FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

野村監督の歌。

この頃 ウィーン少年合唱団も歌っている、そして、NHKのTVスポットでも、大勢のタレントさんや歌い手さんが、ワンフレーズずつ次々にリレーのように歌って行くシーンが、もう長い間流れている「花は咲く」という曲は皆様ご存知のことと思います。
同じく震災や、その復興への想いを込めた歌ならば、私は健之くんの「Elegy こころの道」の方がずっと好きではありますが、かのTVスポットを見ていつも思うことが一つあって、それは、プロ野球のヤクルトや楽天で長く監督をされた、あの野村克也さんの歌がとてもお上手だということです。 お上手というか、「正確」なのでしょうか?次から次へとずらずらずら~っと歌われているタレントさんや歌い手さん方には、大変申し訳ないと思うのですが、中で私は野村監督の歌が、意外性も手伝って一番上手と感じています。 
常々そう思っておりましたところ、先日偶然テレビで、その野村さんが自らの半生を語っておられる場面に出会い、聞きながら二度びっくりいたしました。監督が言われるには「子供の頃、生活が苦しく、なんとか母親に楽をさせたくて、自分より二つしか歳の違わない美空ひばりさんが、当時超売れっ子で活躍しているのを見て、よし!歌手になったらたくさんお金が儲かるだろうと、自分なりに少し(歌の)勉強をしたのです・・」ということなのでした。結局、歌手にはなれず、しかし野球の道で大選手・大監督となったのは周知の通りで、監督のお母様にも十分親孝行をしてさしあげられたことと思いますが、このお話しを聞いて、私も少し納得をいたしました。ただ歌い手になろうと思ったわけではなく、やはり監督は歌がお好きだったのではないでしょうか。もちろんプロになれるほどではなかったでしょうが、でも今でもちゃんと、お上手です。「花は咲く」、ほんの短い小節ですが “わた~しは 何をのこしただろう♪”── とてもきちんと、聞く人の心に届くように歌っておられると思います。


 
                                   花は咲く☆☆

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する