FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

デビュー10周年の今年も華やかに♪♪

1月10日・FM浦和での、たけしくんがゲストで今年初生出演の番組、「吉武大地の未来くるミュージック!Z」、公開放送の観覧に誘ってくれた前進座の観劇仲間とも、あのあと上野で新年会をしながら話したんですが、新春4日に放送のあった、健之くん御出演の「BS日本のうた」で、秋川雅史さんとあのように、一緒に肩を並べて「昴」の曲を朗々と歌いあげられるのは、やっぱり演歌歌謡歌手では、まず健之くんのほかには多くは見当たらないよね~ということでした
たけしくんのデビュー10周年の年が華やかに開けました 皆様の尚一層のご声援を、どうぞいっぱい送ってさしあげてくださいね

さて「昴」の前に健之くんがソロで歌われた、森進一さんのカバー曲「さらば友よ」も、劇的でステキでした。同名の、チャールズ・ブロンソン主演の映画もありましたが、当時は映画や映画のタイトルに呼応するような、華麗な曲が多かったですネ。「さらば友よ」はもともと、およそ主人公のコキュという立場を感じさせない格調の高い曲で、そこを我らがたけしくんが、実に上手く・甘く・ドラマチックに、ある種「荘重」に歌われていて、とても良かったと思いました NHKのサイトによりますと、この25日に「BS日本のうた セレクション」で、たけしくんが2012年に歌われた「望郷」が再放送になる予定ですが、いずれも猪俣公章さん作の名曲の、いずれ劣らぬたけしくんの熱唱を、また何度でもお聴きしたい気持ちです。森進一さんとは、この2曲も含めて、なんとなくご縁のある感じですね。かつてたけしくんが、五木寛之さんの作詞でコンサート等でも歌われたギリシャの曲「汽車は八時に出る」もオリジナルは森さんでした。

そして秋川さんと健之くんとの、谷村新司さんの「昴」のデュエットは、先ほども述べましたとおり、お2人とも地に足の付いた、力強い姿勢と張りのある歌声で、テレビを見ていた方々も、久しぶりに歌番組の醍醐味を十ニ分に味わえたひとときではなかったでしょうか
「目を閉じて何も見えず・・」→この歌が流行った当時、あたりまえだよね~などと巷で言われた冒頭の歌詞なんですが 後輩のたけしくんからまず歌われて、さぞ緊張というか、高揚されたことと思います。難しいですよね、クラシック畑の秋川さんを前に、そして大勢のお客様を前に、テレビのカメラを前に先ず、誰もが知る名曲を歌われるということは。でも、とても堂々と立派で、しかも花も実もあるたけしくんの歌声に感動いたしました
私は、クラシックではずっと前はバリトンの木村俊光さんという方が好きで、今は錦織健さんなど好きですが、秋川さんもなかなか大したものです。「千の風になって」がヒットする前から存じてはいました。レーベルはやはり健之くんと同じテイチクエンターテイメントの‘タクミノート’で、こちらはあの「月の203号室」のお2人と同じですネ



   ♪2015 1 10 浦和駅前交番☆

1/10(土)に、たけしくんの公開生放送を聴きに出かけた浦和駅前です、なぜか交番ここから
ちょっと歩きます。
生放送ではキャンプファイヤー時などの定番の歌としても有名な
ドボルザーク作曲の「新世界」から 「遠き山に日は落ちて」を、司会の吉武さんと
息もぴったりで歌われた健之くんです。♪今日の業(わざ)を成し終えて・・・♪ 
戸外では折しも夜のとばりがおりはじめる中、吸い込まれるような綺麗なハーモニーで
思いがけず新年最初のたけしくんの生の歌声を楽しむことが出来ました

PageTop