FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪有楽町で逢いましょう!!ツア-2014・東京♪

♪2014コンサートツアー よみうりホール★ⅱ         ♪2014コンサートツアー よみうりホール♪☆
この中によみうりホール                開演5分前


14日(土)「松原健之 2014コンサートツアー」の東京・有楽町よみうりホール公演は、本当に楽しかったです
その夜のうちの、テイチクのプレスリリースなど、コンサートの盛況と成功を伝える記事もネットに多数出まして、たけしくんが歌われた全曲数や、曲目もかなり発表されておりましたので、行かれた皆様も再び楽しんだり、またこれからコンサートにお出掛けの皆様も参考にされたりと、こもごもだったかと思います。曲目や演出などは、会場によって違ったり同じだったり、いろいろだと思いますので、これからの公演もどうかたっぷりお楽しみくださいね

さて東京公演、「遠野ものがたり」から始まり、「この世に人と生まれたからは」でアンコール前を締めくくられたのは、どちらも健之くんの恩師・作家の五木寛之さんの作詞であることが共通点として先ずは頭に浮ぶのも嬉しくそれに1曲目の「遠野ものがたり」は、ピアノ奏者で今回もバックバンドの要(かなめ)である塩入俊哉さんが、なんと五木先生が作曲も手がけられたこの作品の補作曲を担当されているという、ファンにとっても、嬉しくもかけがえのない名曲であるわけですネ!! サッカー用語ではないですが少し‘ため’のある歌い方は今回特に意外性があり、初めからたけしくんの歌ごころと感性が炸裂した感のあるステージでしたとても素晴らしかったです
そして私がこれと同じくらいに感動したのが、布施明さんのカバーで「君は薔薇より美しい」。ほ~んとうにねあなたは誰より歌が上手いと世界中の人にふれまわりたいくらいのそんな健之くんのお歌でした。この曲は、ただ声が良くても、ちょっとやそっと上手くても声が出せても、それだけではだめで、その上に、たけしくんのような卓越したリズム感がなければ、決して歌えない歌だと、私は思います。ステージで思い切り、満員のお客様へサービスしながら元気良く楽しそうに歌われた健之くんの声や姿が、今でも耳に瞼に焼き付いております。いや~~、素敵でした!!
大先輩・五木ひろしさん作曲の「マリモの湖」のジャジーな響きや、歌手としてのふるさと、金沢にゆかりの「愛のうた」なども、また各公演で聴けますか楽しみですね。

わたしが、健之くんの歌を初めて聴いた劇団前進座の舞台、その前進座は1年に一度、毎年5月に東京・三宅坂の国立劇場で10日間あまりの公演を行います。観劇仲間の一人が以前、「この日はやっぱりお祭りだからね」と言っていました。だから観る方も、精いっぱい楽しみましょうと。その言葉に漠然と納得はしていたのですが、今回あらためてたけしくんのコンサートを拝見しまして、その意味がようやく腑に落て来たような気がします。歌と演劇ですから、当然それぞれパフォーマンスに違いはありますが、エンタテインメントとして鑑賞するという点において、歌手の華やかなワンマンコンサートのツアーも、やっぱり一つのお祭りではないのかな、と思いました。ツアーも1年に一度ですし、同じ曲でも、普段聴いているCDとは違う感覚のアレンジや歌い方が楽しく、又、テレビで見るよりたくさんたくさんお歌が聴けるし、お衣装や照明も派手、トークも弾けてその上に、握手をしながら広い客席を練り歩いてもくれる。お祭りだから、巧いバンドの巧い音色がいささか大きく聞こえるのも 一夜のショーを派手に盛り上げるためかも知れないし、すべてがハイテンションで楽しいひとときを皆で共有するのが、プロの「コンサート」なのかもしれないと、私なりに知り初(そ)めたのでした。
そして、それでもたけしくんの歌を、家でもう一度静かにゆっくりお聴きになりたい?それならば 是非会場ロビーの特設コーナーでCDをご購入の上特典の握手会に参加されてみては如何でしょう。来年は健之くん、いよいよデビュー周年を迎えられるということで、記念のステキなTシャツなどももう販売していますよ、という具合に、ものごとはとてもうまく出来ているのではないでしょうか ぜひぜひ、これからも皆様、奮ってたけしくんの楽しいコンサートにいらしてみてください。とびきり元気が出ること請け合いです

PageTop