FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

どんなときも☆逢わずに愛して♪

今週の日曜日・26日のNHK「BS日本のうた」~奈良・大和郡山市編で、槇原敬之さんの「どんなときも。」を、地元の高校の生徒さん達の吹奏楽団(マーチングバンド)をバックに、高らかに歌われたたけしくんです。素敵でしたね~~
わたし今まで、この槇原敬之さん、KANさんとか、大事MANブラザーズ、岡村孝子さん、プリプリ、ZARD、岡本真夜・・・時代はそれぞれ微妙に違ってるのかも知れませんが、曲が頭の中でなんかみ~んな、一緒になってしまっていたんです? 皆さんすごくいい曲をうたってて好きなんですが、それだけにかえってこんがらがっちゃってたのかも知れません。それで今回、たけしくんの歌で初めてじっくり槇原さんの「どんなときも。」を聞きまして、あらためて、いい歌だな~~と思った次第です 健之さんは御自身のブログで、青春の歌、と言っておられますし、ほんとによく流行(はや)った歌でしたが、こうして聞きますとやはり名曲です。
健之くんは、あの大勢の吹奏楽団を相手に、一歩も引かぬ堂々たる歌いぶりで、わたしはすっかり感動してしまいました あんなに賑やかな演奏の中でさえ、観客にきっちりと「聞かせる」健之くんの実力は、やっぱりとてもすごいと思いました。一曲をたっぷりと歌い上げ、いろいろな表情や動きもとり入れ、それらのアンサンブルで、会場全体へ実にじょうずに「歌」を伝えていらしたことに、ほんとに心を打たれました~ さらに高校生のマーチングバンドを引き立て、リードし、まさにエンターテインメントと気配りに満ちた大活躍だったと思います。たけしくんの歌の前に、司会の吉田アナと、あの野口五郎さんとで、客席へ降りてちょっとお話し、ステージの準備が出来上がったところで、五郎さんが「頑張って!」と視聴者にエールを送り、おもむろにたけしくんの歌が始まりましたマーチングバンドは「どんなときも。」と、次の出演者全員での「明日があるさ」の2曲続けての演奏でこの日の演技を締めくくりましたし、たけしくんの「どんなときも。」は、ソロとしては実質的に“名曲11(イレブン)コーナー”のトリでしたので、ファンとしても、とても幸せな放送でした。聞いていてウキウキする、気持にぴったりとはまるというたけしくんのお歌の上手さのおかげで、今もまだ暖かい気分です
マーチングバンドと申しますと、知り合いの知り合いがマーチングバンドの映画を製作していたりと、私もこのたびとても興味を持って、画面の中で縦横無尽に動き演奏する高校生のみなさんを見ておりました。なんともスケールが大きかったですね~。ぜひいつか、元日に本場アメリカのローズパレードに出演してね、国立の奈良工業高専吹奏楽部のみなさんと思いました


続くこの日のスペシャルステージは森進一・前川清さんの競演ということで、なかなか楽しみに拝見しました。やはり私たちの世代は、青江三奈さんと同期だった森さんのデビューの頃もよく知っていますし、前川さんにいたってはデビュー曲も良いですが、自分としては「逢わずに愛して」やワルツの「愛のいたずら」がお気に入りで「逢わずに愛して」などは当時、まだほんの子供でしたのに、何が良かったのかずいぶん好きで ロマンチックですし、たぶんメロディーも好きだったのでしょう。この夜、前川さんは以前とちょっと歌い方は違っていましたが、雰囲気を楽しめて良かったです。森さんは、デビュー当時からほとんど変わらぬ歌声ですね~。お二人とも九州の御出身で、そこは健之くんの恩師の作家・五木寛之さんと同じですネ!
そして名曲イレブンコーナーを聞いてもう一つ、やはりこの「BS日本のうた」で、たけしくんとデュエットされたこともある日野美歌さんが、「熱海の夜」をうたわれたのが懐かしかったです。思えばわたし昔よくカラオケバーで、同じ箱崎晋一郎さんの「抱擁」が好きで歌いましたのでそのせいもあったのでしょう。 たけしくんがずっと以前、何かの場面で「抱擁」を歌われたことがあるとかないとか・・噂を耳にしたような気もするのですが、真偽のほどは今もってわからないのです


  ♪2014 10 31 今日はハロウィン★
       今日はハロウィン

PageTop