FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

ジョイント『ブレンド』コンサ-ト♪

   川口リリアホ-ル☆

↑先週、健之くんと吉武大地さんのジョイントコンサ-ト『ブレンド』が行われた、川口の総合文化センターリリア音楽ホ-ルです。とても立派で、吹き抜けのエントランスには斬新なオブジェも設置されていたりと、初めて行った所でしたので、いろいろびっくりの連続でした。3月6日、だいぶ日も伸び、この写真を撮ったときは上空に飛行機雲が長くくっきりと見えていてとても綺麗でした 建物の上方に端っこがちょっと写っております

さて、『ブレンド』コンサ-ト、とっても良かったですね~ まだ耳に脳裏に歌声が残って、忘れられない素敵なひとときでした。吉武大地さんは、芸大を出られたクラシックのバリトン歌手で、バリトンというのは音域が広い分野だと言っておられましたね。テノ-ルとバスの間の音をすべて網羅して歌わなければならないのですから、確かに広い範囲です。海外留学も含めて長く勉強されたようで、努力家でいらっしゃるのがよくわかります。ステ-ジでの歌もお話も表情豊かで、明るく優しいフランクな人柄の方とお見受けいたしました この日披露されましたレパ-トリ-も、「あわて床屋」のようなコミカルな童謡から、オペラの王道・ビゼ-の<カルメン>より「闘牛士の歌」までをそつなくこなされて、とても楽しいオンステ-ジ、これからも是非、益々大活躍されて行かれる事を心から期待いたします

たけしくんは、吉武さんとのデュエット「ふるさと」での幕開けから最後まで、もうず~っと充実のステ-ジでそれはそれは素晴らしかったです 前半第1部はクラシック中心、後半の第2部は歌謡曲が主(おも)でしたので、お二人の出番も自ずとそのように、でもそこはやはり『ブレンド』ですのでデュエットもかなりありまして、そうした中から前半「Con te partiro」や、マイクなしでの「オ-・ソレ・ミオ」は特にステキでした。「オ-・ソレ・ミオ」、驚きましたね~。わたしはこの曲を生で、それもマイクを使わないたけしくんの歌はおそらく初めてだったと思いますので、もう、上手なことは分かり切ってはいるのですが、それにしてもこんなにうまいものかと、歌とはこんなにも美しく力強いものかと、ただ茫然として聞いておりました~ 体全体が歌っているかようなリズム感の良さというのは、真似もできないし説明もできない、まことに天賦の才能とはこうしたものなのだなぁ、としみじみ思いました
第2部・たけしくんの独擅場でお馴染み「お祭りマンボ」は、ほんとうにノリノリで艶があって小粋で、朗々ともしていて哀愁もあって、正に自由自在、エンディングの、あとの祭り~よ~ の前にちょっと客席とおしゃべり?の間(マ)もお茶目&絶妙で、ひばりさんもかくやと思うほどの素晴らしい出来でしたネ。堪能いたしました
ほんとにひばりさんがいつも、会場のどこかで目を細めながら、たけしくんの歌を聴いているような気がしてなりません。

芸大の、吉武さんの後輩のみなさんのコ-ラスが華を添えた中盤での「オリンピック賛歌」は、昨秋の「東京オリンピック・パラリンピック50周年式典」で、たけしくんと吉武さんが晴れてこの曲を歌われた会場には行けなかった我々観客の多くに対し、その折の臨場感を伝えんがための演出がふんだんに施されて、荘厳で力がみなぎるお二人の歌と、今日のコンサ-トで伴奏を勤められた、卓越した技術を誇るピアニストお二人の、息の合った渾身の<連弾>(2台ピアノですので、連弾とは言わないでしょうが、感覚としてはそういう感じで)の妙とが相まって、まさに珠玉の歌と演奏でした。

この日お二人は、とてもたくさんの曲を歌われましたが、オ-プニングの「ふるさと」では、たけしくんファンとしましては、(たけしくんも偶然今日のブログで触れていらっしゃいましたけれど)かつてたけしくんが、合田道人さんの童謡のCDの中で、妻吹俊哉さんと一緒にコ-ラスに参加されていたことに思いを馳せ、今、こんなに素晴らしい会場で、満員のお客様を前に、同じ「ふるさと」の曲を堂々と歌い上げるたけしくんの姿に接して、嬉しくて嬉しくて感慨無量な気持ちになりました。
歌謡曲の第2部のみならず、全体がほんとに息つく暇(いとま)もない楽しいコンサ-トでした
本編最後から2曲目の「上を向いて歩こう」で、たけしくんと吉武さんがそれぞれ二手に分かれての会場めぐり、お客様と握手をしながらの歌でも、随所に綺麗なハ-モニが入って、ショ-のそんな構成も、きっと音楽にも何事にも真摯な吉武さんとの共演あってこそなのかな、と思ったりしておりました

PageTop