FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

小説の効用♪

ここひと月ほど、家の事情でまるで時間が無く過ごしましたが、そしてそれは今でもあまり変わりはないのですがそんな折、ほんのちょっとした時のすきまを縫って気分を変えるのにも、“読書”は良いようです。五木寛之さん作の小説「金沢望郷歌」は、たしかバブル経済真っ盛りの頃に上梓され、当時あらすじも知っていたので、てっきり読んだものと思い込んでいたのですが 実はどうも読んでいないのではないかと思い、今更ながら本屋さんで買って読み始め、そして長編にもかかわらず、またたく間に読み終えてしまいました。同じ五木寛之さんの詞になる、健之くんのちょうど10年前、2005年のデビュー曲「金沢望郷歌」の、いわずと知れた同名小説ですので、内容はまったく歌の歌詞とは趣きが違うものの、とても楽しく読了しました。そう、読んだつもりが、実際は読んではいなかった小説・「金沢望郷歌」だったんです。
タイトルが「金沢望郷歌」ですから、読み進みながら、実際にはたけしくんのイベントやコンサートには行っていなくても、なんとなくたけしくんを身近に感じられるような、そんな穏やかな気持ちで本が読めるのはとても嬉しい気持ちでした
五木寛之さんの文章の独特の情緒や雰囲気を存分に味わうことが出来、そして筋書きには躍動感も急展開もあって、とっても面白い小説ですので、健之くんデビュー10周年にあたり、こちらの「金沢望郷歌」も再度多くの方にお読み戴けたら、とはなはだ僭越ではありますが、思いました。北陸新幹線の開通した今の時代にあってもちっとも古さを感じさせない、それどころか、今この時にこの小説を読みますと、金沢の過去と現在とが一つに融合して心に染み入って来るような、改めてこの街を訪ねてみたくなるような、そんな心持にもなりました。もしまだの方は是非! 私は今度は別の、女性作家の本にとりかかりました


                                    五木寛之作「金沢望郷歌」(文春文庫)
                                     小説「金沢望郷歌」

PageTop

君はどうしているのかと♪「BS日本のうた」

ここしばらく、家庭の都合で応援ブログの更新が出来ませんでした。その間も、変わらずこちらを訪ねてくださった皆様に心から感謝いたします。これもたけしくんの人気のお蔭と、たけしくんファンとしてとても嬉しい気持ちです。今後ともご一緒に応援の程どうぞよろしくお願い申し上げます

さて先日の加須市からの「BS日本のうた」で、健之くんが野口五郎さんの「私鉄沿線」をカバーされ、また‘歌謡HOT前線’コーナーのトップで新曲「雪明かりの駅」を、いずれもとても見事に披露された回の録画を、久しぶりに今また拝見しました。いや~ほんとに完成度の高い歌声で、何度聞いても感動しますね
名曲「私鉄沿線」の、あの哀愁を歌い上げるたけしくんの圧巻のリズム感と美しい佇(たたず)まいは、まったく今、余人をもって代えがたいほどの芸術品です。たけしくんの世にも上手な歌を聴いていますと、いつも決まって本当に切なく切なくなります。悲しいほどにうまい・・・
「雪明かりの駅」もまた、ゆったりと大きな歌で1番、2番と聞けまして、その誠実で充実した歌いぶりは、ラジオ深夜便の1月~3月の「深夜便のうた」としての面目躍如で、とても素敵でした 紺系のお衣装がすっきりと清涼で、たけしくんの綺麗な表情をよく引き立てておりましたネ。会場内も大声援でした


野口五郎さんの歌はわたし、当時全部好きでした五郎さんは「青いリンゴ」がデビュー曲かと思いきや、じつは演歌の「博多みれん」がそうである、ということは、巷間かなり知られておりましたね しかしほんとに「青いリンゴ」をはじめ、「オレンジの雨」や、たけしくんが最近民放の番組で、ご本人の五郎さんとデュエットもされました「甘い生活」などなど、五郎さんのその後のヒット曲には筒美京平さんの名曲も数多く、私たち京平ファン垂涎のものばかりでした。ところが!不思議なことに、こんなに大好きな京平さんの曲ではない、「私鉄沿線」が、数ある野口五郎さんの曲の中で実はわたし一番好きだったんです 作曲者の佐藤寛さんは五郎さんのお兄さんで、そのことも当時からとても話題でした。イントロからすでにドラマチックで、イントロを聞くだけで胸がいっぱいになってしまいます。作詞は「瀬戸の花嫁」の山上路夫さん、この詞がまた泣かせるんですよね!! 皆様はこの曲でどんな「私鉄」を思い浮かべるのでしょう。人それぞれにいろいろな思い出の「私鉄沿線」があることでしょう。健之くんの素晴らしい歌でこの曲が聞けてほんっとに嬉しかったです

そして、歌詞としてはサイコーなんですが、実際の喫茶店のマスターはなかなか口にしないであろう言葉がこの歌には登場するんですよね。でもこの歌詞こそがこの歌のなかで一番印象的とも言えることば、それは、「いつも一緒に来てた彼女、最近見ないけど元気?」というニュアンスの、「あの店で聞かれました 君はどうしているのかと」という実に秀逸な歌詞の部分です。 誰か彼女のことを気にして尋ねてほしい、という主人公の願望か、一つの心象風景なのか・・。いずれにしろ、聞く人の胸に哀しく響いて共感を呼び醒まします。作詞家はそれも計算していたのかも知れませんね。とにかく名曲です



ブ-ケ♪☆♪

PageTop