FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

東京新聞

我が家は新聞をとっていないのですが、とっていた頃はおおかた「東京新聞」でした。‘首都圏の地方紙’というキャッチフレーズがなかなか良かったのと、古く「都(みやこ)新聞」と呼ばれていた時代からずっと、文化・芸能面が充実しているとされて来たのも、親しみを持てた理由の一つでしょうか。この東京新聞の朝刊の4コマ漫画が、作者の佃 公彦さんの御事情によりこのたび、44年という世界的にも長い連載の歴史に幕を閉じ、後継が「ちびまる子ちゃん」に決まったと先日耳にしました。まるちゃんの作者のさくらももこさんは、松原健之さんと同じ静岡県のご出身です。
ふと、又東京新聞をとろうかな、と思ったりもしますが....それにしても静岡は広い県です。熱海や天城峠の伊豆半島も静岡だし、‘日本一’の富士の眺めが一番美しいのも静岡、風光明媚な浜名湖はもう、徳川家康公の生誕地「三河」の全く近くです。東西に長いので県の東部と西部とでは、気候風土にだいぶ違いがあるとも聞いたことがあります。健之くんは県西部の袋井市、まるちゃんの作者は中部の旧・清水市がふるさとですから、同じ静岡県ご出身と言っても、場所はかなり隔たった所になるのですね。さくらももこさんは、新聞の4コマ漫画とは言え、さほど時事性にはこだわらずに書いて行きたいと言っておられるそうです。佃 公彦さんの「ほのぼの君」も、その名の通りほのぼのと長く楽しませて頂きましたので、この路線を踏襲するということかも知れませんが、“まるちゃん”がどのように「4コマ」になるのかには、ちょっと興味の有るところです。来たる7月1日からの連載開始だそうです。先日ラジオを聞いていましたら、“踊る大捜査線”などの俳優・筧利夫さんが、静岡県西部・浜松市のご出身とのことです

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する