FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

新曲の歌詞に見る「愛」の形の考察♪

↑と、なんだか大学のレポート提出みたいなタイトルになってしまいましたが~
たけしくんの新曲「北の冬薔薇」のリリース後、初めて歌詞カードを手にした時に、それまでラジオなどから聞いて自分で書き取っていた歌詞と見比べて、おお~~と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
健之くんも、胸がキュンとする歌詞と言っていらした「人のさだめ 受け入れて・・」のところの「さだめ」は、大方「運命」ではないかな、とは思っていましたよネ。日本語ではよく、運命と書いてさだめ、と読ませます。逆に「さだめ川」と、敢えてひらがなで表記した、ちあきなおみさんの歌もありましたが。お好きでしたか?私はちあきさんの同じ頃の曲でしたら、「わるつ」が好きだった記憶があります

さて一番驚いたのは、「北の冬薔薇」の1番で いま 胸に抱かれて ああ眠れたら・・だと思いましたら、なんと「永眠れたら」と書いて、「ねむれたら」だった所ですまあどうしましょう!
だからこそ、こんなにもドラマチックに歌われていたのですねえ。たけしくんの歌声が、ここを念頭に置いて聞くと一段と切なく響きます。あらためて感じ入りました。
以前このブログで、百人一首の中の「あらざらむ・・・」という和泉式部の和歌を引き合いに出して、「北の冬薔薇」の1番の歌詞も、和泉式部の歌も、“もう一度の、あなたとの逢瀬さえ叶えば、私は死んでもいい” ということを言っているんじゃないかな、みたいなことを書いたことがありました。が、今回のは、むしろもっと激しい恋なのかも知れません。和泉式部が前出の和歌を詠んだ時には、実はもうかなり健康を損なっていて、死ということが、実際にそう遠くはないことを自らも察していたので、それで、あらざらむ この世のほかの思ひ出に いまひとたびの・・と、うたったわけです。いわば、座して死を待つより、いっそのこと恋しい人の所へ最後に逢いに行っちゃおうか!といった心境です。 しかし「北の冬薔薇」では、主人公の女性は、平安時代のこの歌人のように病身ではありません。若く、美しく、ましてや病身でもないのに、もう一度あの人に逢えたらそのままそこで死んでしまいたい、と言っているのです。一途な愛の世界ですね。




Library★

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

永眠れたら

「北の冬薔薇」の歌詞の解説、興味深く読ませていただきました。和泉式部の和歌と関連づけて解説なさるなんて、すごいです。

私も和泉式部のこの歌、初めて百人一首を覚えた、子供の頃から、まあ、意味はよく分からなかったのですが、もう一つ、下の句が「いまひとたびの」と比べてわかりやすい、覚えやすい歌だと思っていました。なんとなく恋の歌とわかったのか、それともお姫様の絵にあこがれたのかわかりませんが。

私など読みが浅い者だから、もしかしてこの歌は不倫で別れる事になった女の人の歌?なんて思ったりして。そして、ご指摘の「永眠れたら」。
もう、すでに知っていらっしゃるでしょうが、実は、先月「歌謡アリーナ」と言う雑誌を初めて買いました。たけしくんの対談が載っていると知ったからです。そして、一つ発見。見た事が無い雑誌だったので知らなかっただけですが、この雑誌にはその月に発売になる新譜の楽譜と歌詞が載っているんですね。で、当然「北の冬薔薇」も。ラッキー!それで何回も歌詞を読んでいたにもかかわらず、今日、こちらのブログを読むまで気がつきませんでした。もし 命の灯を もし 差し出しても、、、だからここは眠るでなく永眠?対になっている? おお!なんか国語の解釈の時間みたい。

たけしくんの素晴らしい声と歌唱に聞き惚れて、歌の内容が少しおろそかになっていましたが、とても悲しい曲ですね。

あと、お聞きしたいのですが、コメントがほとんど表示になってないのですが、みなさんそうしていらっしゃるのでしょうか。もし、見せたくないときは管理者、、の四角にチェックを入れればいいのですか?つたない文章ですが、特に非公開にする必要もないのでこれからも公開でコメントを入れるつもりですが。

yukishi | URL | 2013年05月11日(Sat)22:04 [EDIT]


たけしくん応援♪

Yukishi様

コメントありがとうございますi-179

いえいえ!全然すごくなんかないんですよ~i-229
こうしてブログなどやっていますと、無意識のうちに、何か書くことを探していることもあるので
ものの見方が少し細かくなるのかも知れません。それに決して解説なんておこがましいことではなくて、
ただ、いつも自分の考えを出来る限り正直に綴っているだけなんです。

私の家にも子供のころ、かるたの百人一首の読みふだ(絵ふだ)と取りふだの入った古い箱があって
お正月には取り出してみんなで遊びました。いい時代でしたねi-178
そうですね~、お姫様の絵は綺麗で可愛く、お坊さんの絵はなんとなく怖かったです!

歌謡雑誌にはすでに、新曲の歌詞が載っておりましたか!なるほど。


そして、どういうわけかこの応援ブログには以前から「管理者だけに表示..」機能を利用したコメントが多く
その場合は、文字通り管理人だけが戴いたコメントの内容を把握し
内容はもちろんのこと、コメントの数を表す1とか2とかの数字もブログには表示されません。
私は何事もあまり気にならないたちなので、健之くんファンの方がコメントをくださる時の形式は
その方の御自由でまったく構わないのですが
応援ブログの目的である健之くんの応援・宣伝のためには、どちらかと言うと、
ファンの方の健之くんへの暖かいお声が
直接どなたにも読めるほうが、効果的ではないかなと思っておりますi-179

応援委員 | URL | 2013年05月13日(Mon)07:11 [EDIT]