FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪スウィート・キャロライン

ついつい終りまで見てしまった、大リーグ・アメリカンリーグ チャンピオンシップです。 松坂投手が先発登板して、ついに日本人初の「プレーオフ1勝」を飾り、同時にレッドソックスはインディアンズを破り、松井稼頭央選手のいる、ナショナルリーグの覇者・ロッキーズとワールドシリーズでの対決が決まりましたね~。いや楽しみです。日本時間で25日からだそうです。レッドソックスのホーム、フェンウェイパークでの試合でいつも8回に、70年代に流行ったニール・ダイアモンドの「スウィート・キャロライン」が流れるのはどうしてなのでしょう?と、ずっと不思議だったので調べてみましたら、どうも“球団応援歌”的なものである、という程度にしか分かりません。観客が声を揃えて歌う部分もあり、みんなとても楽しそうです。何より、私にはこのメロディーは懐かしいです。プレスリーもカバーしている名曲ですね。選手達のプレーはもとより、観客の応援風景やファッションを見ていたり、マスコットの着ぐるみのパフォーマンスを見たり、“7thイニングストレッチ”の様子を眺めたり、音楽を聴いたりしていると、やはり大リーグっていうのは総合的になかなかに楽しいです。

 さてワールドシリーズの始まるその日、我らが松原健之さんが、加賀市で「BS日本のうた」の収録ですね!2006年の1月に、初めて「NHK歌謡コンサート」に出演された折には、単にファンだというだけで、なんだか私までもう朝からソワソワと何も手につかず、番組が始まる夜8時が近づくにつれ、胃もお腹も痛くなり、立ってもいられない状態になってしまいました。健之くんが綺麗に綺麗に『夕焼け雲』と『金沢望郷歌』を歌われて、番組が終わって、やっと手足に血の気が戻ったといった感じで、疲れたことといったら。 たしか、その数日後ぐらいに、浅草でキャンペーンがあったのですが、そこでにこやかに落ち着いて、どこか自信も増されますます素敵になった健之くんのお顔を見て、ほ~っと嬉しくなった思い出もありました。
 今やデビュー3年目に入り、すっかり頼もしい健之くんです、このたびはこちらもアガらずゆったりと、健之くんが爽やかに歌う、遠い石川県の空に思いを馳せていることと致しましょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する