FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

凄いですネ60周年!とオールナイトなお話♪

来たる9月13日に、東京国際フォーラムで開かれ、健之くんも出演されます「ニッポン放送開局60周年記念 カッキー・欽ちゃんのニッポン放送ハッピー歌謡祭」。ぜひぜひ健之くんには、あの素晴らしい歌声を大ホールいっぱいに響かせ、たくさんのお客様方を感動に導いてくださるよう熱望いたしますし、また実際に、まさにそうなることと思います いつも心より応援しております
9月2日火曜日の「NHK歌謡コンサート」にも御出演、テレビ画面に映る健之くんを、やはり心から楽しみにしています

さてそれにしましてもニッポン放送の60周年というのはすごいですね。1954年7月の放送開始ということですから、53年の、NHKのテレビ放送開始の翌年です。民放として画期的なことでした。そして私達の世代では、ニッポン放送といえば何と言っても黎明期の「オールナイト・ニッポン」の思い出が強く、受験やテストの勉強をし“ながら” ラジオを聞き“ながら”の“ながら族”の発祥の地が、まさにこのニッポン放送の、この深夜番組だったと思うのです 当時は夜中の1時から5時まで、一人のパーソナリティーがひたすらしゃべり通していまして、彼らは皆ニッポン放送のアナウンサーで、毎日の日替わり登板でした。
私もご多分にもれず、毎晩のようにオールナイト・ニッポンを聞きながら机に向かい、しかし机に向かっているのかラジオに向っているのか 気が付くともう朝で、トランジスタラジオを抱いてベッドに倒れよだれを垂らし その日のテストに備えての歴史の暗記も数学の公式まる覚えも、全然やっていなかった・・という涙・涙のことがよくありました。ジャパニーズポップスも歌謡曲も洋楽も、ほんとうに沢山のヒット曲に溢れた時代で、それを聞くのが楽しくて楽しくて、という時期でした。曲のリクエスト葉書は私はそれほど書いたことはなかったけれど、全国のリスナーからの葉書やお便りを、パーソナリティーの人達が読んだり、お返事したりするのを聞くのは、とても興味シンシンでした 日本のDJの草分けの、“Go Go Go!”の糸居五郎さんの声も、当時ラジオで生で聴けましたし、斉藤安弘・アンコーさんやカメちゃんの亀淵昭信さん(→のちにニッポン放送の社長になっちゃいましたね!)それから高嶋秀武さんなどが特に印象に残っています。アンコーさんは、そのずっとずっと後、たけしくんがデビューをされる少し前あたりから、「オールナイトニッポン・エバーグリーン」という番組もされていたことがあって、一時とても懐かしく聴いていました。
“奥様お嬢様が泣いて喜ぶあなたの高崎一郎です”と、臆面もないキャッチフレーズで知られた高崎さんはオールナイトニッポンのたしか土曜日の担当でしたか。平日のパーソナリティー達よりも、ぐっとキザでモダンで、そこがまた良かったのですね。でも実は、わたしの一番のお気に入りは、水曜か木曜の平日を担当していた、てっちゃんこと今仁哲夫さんで、彼のおしゃべりはあの頃の私たちから見ると、ちょっと大人っぽくて仇(あだ)っぽいところがあり、そこがまた聴き甲斐があったのでしょうね レスリー・ゴーアの「涙のバースディ・パーティー」の替え歌で、~今日はてっちゃん誕生日、おめでとう~ なんていう歌をよく番組で流していたのも好きで、これは例によっていまでもときどき口ずさんでいます




  ♪2014 ひまわり畑の“ひまわり娘”☆
 テレビのニュースで見た「ひまわり娘」ちゃん

PageTop

十六夜の・・・♪

先日、ニッポン放送「垣花正のそれゆけハッピー・外はおまかせ!」のコーナーに出演された時の健之くん、暑い盛りの中継ということで浴衣姿で登場されたようで、番組のHPにもその後写真がアップされておりましたネ。浴衣の柄が、細かい髑髏(どくろ)模様ということもおっしゃっていて、まあ、ずいぶん楽しい柄ゆきですね~着ても見ても、少し涼しくなるのでしょうか
髑髏と聞いて思い浮かんだのが、以前、前進座の女優さんたちによって夏に上演された、宮部みゆきさん原作の「いざよいどくろ」(「十六夜髑髏」~短編集「勘忍箱」より~)というお芝居の事でした。演出がとても斬新で、長く印象に残る作品でした。さらに宮部みゆきさんと言えば、今月のBSフジ・五木寛之さんの「風のcafe」のゲストが宮部さんで、楽しみにしていたその回の録画を、日曜にやっと見ることが出来ました。皆様もご覧になられましたか?ベストセラー作家同士のお話しで、なかなかに楽しい回でしたね 最近、俳句を始められたという宮部さんに、五木寛之さんが御自身の俳句への見解を述べていらしたのが、とても興味深かったです。小説家はコツコツと一歩ずつ‘散文’を書く仕事で、俳句のように、ぱっと何かをひと掴みにして‘ジャンプ’する手法の文学に近づくとちょっとアブナイ・・というふうに、流石に見事な分析で、健之くんの恩師にして作家の五木寛之さんは、やはりいつもいろいろなことを考えておられるんだなぁと感嘆いたしました。

月末の31日にはNHK・ラジオ深夜便の「歌の旅びと」の月1回の放送があります。今回は埼玉編の予定です。たけしくんも、すこし前に、今日は深夜便の五木先生の放送があります~ とブログに書いてくださっていたことがありました。たけしくんの7枚目のシングルにもなっております 「歌の旅びと」が主題歌として流れる、ファンにとりましても大変に嬉しい番組です 2011年の4月から4年間の予定で始まりましたということは、来年の春にはこの企画もいよいよ終わりを迎えます。次にもやはり、五木寛之さんの語りで構成される番組が続いて欲しい・・と心から願う毎日です。まだまだ十分お元気な五木寛之さんには、旅や旅のお話しがよく似合います。前出の宮部みゆきさんとの「風のcafe」でも、先生は全身 白で揃えた、とてもダンディーないでたちで、端正に優雅に“cafe”の椅子に腰を掛けお話しをされていました。ほんとにいつまでも変わらずお若いですねえ。



                               ♪2014夏のクッキー お茶の時間☆
                                               

PageTop