FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

こぶし♪

9月の浅草公会堂、たけしくんの「コンサ-トツア-2015」ファイナルの折に、たくさんの素敵な歌を歌われる中に、途中でちょっと挟まれた寸劇。というか、2001年から足掛け4年間にわたって全国を巡演した、前進座「旅の終りに」の公演に、主題歌「旅の終りに」を歌って客演されたたけしくんが、今回のコンサ-ト中、その一部を‘再現ドラマ’化して見せてくれた場面の酒場は、舞台では「こぶし」という名のお店でした。
健之くんの、10日のNHK「歌謡コンサ-ト」で歌われた「誰か故郷を想わざる」も、とても「こぶし」の効いた歌声で素敵でしたね~
過去をひも解いてみますと、2009年の8月4日にも、たけしくんは同じ「歌謡コンサ-ト」で、この「誰か故郷を想わざる」を初披露されていて、私もよく覚えております。その時もとっても素晴らしくて感激しましたが、録画をしたものがまだ見つかりません 探してみましょう。
10日のお歌の印象は出だし、ずいぶん魅惑の中低音から始まって、全編とても渋さのきらめく、出色の出来栄えであったと思います
前述の「旅の終りに」という演歌・艶歌を歌うたけしくんを聞いて大ファンになったわたしは、この夜の「誰か故郷を想わざる」をお聞きして、健之くんの演歌が帰って来た!というような気がしてとても嬉しかったです こぶし・節回しにとても切れのある、素晴らしい特徴を持つたけしくんの歌声。繊細で優雅でありながら、その上小気味の良いそれが、心華やぐ歌謡曲となって私たちを楽しませてくれます。デビュ-曲の「金沢望郷歌」も、最近はとてもお洒落なバ-ジョンで歌われることが多いと思いますが、オリジナルバ-ジョンのCDを聴くのも私はとても好きです。「夢を抱く街」と最後の所でくるっと可愛くこぶしが回るのが心地良かったです。当夜も、たけしくんの歌は終始、難しい節回しを見事にこなされて、良質の歌謡曲の香りを醸し出してとっても素敵、惚れ惚れいたしました


  2015 11 10「歌謡コンサ-ト」♪



「いくつの嘘が溶けてるの?」♪

先月25日に初回放送のあった、呉市からの「新・BS日本のうた」にご出演時の感想を書かなくてはいけませんです
いや~~~、ほんとにあの日はびっくりした一夜でしたね!! って言いましても、健之くんが歌が上手いのはもう定説ですし、ファンも十二分に分かっているんですよね、わかった上でのびっくりですから、何重にもビックリなわけです
堀江淳さんの1981年の、たけしくんがブログに曰く「大ヒット」曲『メモリ-グラス』を歌われました。そうですね、堀江淳と聞いて、メモリ-グラス→水割りをくださ~い~♪と、今でも口を突いて出て来るということは、当時ずいぶんこの曲が流行ったということでしょう。彼は細めの高い声でテンポよく、自身のギタ-のストロ-クに合わせて、最後までわりに淡々と、いわば‘スキャット’の延長のような感じでこの歌を歌われていたような記憶があります。いっぽう健之くんは今回、とても豪華に華麗にドラマチックにこの「メモリ-グラス」を聞かせてくれて、もうとってもステキでした。
いつか東京でのコンサ-トで聞いた「君は薔薇より美しい」や「愛のメモリ-」の時の感動に匹敵する、いつもと歌のジャンルが違いますのでネ 呆然とするほど、本当にたけしくん、素晴らしい歌でした
聞く者の感性にこだまするというか、共鳴するというか溶け込むというのか、とにかくこちらまで心地よく音楽に乗せられてしまう、たけしくんの抜群のリズム感と、そして持前の美声が、こうした軽快なポップスを歌う時、優しく私たちの心をときめかせてくれます。またお聞きしたいですね!!




                                        秋のスウィ-ツちょっといかが?2015

PageTop