FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

“雨は絹の糸でした・・”♪

雨というより、豪雨・台風が多いこの頃です。今週末も、台風12号が九州に近づいてくるそうで、何かと気の抜けない日々ですね。皆様も十分ご注意なさってください
台風はイヤですが、しめやかに或はちょっとした篠突く雨であっても、わたしは雨の日が好きです。 たけしくんのだいぶ以前のブログに、「雨がふったり・・・」というタイトルの日がありましたが、たけしくんはタイトルの付け方がいつも上手ですよね
さてそんな雨の日にいつも思い出すのが、フォークルの 雨は絹の糸でした~ で始まる「雨の糸」という歌。もちろんほかの歌い手さんの曲でも、「九月の雨」とか「どうぞこのまま」、「京のにわか雨」、「あじさい橋」とか.....雨にまつわる好きな歌は多いのですが、この「雨の糸」は、それらともまたちょっと違った哀愁というかアイロニーというか、メルヘンの世界の歌のようでいながら、まろやかなスパイスも効いていまして、好きなんですね~ なんとも言えない優しいメロディーに乗せて、北山修さんの詩が本当に素敵です。
北山修さんは、最近のアルバム「あの素晴しい愛をもう一度」のライナーノーツ(対談形式)の中で、ご自分の中には結構パンクでとんがった部分が多い、と述べておられます。恋の歌にしても、また或るアンチテ-ゼを込めたメッセージソングにしても、その作品のどれもが、またたく間に多くの人の共感を呼ぶという詩を多く書かれ、作者の北山さん自身も、非凡な才能に溢れつつも、至極まともに穏やかに、言わば、この時の対談のお相手の言をお借りすれば “スタンダード”に生きている人なのだろうと、曲を聞く側からすればそんなふうにも思います。もちろん、そうした面も持ち合せてはいらっしゃるでしょうが、ご自分としては、「本当はこういう人なんですよ!」と作品の中で言いたい時もあるそうで、それはそうですよね。人間はいろいろな面を持っていてこその人間ですし、またそれだからこそ面白い。

昨秋、北山クン(昭和の昔からのフォークル・ファンは、自分よりずっと年上にも関わらず、北山修さんを北山クン、加藤和彦さんを加藤クン、などと呼びます)の何度目かのアカデミックコンサートに行って来ましたが、その時のゲストが、たけしくんもアルバムの中でカバーで歌われれている「なごり雪」の作曲者の伊勢正三さんと、これもたけしくんが過日、BS朝日の徳光さんの番組でデュエットをされたこともある、太田裕美さんでしたので、ショーは私にとっても一層楽しいものでした。北山クンのちょっとシュールで、大胆かつ繊細な詩で彩られた曲をこれからも聞いて行きたいな、と思います。

そして、今、一時休養中で、最近の御自身のブログからも、順調に喉の具合が回復しつつあると見て取れる我らが健之くん、ファンもとても嬉しく喜ばしくそして懐かしく、本当に胸が熱くなります。本格復帰が、多くの方々に一日千秋の思いをもって待たれる健之くん、そんな健之くんが、これからまたどんな曲の数々を歌って行かれるのかと、ふと想像してみるのでした



※この記事は、たけしくんの7/24午前0時過ぎの「今日はリハ-サルと記者会見」のブログが載る前に書いたものです。
夜半に下書きをしてあったのを、アップする前にもう一度誤字・脱字などないか確認してから、改めてたけしくんのブログをチェックしましたら、まぁ!たけしくん、明日の工藤慎太郎さんとのイベントで、声帯ポリ-プの手術後初めて、歌われるのですね!健之くんが、専門医の方とご相談しながらお仕事のことは決められていると思いますので、外野はがやがやは致しません。だけど少し驚きましたネ。思わず手に汗を握ってしまいます。世界中で、たけしくんにあらゆる無理をして欲しいファンは一人も居りませんので、どうかその思いだけはたけしくんに届けばいいな~と思いながら、おやすみなさい



2015夏りりい♪

PageTop