FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

横浜の休日~健之くんの歌声と共に~

都心でも25.8℃を記録し、各地で夏日となった今日、横浜は関内・石丸電気での「よこはま演歌祭り」の、松原健之さんの熱唱6曲『金沢望郷歌』、『青葉城恋唄』、『もし翼があったなら』、『内灘海岸』、『涙そうそう』、そして新曲『あの町へ帰りたい』は、いつも通り或いはいつにも増して、心に染みる素晴らしさでした。合間のトークも、単に当り障りのない楽しいお話というよりは、社会性にも富んだ内容を、飽きさせず、暗くならず、テンポ良く、そして何より、被災から1ヶ月を過ぎて尚、苦難の続く石川県「能登」への義捐をお客様に募りながら歌い行く、昨今の健之さんの姿を今更ながら知りまして、胸打たれました。デビュー曲『金沢望郷歌』で、大層お世話になった地域への気持ちの表れとは言え、歌を聞くお客様方の理解と賛同を得る真心のこもった話術は、さすが、天下の五木寛之・五木ひろし両氏という、「W五木」の薫陶を受けつつ日々精進を重ねる、
健之さんの努力の賜物であると、改めて感銘を受けました。温かい気持で会場を後にしますと、この日“健之くん”のおかげで久々に集(つど)った友人達の顔・顔・顔です。近くの伊勢佐木町へ繰り出し、ビールのグラスを重ね重ねて、誰かが「もう6時だ」と言うのを、すかさずもう1人が「まだ6時さ」と応戦し、又しばし“ステキな健之くんと健之くんの歌談議”に花が咲き乱れて、春の宵もとっぷりと暮れ切った頃、やっとお開きとなりました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する