FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

約分しちゃだめ?! 八分の六拍子♪

    ♪東十条★2013 3 18

3月18日に行われました、健之くん待望の新曲「ふるさとの空遠く」の、発売1日前のキャンペーンです。1日前というのは初めてかも知れませんネ 赤羽の美声堂と、東十条のミュージックショップ・ダンという、前はなかなかにお馴染みだった両CDショップの店頭で、ただ、特に赤羽駅前のアーケードの真ん中にある美声堂では、以前は、たけしくん本当に店頭も店頭で歌われていまして、道行く買い物客の皆さんにも、より気軽に歌を楽しんで戴いていた記憶があります。いろいろと時代の推移があるのかも知れません

さてさて、当日18日は、終始とても素晴らしい健之くんの歌声に溢れた一日でした
真剣で、力強くて、丁寧で、聞きながらこちらも思わず襟を正してしまうようなステキな歌声の数々 それでいて、とっても明るく和やかな雰囲気のひと時でした。新曲「ふるさとの空遠く」をはじめ、デビュー曲の「金沢望郷歌」、前作「北の冬薔薇」、北海道での人気に火のつくきっかけとなっった「雪」、恩師・五木寛之さん作詞の曲のカバーで、「松原健之 ベストアルバム3」の中にも収められている「夜明けのメロディー」、やはり五木寛之さんの詩で、先生が珍しく“メロ先”で書かれたとお聞きしたことのある「愛のうた」などなどを、たけしくんは、どれもそれはそれは心を込めて歌われました それもそのはず、美声堂のある赤羽は、たけしくんが人生において特に思い入れのある街のひとつで、また東十条のダンと言えば、とても由緒ある所謂(いわゆる)‘レコード屋さん’で、デビュー曲もそして今作も作曲してくださった弦哲也さんは、ずっと以前に、お店として最初のキャンペーンをここでされた方でもあるそうです。このお話しは、この日初めてお聞きしましたね~。お客様も、とても沢山でどちらのお店も大盛況でした。
いや~、ほんとに間近で感動的な歌声を何曲もお聞き出来たのは幸せでした。

まだ発売日の前ということもあってか、カップリング曲「Greensleeves─夕映えの小径─」は歌われなかったのですが、CDで繰り返し聞いても、実にステキなたけしくんの歌声です
「Greensleeves」の曲自体は、もちろん知らぬ人とてないイングランド民謡の名曲で、題名は覚えていなくても、曲を聞けばすぐ、あ~、あれね、と分かりますネ。
それにしても難しい譜割りと申しますか、CD封入の楽譜を拝見しますと、特に1番の、4分の4拍子が実に難しいですよね。たけしくんでなければ歌えないのではないかと思われるほどに、リズムをとるのが難しい・・
さらに2番からは、8分の6拍子と表示されて曲が進みます。これは、勝手に約分して4分の3拍子にしてしまっては....勿論いけないんですよねたぶん、いけないんです
8分の6拍子は、3拍子に似ていますがやはり3拍子ではない気がします。実際は巷間言われるように、3拍子よりメリハリのある2拍子、でしょうか。専門的なことはよく分からないんですが、CDで健之くんの歌い方を目をつむってよく聞いて、これからも何回も聞いてみようと思います 聞くほどに美しいし、官能的ですし、これからの夏の終わりには、長らくこの季節に君臨してきたパーシーフェイスの「夏の日の恋」に代わって、健之くんの、この「Greensleeves─夕映えの小径」がスタンダードナンバーになれば良いとさえ思っております。そういう日がいつかほんとうに来るかも知れません!!

あと、もう少し調べてみますと、「Greensleeves」は元来8分の6拍子の曲、とあります。
そうしますと、今回たけしくんの「Greensleeves 夕映えの小径」の1番の部分を、あえて4分の4拍子にされたその意味に、とても興味が湧きます 聞き手としましては、健之くんの持ち前の美声ーあの稀有な“クリスタルボイス”とあいまって、曲の前半がしみじみと詠嘆調になり、なんとも言えないアンニュイなお洒落感が深まったと感じました。全体が、クラシックにも或は時にジャズのようにも聞こえる音楽性の豊かさは、ひたすら健之くんの声と、リズム感とによってもたらされるものと、日々感動して聞き入っています。

「ふるさとの空遠く」が大好きなことは、前にも書きました。本当にノスタルジー、五木寛之さんおっしゃるところの“サウダーデ”を感じ、優しさを感じ、声もメロディーも綺麗でサビも高らか、そこに、微妙なこぶしといいますか、心地よい音符のゆらめきが感じられる箇所などは、まさに日本の正統な歌謡曲調で、短い間奏からはちょっとあの「さらば恋人」の香りも漂う様な気がして、こんな演歌は凄すぎるという感じですよね~~。ヒットの予感が、予感でなくなる日もきっと近いことでしょう とっても楽しみです
そして、それと同じくらいに、たけしくんの歌われる「Greensleeves」が私は大好きですよ。いつかコンサートなどでお聞き出来る日を楽しみにしたいです

PageTop

♪あと6日で発売日『ふるさとの空遠く』♪

目を閉じて浮かぶ景色は 今も変わらずに~

まだ、ラジオで2~3回ほどしか聴いていない曲なのに、何かと言うとこの部分を口ずさんでいる今日この頃です。いよいよ3月19日に迫った発売日も待ち遠しい、健之くんの11枚目のシングル『ふるさとの空遠く』の一節ですね~
特に 今も変わらずに~ 夏は遠花火~・・・のところの、健之くんの綺麗な高音が耳に残って離れません。何かとても、ヒットの予感です
思わずメロディーが浮かんでくる、歌詞が口をついて出る、というのはヒット曲の大事な要素だと思うんですね。そこに、万人の胸に訴えかける、たけしくんの稀有な美しい歌声があるのですから、発売が本当に楽しみです
そしてこの曲、少しも冗長なところがないのがステキだと思われませんか?以前、NHK・FMの「ミュージック・メモリー」という番組で、パーソナリティーの平尾昌晃さんがおっしゃっていたことの中に「(歌謡曲も)昔は長さが大体3分台だったけど、今の曲は4分~5分のもあるね。本当は“短くて、良い曲” というのがいいんだよ、何故かというと、すぐ、また聞きたくなるから!」 といったようなお話しがありまして、いつも心に残っていました。
ほんとに、今からずいぶん前の曲には、あっという間に終わってしまうものも多かったのです。だんだんと長くなってきたのでしょうか?そしてまた短くなる傾向にあるのか、詳しいことは分かりませんが、平尾先生の御意見は至極尤もで、自然なお考えだとはわたしも思います。
平尾昌晃さんは、御自身の作品を例に挙げて、たとえば「瀬戸の花嫁」はツー・コーラス、「霧の摩周湖」はワン・ハーフ(1番+サビの部分の意味?)、「うそ」はツー・ハーフ、一方で「恋のしずく」はスリーコーラスまであると言っておられました。そう、当時「恋のしずく」は、ずいぶん“多くを語る”歌だと思っておりました それでも、詞全体が、平易に無理なく女性心理の流れを表していましたので、私など今でもほとんど何も見なくても3番まで歌えてしまいます。長い間には、色々な音楽に巡り会うものですね~。

さて!! 健之くんの間もなくリリースされる新曲『ふるさとの空遠く』は、とてもほど良い長さの、本当に何度でも繰り返し聞きたくなる良い歌だと、心から思います どうぞ皆様、これからも健之くんの歌をたくさんお聞きになって、御一緒にたくさん声援を送ってさしあげてくださいね



                                 ♪ねこやなぎ★★
          川辺の春の息吹とともに、発売日が待たれる新曲『ふるさとの空遠く』 

PageTop

♪雪解け真近の希望の歌「いい日旅立ち」♪

山口百恵さんの「赤いシリーズ」DVDマガジンが創刊したとかで、そんな宣伝も多く見かける今日この頃、4日のNHK「歌謡コンサート」には、いよいよ我らが健之くんが登場されまして、百恵ちゃんのヒット曲「いい日旅立ち」を、春らしい目にも鮮やかな色合いのお衣装を纏い、本当に見事に歌われました  マイクを持つ手の袖口 ‘くるみボタン’が可愛くシックな印象でした 今回まさに『奇跡のクリスタルボイス』輝く健之くんを、皆様ご覧になりましたか?本当にステキでしたネ~

以前、歌謡コンサートでは、やはり3月のこの時期に、「なごり雪」を初カバーされまして、その後この曲は「旅立つ季節に」 という、たけしくん初のフルアルバムにも収録されて行ったという経緯がありました。「なごり雪」ももちろん良かったですが、こちら「いい日旅立ち」は、もう、より暖かくて切なくて、本当にしみじみと心に残りました。

百恵ちゃんの歌は正に時代に乗ってどの曲も、みんな知らないということが無いくらいによく流行りましたが、私は「夢先案内人」とか「イミテーションゴールド」といった、どちらかというとテンポの速い曲が好きでした。その意味でこの「いい日旅立ち」は、大ヒット曲ではあっても、今迄特に大好きということはなかったのですが、この夜たけしくんの歌声でお聞きしてみますと、こんなにいい歌だったの?~と、すっかり感心してしまいました。歌唱力の素晴らしさに感無量になった気持ちと共に、改めてこれが名曲であることに気付かされたようです。

たけしくんは、実に精魂を込めて歌っていらしたと思います。歌に、何とも言えないあたたかみと、そして哀愁がありました。郷愁の念もこもっているように感じました。懐かしい故郷に後ろ髪を引かれるような、母とも別れたくないような...希望に溢れる中にも、そんな切ない「旅立ち」の季節の若者の心が伝わって来るようで、思わず泣けてくるたけしくんの歌でしたよ!!
い~い日 旅立ち・・・の、誰にも真似の出来ない優しい歌い方と絶妙のリズム感に、歌はこうでなくっちゃ!歌手とはこうでなければ!と思わせる、健之くんの素晴らしい歌声でした。会場からの大きな拍手も、舞台のマルチカラーの照明もとっても綺麗で素敵、全てが華やいで美しいステージでした




                                   ♪シナモンバー付き♪ 
                                          <まだ寒い日には、温かく                        

PageTop