FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪6/18の徳光さんの番組を見て♪

さらに 「歌謡コンサート」の翌18日夜には、BSジャパンで「徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡人~」へ御出演のたけしくんでした。コンサート・歌謡コンサート・BS歌番組と、八面六臂の活躍のたけしくんがとても嬉しいですね
この日前半の「筒美京平」特集は、とってもわくわくする企画でした ましてそこへ、我らがたけしくんの御登場ですから万が一にも録画どりを失敗してはならぬと真剣でした~
そしてそして、健之くんの太田裕美さんとのデュエット・・えも言われず嬉しかったです。もうだいぶ前、確かTBSのお昼の帯番組で裕美さんと愛川キンキンが司会をされていました。裕美さんは、可愛くてキレイで歌がうまくて天然自然な、でも頭が良くて機転のきく、ちょうどたけしくんのようでしたので当時大好きで、歌も大好きで、何か埼玉のお寿司屋さんの娘だと、しきりにキンキンが親しみを込めて言っていたように記憶しています。「木綿のハンカチーフ」のデュエットを感慨を持って、でも楽しく聴いておりました。これだけみんなに知られている曲ですが、テレビで男声パートと女声パートに分かれて歌われることは、案外無いように思います。低音に挑戦。ね。ステキでした

そして女性ばかりのカルテットをバックに、ソロでの「また逢う日まで」、オリジナルの持つバタ臭さとはまた違った、オリエンタルな感じのゆったりと綺麗な、でも声を張るところなど特に心に切なく響く、健之くんの「また逢う日まで」はまた秀逸でした。
後半ではなんと、まるで京平さん作曲の「17才」のメロディーに誘われたかの如く 17才の頃のたけしくんの、同局地上波秘蔵フィルム・「チャレンジ歌バトル」での、たけしくん・グランドチャンピオンに輝くの時の映像が映し出されましてファンは感涙。 また、たけしくんの恩師の作詞家・茜まさおさんが、長年尊敬してやまないフェイバリットな方としてビデオで御出演され、そんなたけしくんとの、かつてのちょっと ‘苦笑いエピソード’ なども一部披露され、当時のたけしくんの心も、また茜先生の心情もしみじみとこちらへ伝わって参りました。
厳しい面も勿論感じましたが、茜先生はこのようにとても温厚で且つ洒脱な方だったことも初めて知り得ました。司会の徳光さんが、「松原君が、今これだけ功成り名を遂げられたということは、茜先生もきっと自慢だと思いますよ!」と、言って下さいましたね~。さすが徳光さん たけしくん、良かったですね
そして、以前或るラジオ番組の中で、 “チャレンジ歌バトルに出ていた、高校生の小松原君の頃から応援しています” というファンの方からのメッセージが紹介されたことがあり、そのとき健之くんも、とても喜んでいらっしゃいましたので、その方も、もし今宵このテレビを見ていらしたなら、きっとことのほか嬉しい気持ちでおられたに違いないと思いました。



                 必殺仕事人
 ↑2008年12月のブログに載せた画像の再掲です。テレビの画面から。この、ドラマ「必殺仕事人」の主題歌「浜千鳥情話」は、作詞・茜まさお、作曲・平尾昌晃のゴールデン・コンビの情緒たっぷりのいい曲でした。同じくお二人の作品で、三井由美子さんの歌った「必殺仕置人」のテーマ「やがて愛の日が」も、今でもとてもファンの多いと言われる名曲なのですが、こちらはドラマ関係の画がないので・・  放映当時、ご覧になっていた方もきっとたくさんいらっしゃいますネ。

又、たけしくんはこの日の番組で、茜先生とのエピソードのあと、かつて茜先生の薫陶を深く受けたという、布施さんの「霧の摩周湖」を見事に歌われました。いつも思うのですが、多分たけしくんこの曲を、ことに楽譜どおり正確に歌われていて、それでいながらこれほどに切ない情感溢れる「霧の摩周湖」となっているのは、そして、そんなたけしくんの歌を聴くことが出来ますのは、ファンとしてもこの上なく幸せなことなのです また、作品も実に名曲なんだなぁとしみじみ思います。

PageTop

♪幸せな二人へ贈る♪歌謡コンサート

よみうりホールの感動のコンサートから僅か3日後の17日、たけしくんはこの日は「歌謡コンサート」に、出演されました。
「幸せな二人へ贈る歌」というこの日のサブタイトルのもと、6月ジューン・ブライドにちなみ、二人の新しい門出へのはなむけの歌として「新妻に捧げる歌」を歌われたたけしくんです。この曲は、たけしくんも今や、歌を通じて何かと御縁の深い昭和の歌姫・美空ひばりさんの親友である、中村メイコさん御夫妻の作詞・作曲なんですネ。ひばりさんは一度の結婚生活を、途中でリタイアされてしまいましたが、メイコさんの方は、神津牧場で有名な神津一族出身の作曲家・神津善行さんのもとへ嫁がれ、今もずっと幸せに添い遂げておられます これも、ひばりさんがどうで、メイコさんがこうということではなく運命というものでしょうね。お二人はひばりさんが世を去られるまで、生涯親友同士だったそうです。
たけしくんは3曲目に、なんとなんとNHKホール‘自慢’の世界最大級のパイプオルガンの荘厳な音色をバックに登場されまして、もう意表を突かれてビックリしてしまいました 素晴らしい歌唱力のたけしくんには、素晴らしい楽器の伴奏で花を添えるという、粋な演出にとても嬉しくなりました~。 パイプオルガンは御存知の通り、教会音楽には欠かせないものですので、きっとこの曲に、教会での結婚式をイメージしてのコラボレーションでもあったかも知れません。「新妻に捧げる歌」は、健之くんの起承転結の効いた、そして華やかな歌い方がとても美しく堂々としていて、結婚式の定番ソングということでしたが、今年のジューン・ブライドの皆さんは、健之くんの、このような素晴らしく暖かい歌声に送られて、とても幸せと言うよりほかありませんでしたねっ



♪2014 白薔薇☆♪
 花嫁と言えば白。たけしくんのお衣装もこの夜は綺麗な白でした。
 ↑こちらは白薔薇・しろそうび?

PageTop

♪有楽町で逢いましょう!!ツア-2014・東京♪

♪2014コンサートツアー よみうりホール★ⅱ         ♪2014コンサートツアー よみうりホール♪☆
この中によみうりホール                開演5分前


14日(土)「松原健之 2014コンサートツアー」の東京・有楽町よみうりホール公演は、本当に楽しかったです
その夜のうちの、テイチクのプレスリリースなど、コンサートの盛況と成功を伝える記事もネットに多数出まして、たけしくんが歌われた全曲数や、曲目もかなり発表されておりましたので、行かれた皆様も再び楽しんだり、またこれからコンサートにお出掛けの皆様も参考にされたりと、こもごもだったかと思います。曲目や演出などは、会場によって違ったり同じだったり、いろいろだと思いますので、これからの公演もどうかたっぷりお楽しみくださいね

さて東京公演、「遠野ものがたり」から始まり、「この世に人と生まれたからは」でアンコール前を締めくくられたのは、どちらも健之くんの恩師・作家の五木寛之さんの作詞であることが共通点として先ずは頭に浮ぶのも嬉しくそれに1曲目の「遠野ものがたり」は、ピアノ奏者で今回もバックバンドの要(かなめ)である塩入俊哉さんが、なんと五木先生が作曲も手がけられたこの作品の補作曲を担当されているという、ファンにとっても、嬉しくもかけがえのない名曲であるわけですネ!! サッカー用語ではないですが少し‘ため’のある歌い方は今回特に意外性があり、初めからたけしくんの歌ごころと感性が炸裂した感のあるステージでしたとても素晴らしかったです
そして私がこれと同じくらいに感動したのが、布施明さんのカバーで「君は薔薇より美しい」。ほ~んとうにねあなたは誰より歌が上手いと世界中の人にふれまわりたいくらいのそんな健之くんのお歌でした。この曲は、ただ声が良くても、ちょっとやそっと上手くても声が出せても、それだけではだめで、その上に、たけしくんのような卓越したリズム感がなければ、決して歌えない歌だと、私は思います。ステージで思い切り、満員のお客様へサービスしながら元気良く楽しそうに歌われた健之くんの声や姿が、今でも耳に瞼に焼き付いております。いや~~、素敵でした!!
大先輩・五木ひろしさん作曲の「マリモの湖」のジャジーな響きや、歌手としてのふるさと、金沢にゆかりの「愛のうた」なども、また各公演で聴けますか楽しみですね。

わたしが、健之くんの歌を初めて聴いた劇団前進座の舞台、その前進座は1年に一度、毎年5月に東京・三宅坂の国立劇場で10日間あまりの公演を行います。観劇仲間の一人が以前、「この日はやっぱりお祭りだからね」と言っていました。だから観る方も、精いっぱい楽しみましょうと。その言葉に漠然と納得はしていたのですが、今回あらためてたけしくんのコンサートを拝見しまして、その意味がようやく腑に落て来たような気がします。歌と演劇ですから、当然それぞれパフォーマンスに違いはありますが、エンタテインメントとして鑑賞するという点において、歌手の華やかなワンマンコンサートのツアーも、やっぱり一つのお祭りではないのかな、と思いました。ツアーも1年に一度ですし、同じ曲でも、普段聴いているCDとは違う感覚のアレンジや歌い方が楽しく、又、テレビで見るよりたくさんたくさんお歌が聴けるし、お衣装や照明も派手、トークも弾けてその上に、握手をしながら広い客席を練り歩いてもくれる。お祭りだから、巧いバンドの巧い音色がいささか大きく聞こえるのも 一夜のショーを派手に盛り上げるためかも知れないし、すべてがハイテンションで楽しいひとときを皆で共有するのが、プロの「コンサート」なのかもしれないと、私なりに知り初(そ)めたのでした。
そして、それでもたけしくんの歌を、家でもう一度静かにゆっくりお聴きになりたい?それならば 是非会場ロビーの特設コーナーでCDをご購入の上特典の握手会に参加されてみては如何でしょう。来年は健之くん、いよいよデビュー周年を迎えられるということで、記念のステキなTシャツなどももう販売していますよ、という具合に、ものごとはとてもうまく出来ているのではないでしょうか ぜひぜひ、これからも皆様、奮ってたけしくんの楽しいコンサートにいらしてみてください。とびきり元気が出ること請け合いです

PageTop

「名曲」三昧♪

たけしくんが、6月18日・夜9時からのテレビ「徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡人~」へ出演されるというお知らせを、公式スケジュールで見ましたときに、ふと、デビュー間もないころ、同じく徳光さんの番組─当時テレビ東京の「名曲の時間です」で、初めてたけしくんのデビュー曲「金沢望郷歌」のプロモーションビデオが流れたのを、懐かしく思い出しておりました。その2005年10月10日の回には、たけしくんの恩師、作家の五木寛之さんがゲストで登場されておりまして、先生のお話しの中で、映像と共に健之くんの歌う「金沢望郷歌」が美しく流れて、スタジオへの御自身の出演はまだなかったものの、それがこの曲の、実にテレビ全国放送で聞く初回だったわけですね~ 覚えておられる方も、もちろんいらっしゃることでしょう。(あの時VHSで録画しておいたテープが、あるにはあるのですが、今デッキが不調で見られません。もしまた見られるようになりましたら、画像を載せてみたいと思います
その後は、同番組の収録にも度々出演された健之くん、同じく徳光さんでは2006年「秋のオールリクエスト」なんていうプログラムにも出られ、わたしは「誰もいない海」の熱唱に、いたく感動したりしておりました。18日の夜はテレビであの頃を思い出しながら、今や華やかなスターとなられた健之くんの、今回も素晴らしい歌声を楽しみにしたいと思います


                                     
♪2014 旬 かつお☆
今が旬のカツオの御造りでも戴きながらテレビを見るのはいかがですか?
たけしくんの‘苦手’な茗荷がたっぷり写ってしまいましたが・・・

PageTop

アナ雪・ホームズ♪

映画では、今まさにディズニーアニメの「アナ雪」がヒット中ですが、先日も御自身のブログに、映画「卓球温泉」のことを楽しく綴っていらした、映画がお好きというたけしくん、アナ雪に限らず、何か観に行かれる時間はおありでしょうか?と言いますのも健之くんのスケジュールが今後ますます、「松原健之 コンサートツアー2014」もあって実に過密で、どうかたけしくん御健康でとひたすらお祈りする毎日なのです。本当に心から、いつもお健やかにと願っております

ところで「アナと雪の女王」ですが、ヒットの要因が、ディズニー初めての女性監督の起用もあって作品自体が魅力的なのはもとより、本編中の唄の良さが世界中の人の心に響いたというのはもう定説ですね。先日、その「解明」の一部を何かで読みました。もうだいぶ人口に膾炙しているようなので御存知の方も多いと思いますが.....曰く、主題歌「Let It Go」のサビが、ビートルズの「レット・イット・ビー」のそれと同じ「感動コード」になっている、日本語の歌詞を、原語の歌詞の「O」(オー)の部分とリップシンクさせていて、アニメの主人公たちの口の開け方とよく合うので、映画を見ながら日本語で一緒にうたっても楽しい・・等々、いろいろと述べられておりました。♪ありの~ ままの~すがたみせるの~よ~→レリゴ~ レリゴ~・・CAN’T HOLD IT BACK ANYMORE! なるほどね~、日本の製作会社の人も頭が良かったんですね
そして、世は「ホームズ」ブームでもあるそうです。あの、コナン・ドイル作の「シャーロック・ホームズ」です。もともと時代を超えた人気小説ですし、近年、ロバート・ダウニー・Jr(私、ファンです!)主演の映画も人気でしたが、ここへきてB・カンバーバッチ演ずる、英国BBCテレビ「SHERLOCK」が日本でも各国でも放送されてかなりの話題、でも私はどうも、どう見ても彼はハンサムではないような気もして それほど興味もなかったのですが、先月、BSプレミアムで最新の第3シリーズが3作ほど放送されたのを横目で見ていたら、それでも結構気に入り始めました!彼「全体」の醸す雰囲気がいいのですね。とは言うものの、やはり昔の、グラナダテレビ作のジェレミー・ブレット主演「シャーロック・ホームズの冒険」がほぼ同時にアンコール放送されますと、こちらの方がステキだな~とも思ってしまいます。ブレットさんは、若き日、ヘプバーンの「マイ・フェア・レディ」のフレディー役で、映画の中でちょっと笑いを取っていたんですよネ
私の友人で、子供の頃から今に至るまでずっと、ホームズならぬ、怪盗「ルパン」に凝っている人がいます。なんでも、健之くん歌うところの「思い出の街」に登場する「チェーホフ全集」ならぬ、モーリス・ルブランのかなり希少な「ルパン全集」を持っているようです



                                     ♪2014 アナと雪の女王☆
                                               もう、見た

PageTop