FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

なにがなにしてなんとやら♪

フォークルの歌に「フォークル節」というのがありまして・・・・・

なにがなにしてなんとやら~ 浪曲のようで浪曲でない お経のようでお経でない・・といった歌詞も、それからメロディーも面白くて、先ほどちょっと調べましたら、永六輔作詞・いずみたく作曲だったんですネ。当時から今までちっとも知らずにおりましたが、その割にこの歌は、私の中ではずっとスタンダードナンバーの位置を保ち続けています~

そうしたこともあり、健之くんの、20日・BS日テレ夜8時から放送されました「歌謡プレミアム“美空ひばり特集”」での「川の流れのように」の歌を聞いた時に、思わず胸に浮かんだのが、「ひばりのようで ひばりでない」─ という言葉だったわけなのです

ひばりさんは、言うまでもなく押しも押されもせぬ偉大な昭和の歌姫であり、不世出の天才歌手に違いありませんが、それでも健之くんはそのひばりさんの最後のヒット曲「川の流れのように」を、あたかもひばりさんのように上手く、しかしひばりさんにはない、若々しい男性歌手ならではの躍動感と爽やかさとで、従来の名曲を新たにより綺麗な明るい「花」へと変えて歌われたと思いました。本当に素晴らしかったです
この曲は、現在好評発売中のアルバム「松原健之ベストアルバム3」にも新録として収められておりまして、そちらももちろん素敵なのですが、CDよりもなおいっそう今回のテレビでは、歌声が悠々と自然なものに感じられました 芝居もそうですが、歌もやはり生き物なのかも知れません。皆様どうか、CDで、テレビでラジオで、ステージで たけしくんの歌声を出来るだけたくさんお楽しみ戴きたいと思いますヨ。25日の御自身のブログでも御案内がされておりますように、来たる2月2日(日)に、今度はNHKの「BS日本のうた」に出演されますネ。とても楽しみです。

私はたけしくんの歌の大ファンになるまでは、特に国内では男性の歌い手にはあまり興味が無く、好きだとしてもそれは、サザンだとか米米クラブであるとかのグループが多かったです。その昔のグループサウンズやフォーク・クルセダーズもその一環で フォークルは 当時、本当に大好きでした。修学旅行で、彼らの地元である京都を訪れた時には、このまま私を京都に置いて行ってくれろと本気で引率の先生に願い出て、当然の事ながら一笑に付されたりもしました  しかし、それまでもそれからも、本物の彼らを見たことは一度もなく、一番大好きだった北山修さんを、コンサートで生で初めて観ることになるのは、それからなんと半世紀近くも経った、2010年秋まで待たねばなりませんでした。その時さすがに、たとえどんなに好きで憧れて、行ってみたい所や見てみたいことがあったとしても、人生いろいろなタイミングやきっかけがうまく噛み合うまでに、これほどに時間のかかることもあるんだなあと、何とも言えぬ感慨に浸ったものです。

一方で、たけしくんの世にも素晴らしい歌声を、早くに生の舞台で~感動のお芝居の中で聞くことが出来たのは、ひとえに、祖父母の代から家族で観ていた前進座のおかげです。偶然ではありますが誠に幸せなことで、ですから前進座に足を向けて寝ることは、いまだに私は出来ないでいます



 ♪2014 山形・啓翁桜★

たけしくんのブログにもあります、御出演の25日・福岡「音楽の祭典」~MUSIC FESTA vol.2~ きっと大盛況だったことと思います。
ニュースなどによりますと、福岡はだいぶ暖かかったようですね。良かったです!
↑東北山形でも、早咲きの「啓翁桜」が咲いたそうです

PageTop