FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

‘C'est si bon’ な夜♪

    ♪2014 10 18 高橋是清翁記念公園★
<会場の隣の高橋是清翁記念公園。子供が結構遊んでいてお花もきれいでした

先週の土曜日・18日は、青山の草月ホールが、とっても素敵で大きなシャンソニエになった宵でしたね~

シャンソン歌手で、健之くんの長年の知己でもいらっしゃる髙木椋太さんのコンサートへ出かけてまいりました。たけしくんがスペシャルゲストで、二部構成の二部のほうへご出演で、一部も二部もそれは楽しく過ごせました。髙木さんは一部でタンゴをなんと10曲も、そして二部の後半でヴィクトル・ユゴーの世界、そうですあの「レ・ミゼラブル」のミュージカルナンバーの中から数曲を重厚に聞かせてくださり、アンコール前の最後の曲はやはりミュージカルの「十戒」から「愛の約束」で締めくくられて、察しますに髙木さん、歌うほどに力を増して行かれるタイプの歌い手さんのようです。コンサートの最初は、さすがに少しだけ緊張の面持ちだったように思いましたが、曲を重ねるごとに声も表現力も見事になられて行きました 「セ・シ・ボン」はこの日は歌われなかったけれど、本当に‘とても良かった’です。

さて、二部となりまして幕が開きますといよいよ、ゲストのたけしくんと、そして主役の髙木椋太さんがなんと、どちらも真っ白なスーツ姿で並んで立っていらしたのは、本当に美しかったです 同じ「白」でも、髙木さんは胸元に大きなブローチを輝かせたスタイル、一方のたけしくんは、上着全体にキラキラとラインストーンを散りばめたいでたちで、それは遠目にもとっても綺麗でした。二部の一曲目はたけしくんの「愛のうた」のデュエットというお洒落な演出で、お二人でステキにハーモニーを醸し出されて、すごく新鮮な「愛のうた」でした。またお聞きしたいですネッ これ以後は、たけしくんがお一人で、デビュー曲の「金沢望郷歌」と、そしてまさにシャンソンのような「雪」再び髙木椋太さん、そして最近髙木さんのコンサートではお馴染みという、クラシック系デュオグループの「ピエール&蔵人」さん達との軽妙な‘お芝居’を挟みながらの「オー・ソレ・ミオ」と進み、たけしくんの、演歌とはまた違ったバージョンの各曲を十分楽しませて戴きました。そしてアンコールでまたまた華やかに登場のたけしくん 歌手仲間の藤澤ノリマサさんとのご縁を、髙木椋太さんとも紡がれて「希望の歌」を全員で力強く大合唱で、この大団円には、詰めかけた客席の皆様も巻き込んでの大変に賑やかな盛り上がりと相なりました。健之くんが一人で歌われるときには、わたし目を閉じたり開けたりして、たけしくんの素晴らしいリズム感と歌声を噛みしめるように聞いておりました~。皆さんと一緒に歌う時には、耳をそばだてて、たけしくんの迫力ある美声を聞きわけては、これまた悦に入っておりました どれをどう聞いても、やはり素晴らしい歌心を持った我らが健之くんです。

この日はバックの演奏も、ピアノやバイオリンやそしてアコーデオンも際立っていて素敵でしたね アコーデオンといえば、コンサートの冒頭、幕が上がった時、いきなり高木椋太さんがアコーデオンを抱えて歌われていて、そのお隣りでは、麗しのタンゴダンサーのカップルが魅惑のダンスを繰り広げておられたのも情熱的でした。いろいろ感動しまして、終演後、ロビーに立たれて一人一人お客様を送り出されていた髙木さんに「どこそこ以来の久々の髙木さんのコンサートでした、とても素晴らしかったです、これを機会にまたシャンソンを聴きに・・・」などと申し上げましたら、名前を聞かれて思わず本名を名乗ってしまいました。本名を言うのは当たり前なのですが、ちょっと恥ずかしかったのは何故?(笑)

PageTop