FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪「この項つづく」・・・

たけしくんの恩師である作家・五木寛之さんのエッセイで、その長きにわたる連載によってギネスブックにも登録されております、日刊ゲンダイの「流されゆく日々」、この連載9484回から今日30日の9490回まで、⑦回同じテーマが続いていて、今日もまだ「この項つづく」となっております。いつもより、つづき方がちょっと長いような気がします。来月には第2次大戦の終戦記念日も来ますし、その前にはもちろん広島・長崎の原爆忌もあります。毎年、暑く長い夏です。そういった時節のせいかどうか、五木先生の今日まで⑦回連続のテーマも、かなり重いものとなっております。

五木寛之さんの「流されゆく日々」の掲載を楽しみに、ゲンダイを買っているという人も巷でよく聞きますし、うちの家族なども常々、五木さんのあの似顔絵のあるエッセイのページこそが、日刊ゲンダイの命だ、などと申しております。本当にネ。今回連続中のテーマは特に見逃せない気持ちなので、明日もまたコンビニでゲンダイを買うことになりそうです。ところで、愛読されていらっしゃる方も多いと思いますので御存じかも知れませんが、この⑦回の内には、ある別の作家からの引用文も含まれており、それがまた優れた文章なのですが、ところどころ結構長文が引用されていますので、最初ふと、五木先生、ひょっとして少し夏休みかな??などと思ってしまったものです。が、毎日読み進むうちに、違うかも、いやきっと違う!これも一つエッセイの手法なのだろう、などと一人であれこれ考えてしまいまして、それもこれも、五木寛之さんがもう何十年と休みなく、膨大な執筆活動や講演、旅、テレビ・ラジオへの出演等を続けておられる印象なので、いったいいつ休まれるのだろう・・と思うからかも知れません。ベストセラー作家でいらっしゃる五木寛之さんは、きっと時間の使い方も超一流でおられるのですね。それにつけても、今回の「流されゆく日々」のテーマに、思わず五木先生の2002年の随筆「運命の足音」の内容が重なり、衝撃がよみがえって近々もう一度読み返してみたい、と思いました。

さて我らが健之くんも、3月に新曲「ふるさとの空遠く」をリリースされ、今月12日に札幌にて「松原健之 コンサートツアー2014」の大団円を迎えられるまで、ほんとうに過密なスケジュールを、よくぞ見事立派に、また無事に乗り切られましたと、ファンの一人として心からホッと嬉しく思いました。コンサートには特に責任や重圧が肩にふりかかると思いますので、健之くんも実にいろいろな事に心を砕かれたことと思います。仕事であること、それに忙しいのは何よりということ、それはもう確かにそうなのでしょうが、とにかくいつもお元気でいらしてほしいと、それだけを願います。夏休みも、もしご予定が取れればステキですね。

まもなく8月。当応援ブログの「カテゴリー・健之くん 過去の主なスケジュール」から、以下に4月~7月分を載せてみました。本当に集中して凄い日程でした。このほかにも、3月もほんとにお忙しかったし、ラジオ番組の収録なども、まだこの合い間にはあったことでしょう。なんか涙が出て来てしまいます・・ でも、やはり忙しいのは良いことには違いはありません。
たけしくんの、素晴らしい歌い手としての活躍も来年はいよいよ満10周年を迎え、こちらはこれからも、人々の大いなる夢や憧れを乗せて、まだまだ長く「この項つづく」 となるのでしょう。



4/4(金)SBSラジオ公開録音 出演  諸口神社 祭典・イベント
    沼津市戸田(へた)・深海生物館   
4/5(土)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   14:00~  イケヤ浜松メイワン店・握手会(浜松市)   
   13:30~  プレ葉ウォーク浜北 1Fプレ葉コート(浜松市)
   15:30~  プレ葉ウォーク浜北 1Fプレ葉コート(浜松市)
4/6(日)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   11:00~  鈴鹿ハンター(三重県鈴鹿市)
   16:00~  濃尾商会(名古屋市)
4/8(火)「NHK歌謡コンサート」 生出演
   20:00~   NHK総合
4/12(土)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   13:00~   亀戸サンストリート 1階マーケット広場  
4/13(日)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   14:30~   イオンモール北戸田 1階セントラルコート(埼玉県戸田市)
4/18(金)NHK「歌謡チャリティーコンサート」公開録画 出演
   19:00~   川口総合文化センター リリア メインホール  
           ※放送日:4月29日(火・祝)19:30~20:43
4/19(土)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   13:00~  15:00~  けやきウォーク前橋 1Fけやきコート(前橋市)
4/20(日)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   11:30~  14:30~   アビオシティ加賀 1F中央セントラルコート(石川県)
4/21(月)テレビ金沢「松原健之の一曲だけのコンサート」コーナー生出演
4/24(木)山野楽器 演歌まつり
   「入間で演歌ふれあいコンサート2014 卯月の部」 出演
   12:00~   丸広百貨店入間店7階「さくら草ホール」
4/25(金)松原健之「ふるさとの空遠く」発売記念キャンペーン 出演
   13:00~  上尾ショーサンプラザ 1階センターコート
   17:00~  ヨーロー堂(台東区浅草)
4/26(土) ニッポン放送開局60周年 「ラジオパーク2014 in 日比谷」 出演
   16:00頃~  にれの木リビングステージ(日比谷公園)
5/6(火・振休)「晤郎の日 ワイン会」 出演
   15:00~17:00  札幌パークホテル 3F エメラルド
5/11(日) 東海ラジオ開局55周年
  「源石和輝 モルゲン!!」公開録音「熱唱! 松原健之 in セントレア」 出演
   12:00~12:30  14:00~14:30 中部国際空港 セントレア
5/13(火)静岡SBSテレビ「Soleいいね!」 出演  10時頃
5/13(火)静岡SBSラジオ「ほのぼのワイド」 出演  10:35頃
5/13(火)静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」 出演  16:45~
5/16(金)ミュージックバード
 「アフタヌーンパラダイス Song For You」 出演(パーソナリティ) 15:00~16:55
5/18(日)「テレ金おもてなしフェスタ」 ~松原健之トーク&ライブ~ 出演
   12:15~12:45  JR金沢駅東口 もてなしドーム地下広場
   14:30~15:00  めいてつエムザ 1Fアベニュー特設ステージ(サテライト会場)
5/19(月)テレビ金沢
   「松原健之の一曲だけのコンサート」コーナー出演  15:53~
5/21(水) 第213回「大阪発 流行歌ライブ」 出演
   11:30~   BIG CAT
5/21(水)ラジオ大阪「スパメン」 出演  18:00~
5/22(木) 「KOBE流行歌ライブ」 出演
   13:00~   神戸ハーバーホール
5/24(土)「松原健之コンサートツアー2014」 出演 
   16:30~   磐田市民文化会館 
5/26(月)ニッポン放送「垣花正のあなたとハッピー」ゲスト  9:40頃~ でした
6/2(月) ラジオかなざわ
   「昼どき ラジオ便」 生電話インタビュー出演  13:30ごろ
6/5(木) テレビ東京
    「木曜 8 時のコンサート」 公開録画 出演  サンシティ越谷市民ホール
6/14(土)「松原健之コンサートツアー2014」 出演 
   16:00~   有楽町・よみうりホール     
6/15(日)「STVラジオ ドキドキおまつりプラザ2014」
    松原健之 「歌をあなたに」~ふるさとの空遠く~公開録音  出演
    15:10~   札幌パークホテル西駐車場特設会場
6/16(月)テレビ金沢「松原健之の一曲だけのコンサート」コーナー出演  15:53~
6/17(火)「NHK歌謡コンサート」 生出演
   NHK総合  20:00~20:43
6/19(木)NHK「BS日本のうた」 公開録画 出演
   18:40~  鳥栖市民文化会館 大ホール
          ※放送日:7月13日(日)19:30~ BSプレミアム
6/20(木)ラジオ大阪「フライデー歌謡曲」 出演  20:30~21:00
6/22(日)「夢☆宝塚レビューショー」 出演
   17:30~  宝塚ベガ・ホール
6/29(日)「松原健之コンサートツアー2014」 出演 
   16:00~   金沢市文化ホール
7/12(土)「松原健之コンサートツアー2014」 出演 
   15:00~   札幌市民ホール

  ♪2014 Kocyou Ran☆

PageTop

ゲスト出演、なのね!!

自分の事で恐縮ですが、歌が好きで、ピアノが好き、音楽が好き、漱石が好き...オーケストラ、フォークル、筒美京平、湘南サウンド、古典芸能、五木寛之さんの小説、演劇の舞台・・・そうしたわたしのいろいろな好きなものの延長線上に、たけしくんのあの、素晴らしい歌がありました。情操面から言えば、ですから私は実に幸せな人生を送ったと思います 本当に、五木寛之さんの戯曲をのせた前進座の舞台で、よくぞたけしくんの歌声に巡り会ったものと、今でもとても嬉しく不思議な気持ちです。

そして五木寛之さんと言えばもう一つ、フォークル=ザ・フォーク・クルセダーズの大ファンだった私は、そのフォークル解散の記念曲に五木先生が詞を書かれたということで、元来五木さんのファンでもあったのですが、どうしてこうもうまく好きな人達がタッグを組んだかな、と、当時フォークル解散の悲しみもそこそこに、そのことに大いに感動したものでした。「青年は荒野をめざす」~五木先生のベストセラー小説と同名のタイトルを持つその曲で、ご存知の通りフォークルは、わずか1年の芸能活動にピリオドを打ったわけです。なんか、劇的な時代でしたね~

そして健之くんの18日のブログに、「ゲスト出演!!」という日記が載りました。来たる10月18日に、シャンソン歌手の高木椋太さんのコンサートにゲストでご出演ということで、ステキですねえ
高木椋太さんの歌はだいぶ前に1度生でお聞きしたことがあるのですが、当時のプログラムによりますと、1曲目に「脱走兵」という歌が記されております。そう、久々にこれを見て思い出しました。コンサートの最初に、フォークルも歌っていたこの曲を歌われたことに、その時はただもう、ビックリしていました。フォークルは「大統領殿」という題名で歌っておりましたので、それにたぶん歌詞も少し訳が異なっていたかも知れないのですが、とにかくまごうかたなき同じ歌です。フォークルの中では「イムジン河」と同じく、作詞も作曲も彼ら自身によるものではなかったのですが、それだけにというか、かえってフォークルの多面性を窺い知ることの出来る大好きな曲だったので、椋太さんが歌われて、驚きもひとしおだったのでしょう。もともとはシャンソンだったのですネ
あらためて調べてみますと、フランスのボリス・ヴィアンという、作家で詩人、楽器も歌もものすという早世の鬼才の作詞曲です。フォークル以外にもいろいろな方によってカバーされているようです。今、たけしくんがその高木椋太さんのコンサートにゲスト出演されるということで、私の中でまた、五木寛之さん→フォークル→高木椋太さん→健之くん、という「線」が新たに出来てとても嬉しい気持ちです。
そして時節柄、もしも今また、哀しくも迫力に満ちた高木椋太さんの「脱走兵」を聞いたとしたら、どんな気持ちになるのか、ちょっと想像してみたのでした。


   Ryota Takagi☆
<当時の高木椋太さんのプログラム類より。今も変わらず素敵な方ですよね~

PageTop

初恋の君は心の妻だから♪♪

“♪名前さえ呼べなくて”
10日のテレビ東京「木曜8時のコンサート」、たけしくん初登場ということで、初めて番組を拝見しました メイン司会者はNHK時代「のど自慢」の司会なども担当され、花形アナウンサーで鳴らした宮本隆治さん。そして、いつもこのように広い会場で公開録画が行われるのなら、多くの人に歌を聞いて戴けるし、テレビ東京にも出られるしでまた是非たけしくんにも度々出演して戴きたいですね~。
曲目は、たけしくんの初のフルアルバム「旅立つ季節に」にも収録されている、カバー曲「初恋」。オリジナルの歌い手で夭折のシンガーソングライター・村下孝蔵さんのことを、サブ司会の松丸アナもあらためて紹介されていました。
たけしくんの、リズム感の塊みたいな歌声を聞いていますと、又そのリズムを、シンコペーションの所なども特に、体で刻みながら歌うのを見ておりますと、もうこちらまで踊りだしたくなるようなわくわくした楽しさを覚えます音楽はリズムだ!というのが私の音楽全般に対する楽しみ方のひとつです
たけしくんはテレビのとき、案外カメラ目線で歌われることが少ないようにも思いますが、この夜の「初恋」は、けっこうカメラにひた、と目を向けることが多くていらしたので、思わずこちらもドキドキしてしまいます

♪君は心の妻だから
そして、続く13日のBSプレミアム「BS日本のうた」では、全出演者中4番目というほど良い位置で、初めて「君は心の妻だから」を披露された健之くんでした。なんと客席からの登場は、デビュー時・金沢からの同番組の時と同じで、びっくり致しました。一番を客席で歌われましたが、周辺のお客様がじ~っと、或いは座り直して真剣に聞き入ったりされていまして、とても嬉しかったです。「君は心の妻だから」・・・かなりの「演歌」ですが、当時よく流行りましたよね~。ボーカルの三條正人さんが個性的でしたし 鶴岡正義と東京ロマンチカの名前も一躍有名になりました。そのきっかけとなった「小樽のひとよ」はたけしくんが今、御縁の深い北海道のうたですから、「君は~ 」をその健之くんが歌われるのも、なんとなく嬉しいですよね。とても音域の広い曲で、たけしくんの歌声ならではの聞きごたえがありました。どちらかというと扇情的に近かった三條さんの歌に対して、たけしくんはかなりきっちりと歌われましたので、これは私には或る大発見となりました。あらためて、鶴岡正義さん作曲のワルツのモダンさと、なかにし礼さんの詞の情緒とが、かえってよく胸に落ちたからです 輝く星がいっぱいの夜空が似合いそうな、そんな現代的で大きな歌でした。
以前大ヒットした曲や、美空ひばりさんのように偉大な歌い手さんのカバーも歌われる機会の多いたけしくんは、本当に工夫に腐心されると思います。オリジナル歌手の歌をそのまま踏襲するように...と思ったら、おそらくどちらの良さも出ないことでしょう。たけしくんはほんとに良く、うまく努力をされていると思います。「君は心の妻だから」、とても若々しく艶やかな愛に満ちて素敵でした~

♪“月の出ぬ間に冷えぬ間に”
お衣装とそのアクセサリーが、華やかなコサージュからバイオリンの綺麗なブローチに変わった、御3人での「一杯のコーヒーから」も聴けましたね~ そしてそのあとが、西崎流の西崎緑さん登場で、あの「必殺」のテーマでした


♪村下孝蔵さん、そして三條正人さん
実はわたしは、「初恋」の村下さんとか「I LOVE YOU」の尾崎豊さんとかは、リアルタイムではそれほどよく知らないのです。歌はもちろん耳にしていましたが、あの頃テレビもあまり見ず、ましてや彼らのコンサートなどとは無縁でした。ですから今、たけしくんがテレビやステージで歌う「初恋」を聞きますと、懐かしくも新鮮で、名曲をたけしくんの歌声で心ゆくまで楽しんでおります。思えば村下さんや尾崎さんが最も活躍された1985年頃といいますと、あのバブル経済期と重なります。バブルと言えば社長もサラリーマンも、昼は仕事・夜は大宴会というローテーションが延々と、バブルが弾けるまで続いた期間でしたから、誰も落ち着いて家にいたことなど、ほとんど無いのではないかしら、という感じでした。いわば‘健康’と引き替えに仕事や接待、大勢の仲間達との親交(?!)を謳歌していたという、イイような悪いような高揚した期間を過ごしたわけで、今思うと‘それもまた人生’だったかな??という所です。その頃、カラオケでひょっとして「初恋」を歌っている人もあったかも知れませんが、きっと飲むのに忙しくてそれもあまり聞いていなかったのでしょうね

東京ロマンチカの三條正人さんといえば、、学生時代、一度社会に出て何年かしてから、ふと思うところあって改めて大学に入学して来たという人と、1年生の時同じクラスになったのですが、何歳か年上のその彼女が、滋賀の膳所(ぜぜ)高校の先輩ということで、毎日のように三條さんのことを自慢していたのが、何より印象に残っています。年が上ということもあって、同年代のクラスメートたちには皆、彼女は綺麗でとても優雅に映ったものです。
だいぶ後に、三條さんは美人女優の香川美子さんと結婚されましたので、その報に接した彼女は、もしかしてちょっとガッカリしたのかも知れません。


♪2014 ドイツ語で‘とまーてん’

PageTop

続・「人生、歌がある」♪

7月2日のBS朝日の番組の中で、たけしくんが素晴らしい歌唱力で歌われた「無縁坂」。

元来素晴らしい作品なのですが、その作品を、現代の旬のアーティストであるたけしくんが歌われますと、さらに作品が輝きも新たに、魅力を増したように思います。
そこで、あらためてこの曲の持つ独特とも言える味わいですが・・・。
子供にとってお母さんはどんな時も─たとえ風邪をひいていようが体調が悪かろうが─いつも自分にご飯を作ってくれて、お風呂に入れてくれて、学校から帰ってくるとおやつも用意してくれていて、夜、寝てからも子供に何かないかと常に見守っていてくれる・・夏は蚊帳を吊って、冬は湯たんぽを布団に入れてくれ、いつの季節にも、部屋が乾燥したり湿気たりしないように工夫してくれている、洋服を縫ってくれ、頭から足の先のもの・靴まで洗濯してくれたり、髪を切ってくれたり、、ちょっと考えただけでも、今思うと、本当にお母さんって子供のために生きているようなものでした。今よりずっと不便な時代のお母さんは、ほんとにほんとに大変でした。
そして子供にとって、そのお母さんが、あとから思えば、実はずい分いろいろなことに耐えていたのかも知れない、お金の苦労もしていたようだ、まして、ひょっとして世間の普通のお母さんより幸せではなかったのじゃないか、まだ若くてきれいだった母は、あんなに一生懸命自分の世話をしてくれながらも、実のところ不安や葛藤で胸がいっぱいだったんじゃないのか、・・今の自分ならそれが分かるとか気づくと、もう切なくて切なくてたまらなくなるのですネ。そこを歌にしてしまうと、きっとこういう歌が出来るのでしょうが、いや~哀しい曲です。
でもこれは、作詞・作曲もされた、さださんの実際のお母さんを歌ったものではないようですし、フィクションだと言われますが、かえってそこが芸術なのだと思います。誰しも少なからず、なにがしかの差はあっても必ず経験する母への想い、大人になってから、昔、甘えたりわがままばかり言っていた小さい頃の自分を、ちょっと恥ずかしく思う気持ち、そしてもっとなんとかならなかったか、もっとお母さんにしてあげられることが無かったのかという後悔の思い、きっと誰にでもあると思うんですね、それを歌にしたから、多くの人の共感を得られたのだと思います。
恋愛がテーマでも、またこうした母への情愛がテーマでも人は共感しますし、或いは、恋愛がある日突然とても哀しい結末を迎えてしまうという、やはりさださんの「精霊流し」にしても、もしかしたらフィクションかもしれないけれど、多くの人が、自分だったらどうだろう・・と思わず胸を突かれるような、そんな題材を曲にするのも、優れたアーティストの感性ならではなのでしょう。

「忍ぶ しのばず 無縁坂・・・」やはり傑出したアーティストであるたけしくんの、澄んで力強い歌声は、人間の心の中にあって普段は気づかないいろいろな哀切や感情を、あらためて呼び覚ましてくれます




♪2014 ajisaiⅵ★

PageTop

♪「無縁坂」の哀切

2日のBS朝日「日本の名曲 人生、歌がある」に出演された健之くんは、まずグレープのカバーで「無縁坂」、次にデュエットで三橋美智也の「達者でナ」と、風合いの違った2曲で、全国の音楽ファン達を大いに楽しませてくださいました
「無縁坂」・・ね。この曲は哀しいから聞くのがちょっと辛い感じです。自分のお母さんが、薄幸の女性だったと歌っているわけで、そしてそれが、まだ幼かった自分という息子の記憶をたどるかたちで綴られているのですから、聞いていてほんとに切なさが胸に迫るのです。たけしくんは、綺麗な声で、でも時として、とても力強い響きでこの曲を見事に歌い上げられましたので、聞きながら、いつもより、より情感が胸に迫って来て涙がこぼれそうになりました。
「達者でナ」は以前、民謡も少し習ったことがあります、と健之くんがおっしゃるのをラジオで聞いたことがありましたので、この民謡風の歌謡曲を、情緒たっぷりに、しかも品良く歌うたけしくんにあらためて感動・感心してしまいました本当に、溢れる郷愁の中にも、演歌というよりはむしろ‘フォークソング’の爽やかさと切れの良さ、親しみやすさとを持った、たけしくんの「達者でナ」を初めて聴くことができまして、幸せでした
一緒にテレビを見ていた家族が、たけしくん相変わらず綺麗ね 今日の衣装も襟の所が明るい色でとてもいいと言っておりました~。歌はもう、今これだけ歌える人はほかにないと、痛切に言っております本当にそうですね


                             ♪2014 Tanabatasama★

PageTop