FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

『4階の部屋』♪

たけしくんも会員として名を連ねていらっしゃる「日本歌手協会」のイベントに、確かつい最近出演されていた、劇団テアトル・エコ-の熊倉一雄さんが今月亡くなられました。もうだいぶなご高齢でいらしたのに、ご存じ「ゲゲゲの鬼太郎」のテ-マ曲を、往時と全く変わらぬ歌声で聴かせてくださり、テレビの放送を見ながら、心からの驚きと嬉しさを感じていました。最後までテアトル・エコ-の代表として活躍されていたそうで、なんだかとても頭の下がる思いです。わたしも小さいころから、「ケペル先生」や、「ひょっこりひょうたん島」の海賊・トラヒゲの声など、熊倉一雄さん演ずるところのいろんな「声」で楽しませて戴きました。しかし今や一番親しみを感じるのはやはり、海外ドラマ『名探偵・ポワロ』シリ-ズの主人公、エルキュ-ル・ポワロの声の吹き替えの熊倉さんなんですね。ポワロ役の俳優はデビッド・ス-シェで、二か国語の英語の音声の方で見てみますと、声の質とかしゃべり方は、ス-シェ氏は熊倉さんとはけっこう違うんですネ。そう考えますと、この作品も、あの「刑事コロンボ」の声を演じられた小池朝雄さんの時と同じく、ヒットの要因が、吹き替えの声優さんのキャラクタ-に依るところも、非常に大きかったのではないかと思います。
そんな『名探偵ポワロ』が、BSプレミアムの明日24日から毎週、なんと第一回目から全編が再放送されるそうです。わたしもかつて、ほとんど全部録画をしたのですが、残念ながら当時はVHSでしたし、しかもそのテ-プを殆どどっかへしまい忘れてしまったので、今回また撮り直す覚悟でおります。ほとんど全部、と言いましたのは、実はただ1話、録画をしそこなってしまった回があるのです。わりに初期の頃の作品で、タイトルは「4階の部屋」といいます。原題が「The Third Floor Flat」というので、なんでかな─?と思った経緯があります。Thirdといえば3階なのに、なぜ邦題では「4階」と、1階増えているの
ご存じの方も多いかと思いますが、わたしがその頃調べたところによりますと、ヨ-ロッパなどでは、通常の地上階=1階のことをGround floorと呼び、ほかの多くの国で言う2階は、1階ということになるのだそうですね。ですから、邦題だと「4階の部屋」ですが、ヨ-ロッパですとそこは3階(Ground floor→1階→2階→3階)、The Third Floor となるようです。録画が出来なかった悔しさもあいまってその時にこの回のことをよく調べてはみたのですが、結局、今まで本編の映像を見ることはできませんでした。今度こそ、見られそうです~ ポワロはテ-マ曲もム-ディ-で、いつも聞くたびにわくわくいたします
さあそして、25日には、同じBSプレミアムで、健之くんの「新・BS日本のうた」の御出演もあります 呉市文化ホ-ルからの放送で、何を歌われるのかドキドキします。さらに来月には、昨日のNHKホ-ルでの「虹の架け橋まごころ募金コンサート」の放送もあるようですので、いろいろと、とっても楽しみな秋です



     秋のお花の代表★コスモス♪

PageTop