FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

日曜バラエティー「織江の唄」♪

7月28日のNHKラジオ第1「日曜バラエティー」で、御出演の歌い手さん達がそれぞれ御自分の思い出の唄を歌う、というコーナーで、たけしくんは山崎ハコさんの「織江の唄」を、文字通り熱唱されました
去年秋のシングル「あなたに逢えて」・アルバム「こころの歌 訪ね旅」のキャンペーンの折りにも、アルバムの数ある曲の中から思いがけず歌われて、そこに集まった大勢の方々を感動させ、あらためてCDを買うお客様の列も長くなったという、あの「織江の唄」です
あの時と同じく、日曜バラエテイーでも、とても感動いたしました。1番と3番を歌われ、3番の「手紙くれんね、信介しゃん いつかどこかで逢えるけん」では、思わず涙が出そうになりましたね~
この日健之くんが、「織江の唄」のあと再び堂々と歌われた,新曲「北の冬薔薇(ふゆそうび)」の歌詞の中にも「...せめて私に残された愛なのでしょうか」というくだりがありますが、どちらも、深い諦観の中にも、それでも心のどこかでかすかな希望にすがってゆく、主人公が‘光’を求める切ない心情というものが、ひしひしと聴き手に伝わって来ます。また、たけしくんの歌が、聴く人をしみじみとそのような心持にさせるのです。ことに「織江の唄」は、番組中にたけしくんもおっしゃっていましたように、作詞の五木寛之さんの故郷の九州弁で綴られておりますので、よけいに、素朴にストレートに胸に響いてくるように思います。あらためて、名曲ですね~。

出先で携帯端末から聴きましたので、全部は聴取できなかったのですが、たけしくんの素敵なところは殆ど聞けたように思います。会場のお客さまや、司会の山田邦子さん、山下信さんの反応も素晴らしいものでした。全国の皆様にも、ラジオを通して健之くんの渾身の歌声を聴いて戴けて、本当に良かったです
途中、松原正樹さん(たけしくんと同じお名前ですね!)のギター演奏が流れましたがとても素敵な音色でした。松原正樹さんは、たけしくんもかつて舞台で共演された中村梅雀さんや、ハコさんの御夫君の安田裕美さん達とバンドを組んでいたこともあり、一緒にCDも出されておりますネ

いつかどこかで逢えるけん・・。本当に、生きていればまた会える、遠くに住んでる○○ちゃん、このところの水害や熱波が心配・△△さん、わたしも頑張って、また会えるよう生きて行くネ、という気持ちになれた良い日でした



                                     The Guiter Bros ♪
                                          ギター演奏のCD                                    

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

窓の外の女

今更すみません。
最近、コメント欄が表示されなくなってしまいました。
以前の日記に遡って書き込みさせて頂きます。
健之君がBSで歌う曲目が発表されてから、私もyoutubeでチョー・ヨンピルさんが歌うオリジナルを聴きました。
その時の印象は、大変申し訳ないのですが「昔、何となく聴いた事がある」程度でした。
「釜山港へ帰れ」はハッキリ判るのですが。
でも、健之君が歌う姿をBSで拝見した時、「こんなに素敵な曲だったんだ」と改めて思った次第です。
しかも、あんなに難しい曲を見事なまでに歌い上げましたね。
歌い終わったあと、私はテレビに向かって拍手をしていました。
いつも明るく元気な健之くんが、あんなに切ない曲をああいった歌い方で聴かせて下さいました。
とっても素敵でした!!
ファンになって本当に良かったです(^.^)

keiko | URL | 2013年09月27日(Fri)20:00 [EDIT]