FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

「マリモ」と「木蘭」♪♪

5月23日、大盛況だった上尾ショ-サンプラザでの新曲キャンペ-ンで、たけしくんが先ず1曲目に、2009年発売の「マリモの湖」の歌からスタ-トされたのを、若干の驚きをもってお聞きしました  大先輩の五木ひろしさんが作ってくださいました、とお話しされ、たぶんいろいろな思いが交錯されているのではとホロリといたしました。そういえば当時その、作曲者である五木ひろしさんが、「マリモの湖」のレコ-ディングにも長い時間つきっきりで指導してくださったという風なことを、メディアでも語っておられたと思います。とうとう御自分で歌ってみせてもくれたそうで、それは貴重なことです。その時、♪逢いたい 逢いたい あなたはどこに・・・という歌詞のところを、君の逢いたいは、ちっとも逢いたくなさそうな逢いたいだなあ~など、冗談まじりにおっしゃったということで 、発売されたCDを聴いたファンとしましては、あらま、ちっともそんなことはないのにと思ったものです。あとから思うと、お話にはたけしくんの御謙遜も入っていたのかなと感じます

この日はこの「マリモの湖」も含めて、とにかく上手!!立派!!これぞ歌手!!これぞ健之くん!!という迫力と美しさの歌声の連続で、本当に聞きに行って良かったと思います。逢いたい 逢いたい・・・も、とても逢いたそうな「逢いたい」でございました あらためて五木ひろしさんに聞かせてあげたいと思いました。

お待ちかねの新曲「木蘭の涙」は、これはもう絶品・熱唱・魂からの歌としか言えないほど素敵なお歌でした。 会場は吹き抜けで、ずっと上の階まで1階のステ-ジが望めるようになっているのですが、暑さで脱いでしまった背広の上着を、小脇に抱えたサラリ-マン風の男性が、2階の通りがかりに立ち止まって、ずっと健之くんの歌に聞き入っていたのが私の所からもよく見えて印象的でした。そうした方がまだたくさんいらしたようです。嬉しいですね  きっと覚えてくださって、またテレビやラジオなどでも興味を持ってたけしくんの曲を聞いてくださる事と思います

途中、健之くんがほとんど1階会場の隅々まで...という気概で握手をしながら歌われたデビュ-曲「金沢望郷歌」と、御存じ・ひばりさんの「お祭りマンボ」は、デビュ-当時をも彷彿とさせる元気さ確かさ明るさで皆様大満足ほんとに楽しかったです。健之くんの、聞いていてとにかくこちらまで自然にリズムをとらずにはいられなくなる、何を歌われても抜群のリズム感は、いつもながらほんとに素晴らしいです
実は「木蘭の涙」のオリジナルを歌った「スタ-ダスト・レビュ-」については、私は恥ずかしながらあまり詳しくなくて、もちろん曲は聴いたことがありましたが、それこそサビのところしか分らなかったです~。が、こうして健之くんの歌でお聞きしますと、静かな情熱を秘めた、詠嘆にも似た絶唱に優しく心を乱される、といった感じです。とても切ないですね。そして美しく、それでいて力強いのです。気持ちも新たな健之くんのデビュ-11年目、本当に良い歌が出来ました。






  2016 5 23♪Ageo
                 < 上尾駅 >

PageTop