FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪上海・蘇州と・・2/2「BS日本のうた」松戸♪

たけしくんの歌声で「無錫旅情」は、聴いてみたい一曲でした
たぶん早世と言える、天才作曲家で作詞家の中山大三郎さんが、この曲ではその両方とも手掛けて大ヒット、その後は周囲でいろいろな経緯があって、世人がメディアで聞ける機会がめっきり減っていたと思われる曲だけに、本当に懐かしかったし、たけしくんの歌はとても美しくて広がりがあって良かったですよね 歌われる健之くんの胸中に、どういった思いが去来していたか、それは分からないのですが、ファンとしては複雑な思いが無いでもなくて テレビを聞き始めたけれど、結果的には聞けて良かったな、とても良かったという気持ちでいっぱいです。これからも我らがたけしくんはこうしていつも、曲の新旧にかかわらず、純粋に名曲の持つ良き音楽文化を、私たち聴衆に向け、実に豊かに発信・表現してくれる歌い手として、長く輝いて行かれることでしょう。とっても楽しみです

歌詞の中に登場する、上海~蘇州~太湖~無錫と、聞きながらまさに、広大な中国の地を心に思い描けるような、旅愁と恋心あふれる健之くんの歌は、リズムに乗ってとても心地よく、発声もビジュアルも綺麗で素敵でした ここぞ!と言う所で上品且つ効果的に取り入れられた‘こぶし’も嬉しく、日本の歌謡曲の小粋でノスタルジックな気分を、久々に味わうことが出来ました。歌謡曲はやっぱりこうでないと!と思わせるたけしくんの歌声でした

デュエット曲は、音程をお相手の歌い手さんに合わせなければならないので大変と思いますが、2曲とも健之くんは包み込むようなソフトな歌い方で、‘包容力’を感じましたね~
特にスペシャルステージの森昌子さんとの「ふたりの大阪」は、以前、川中美幸さんとも歌われたかと思いますが、その時よりもさらに低音の魅力を発揮されていました 高音も中低音も、さらに低音でも、すべて網羅されて本当にキレイ

今回は「無錫旅情」、デュエットで「たそがれの銀座」「ふたりの大阪」と、3曲歌われまして、テレビの前の沢山の視聴者の皆様を、いつもより更に楽しませることが出来たかと思います。
奇しくも3つとも御当地ソングでしたね! 中でも日本を飛び出しての‘無錫’はスケールが大きくてよかったです。今週末、健之くんが、ジェトロ主催のイベントで行かれるというミャンマーの地は、その無錫を遥かに西へ....そして、さらに次の政局へと発展するかも知れない、選挙をめぐっての争いが続くタイも越え、もう少しで、最近王様御夫妻が来日されたあのブータン、その北はもうヒマラヤという遠い地です。大抜擢での日本代表で、ミャンマー国立劇場で歌われるとはなんと素晴らしいことです。どうか&どうかご無事で健康で、そのあと日本でも又、元気な歌声をたくさん聞かせてください



                              ♪2014 town of Valentine★
                           <無錫の町ならぬ、バレンタインも近いわが町

PageTop