるさとのステージで、詰めかけるファンの皆様、また、待ちかねた故郷のファンの皆さまとも、たっぷり触れ合えるキャンペーンがあると思うと、私まで
とっても心が和みます。  タイトルは冠 二郎さんの曲からです~。ちゅぅりっぷ

                            200807111919.jpg
                       <先ほど買い物に出た最寄りの駅で。なんだか国際的?>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する