FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

全員悪人?!

たけしくんが公式応援歌『あなたに逢えて』を歌われ、御自身もワンシーンに出演された東映創立60周年記念大作、映画「北のカナリアたち」は前評判に違(たが)わぬ大ヒットを記録し、それは沢山の方々が映画館に足を運ばれて、鑑賞をされたことでしょう。 本当に今年はたけしくんも、こうして今後にいろいろと繋がるであろう大きなお仕事に携わられまして、誠に誠に、何よりのことでした。


さて今月はもう1本邦画を見まして、どちらかといえば洋画好きの私にしてみれば、短い期間に2本の邦画を見たのは珍しいことでした。たけしはたけしでもあのビートたけしさんこと北野武監督・脚本・主演の話題作「アウトレイジ・ビヨンド」ですが、「全員悪人」というあのキャッチコピーには見る前から思わずニヤリとしてしまいます。まあ、映画の内容はご存知の通りの、一般社会とはかけ離れた任侠モノの、純・娯楽作品なので、取り立てて深い感想とか感慨とかはありませんが、「北のカナリアたち」では、ノブちゃんの会社の社長などごく一部の人を除けば登場人物のほとんどが「全員善人」だと思いますので、同じ映画でも、それとは正反対の作風のものはどんな感じだろう・・という興味もありました。マル暴刑事役の、小日向文世さんという役者さんが昔から好きで、全員悪人という中でも、私はこのマル暴刑事が実は一番の悪人なのではないかと、秘かに思っていましたのでその意味でも、小日向文世さんばかり見ていましたねえ。彼は今年のNHK大河ドラマの「平清盛」でも、源義朝の父・為義役で出ていらして、その複雑な心理を、演技の端々によく表現されてとても印象的でした。

「アウトレイジ・ビヨンド」は、2010年の「アウトレイジ」の続編で、今回の映画公開前に、テレビ東京で前作の「アウトレイジ」が放映されたのを、たまたま見たのが実はきっかけで、今度は劇場で「ビヨンド」も見てみることにしたのですが、そのテレビで見た前作で、椎名桔平さんがちょっと気になる役どころで出ていたのも、桔平さんは「ビヨンド」の方には出てはいないのですが、作品に興味を持った一因でした。

ですから、来たる2013年2月に、健之くんもアフターライブをされる、渋谷シアターコクーンでの「教授」というお芝居に、椎名桔平さんが主役で出られるのは、どんな舞台を作られるのか、今からとっても楽しみです。
そして「アウトレイジ・ビヨンド」は、小日向さん演じる刑事が、最後、ビートたけしさんに、ついに命をとられてしまいましたので、よって今後この作品の続編は無いのではないかな、と思います。だって小日向文世さんの役は、あまりにも存在感がありすぎましたもの。


                           ホットケーキ☆☆




今年も、当「健之くん応援委員会」ブログにたくさんの御訪問を戴きまして、誠にありがとうございました。
更新をしている時もそうでない時も、変わらず多くの方にお立ち寄り戴けますのも、すべて健之くんの大きな人気のおかげと、いつも感謝いたしております。健之くんの歌を愛する多くの方々が、いっしょに健之くんを応援くださるお気持ちが、本当にいつも嬉しいです。
来年もまた引き続き、どうか我らが健之くんへ、たくさんの御声援を送って差し上げてくださいませ。

皆様ご健康で良いお年をお迎えください

                                       <健之くん応援委員会>

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する