FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

“いつかどこかでまた逢える・・・”♪

健之くんのデビュー10周年アニバーサリーCD新曲「雪明かりの駅」の作詞者、作家の五木寛之さんの詩にはいつも、「あの人にまた逢いたい、もしかしたら逢えないかも知れないけれど、、でも、そう!きっとまた逢えるはず・・」 そうした思いが込められているような気がします。
このたびの「雪明かりの駅」の “いつかどこかでまた逢える その言葉信じて・・” というのもそうですし、いずれもたけしくんの曲またはカバ-曲で 「歌の旅びと」の “君にまた逢いたくて・・” や、「星の旅びと」の “この坂をのぼったら あなたに会えますか” も、そうですよね~。
一方でまた、「遠野ものがたり」の “遠いあなた 遠い” や、「愛のうた」の “夜の空見上げても きみのうたはきこえない”、「内灘海岸」の “あの夏もあの人も もう二度と帰らない” などは、もう逢うことはかなわないかも知れない人への思慕の情が、哀しく胸を打ちます。 「浅野川恋唄」の“鏡花のお芝居みたいね、と ふたりで笑った あれは遠い日” と歌いあげるたけしくんの素晴らしい歌声にも、わたしはその哀愁に涙しました。
 

人には誰しも、せめてもう一度会って語り合いたい、旧交を温めたい、また一緒にゆっくりお酒でも飲めたら・・という友達や知人が必ず一人や二人はいるものです。もっといる!という方もいらっしゃるでしょうネ 私も実際、遠く離れてしまっている友人にもう一度会いたい!という気持ちが気力になって、なんとか生き長らえている、といった面もあります。五木先生にも、そうした方がおられるのでしょうか。それとも、人間の気持ちとは総じてこういったものだから、それに則した歌がきっと多くの人に愛されるだろう、というお考えもあったかも知れませんね。
逢いたい・逢えない・でも生きてさえいれば、きっといつかどこかで又あの人に会うことも出来る・・・という切ない思いが常に胸に渦巻いています。ですから、最近はたけしくんの「雪明かりの駅」がいつも頭の中で鳴っています。切ないけれど、今の寒い季節に、春を待つような、また北陸新幹線の開業を待つようなそんな気持ちでもありますね。だってこの曲は先月、浦和のラジオ局REDS WAVEの、たけしくんご出演の公開番組を聞きに行った折にも、たけしくんがお話されていましたように、『五木先生曰く “潔い決意の歌”』でもあるわけで、そんな風に明るく前向きに考えて、いろいろと生きて行けたらいいなと思います。
そして、「雪明かりの駅」が、NHK「ラジオ深夜便」の「深夜便のうた」に選ばれたと聞いた時には、本当にファンとしても嬉しかったですね~。毎夜、違ったアンカーの方の紹介してくれる「雪明かりの駅」をお聞きするのが、とても楽しみです 同じように楽しみになさっていたり、又、たまたま聴いてすっかりファンになってしまった方もたくさんいらっしゃることでしょう
まだまだ、3月いっぱいまで流れますので、皆様もどうぞお聞きになってくださいネ。

両A面の「三日月が綺麗だから」も、♪三日月がね 綺麗だから♪という、三日月が<ね>のところがなんとも言えずいいですよね~。つんくさんの作詞で、藤澤ノリマサさんのメロディーに合わせてあとから詞をつけられたということですが、さすがです。また、たけしくんの優しくて澄んでいて、それでいてピンと張りつめた美しい声が、遠い夜空に浮かぶ三日月を想起させ、ぴったりです。この、10周年記念両A面シングル「雪明かりの駅/三日月が綺麗だから」が、各音楽ランキングとも好調で、幸先の良い出足を誇っておられる事がとても嬉しいですね ぜひこれからも、沢山の方の応援を戴いて、長く皆様に愛される歌となって行かれることを祈っておりますし又、確信しています。



                                     2015 valentine♪
                                          Happy Valentine's Day

PageTop