FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

なにがなにしてなんとやら♪

フォークルの歌に「フォークル節」というのがありまして・・・・・

なにがなにしてなんとやら~ 浪曲のようで浪曲でない お経のようでお経でない・・といった歌詞も、それからメロディーも面白くて、先ほどちょっと調べましたら、永六輔作詞・いずみたく作曲だったんですネ。当時から今までちっとも知らずにおりましたが、その割にこの歌は、私の中ではずっとスタンダードナンバーの位置を保ち続けています~

そうしたこともあり、健之くんの、20日・BS日テレ夜8時から放送されました「歌謡プレミアム“美空ひばり特集”」での「川の流れのように」の歌を聞いた時に、思わず胸に浮かんだのが、「ひばりのようで ひばりでない」─ という言葉だったわけなのです

ひばりさんは、言うまでもなく押しも押されもせぬ偉大な昭和の歌姫であり、不世出の天才歌手に違いありませんが、それでも健之くんはそのひばりさんの最後のヒット曲「川の流れのように」を、あたかもひばりさんのように上手く、しかしひばりさんにはない、若々しい男性歌手ならではの躍動感と爽やかさとで、従来の名曲を新たにより綺麗な明るい「花」へと変えて歌われたと思いました。本当に素晴らしかったです
この曲は、現在好評発売中のアルバム「松原健之ベストアルバム3」にも新録として収められておりまして、そちらももちろん素敵なのですが、CDよりもなおいっそう今回のテレビでは、歌声が悠々と自然なものに感じられました 芝居もそうですが、歌もやはり生き物なのかも知れません。皆様どうか、CDで、テレビでラジオで、ステージで たけしくんの歌声を出来るだけたくさんお楽しみ戴きたいと思いますヨ。25日の御自身のブログでも御案内がされておりますように、来たる2月2日(日)に、今度はNHKの「BS日本のうた」に出演されますネ。とても楽しみです。

私はたけしくんの歌の大ファンになるまでは、特に国内では男性の歌い手にはあまり興味が無く、好きだとしてもそれは、サザンだとか米米クラブであるとかのグループが多かったです。その昔のグループサウンズやフォーク・クルセダーズもその一環で フォークルは 当時、本当に大好きでした。修学旅行で、彼らの地元である京都を訪れた時には、このまま私を京都に置いて行ってくれろと本気で引率の先生に願い出て、当然の事ながら一笑に付されたりもしました  しかし、それまでもそれからも、本物の彼らを見たことは一度もなく、一番大好きだった北山修さんを、コンサートで生で初めて観ることになるのは、それからなんと半世紀近くも経った、2010年秋まで待たねばなりませんでした。その時さすがに、たとえどんなに好きで憧れて、行ってみたい所や見てみたいことがあったとしても、人生いろいろなタイミングやきっかけがうまく噛み合うまでに、これほどに時間のかかることもあるんだなあと、何とも言えぬ感慨に浸ったものです。

一方で、たけしくんの世にも素晴らしい歌声を、早くに生の舞台で~感動のお芝居の中で聞くことが出来たのは、ひとえに、祖父母の代から家族で観ていた前進座のおかげです。偶然ではありますが誠に幸せなことで、ですから前進座に足を向けて寝ることは、いまだに私は出来ないでいます



 ♪2014 山形・啓翁桜★

たけしくんのブログにもあります、御出演の25日・福岡「音楽の祭典」~MUSIC FESTA vol.2~ きっと大盛況だったことと思います。
ニュースなどによりますと、福岡はだいぶ暖かかったようですね。良かったです!
↑東北山形でも、早咲きの「啓翁桜」が咲いたそうです

PageTop

渋谷の街♪

先程のニュースで、渋谷の街が2016年着工・2020年に完成予定で大規模に再開発されるようです。皆様もお聞きになりましたか?
渋谷は、NHKもありますし、何年か前に、駅のすぐ近くの会場で たけしくんのコンサートも華やかにとり行われたりと、何かと健之くんにも、身近で且つ御縁のおありになる街ではないかと思います。
まだ2014年になったばかりですし、着工自体が先の話ではありますが、この再開発の中心地となる桜丘町あたりが、ちょっと渋谷駅から奥まっていただけに面白いお店もあって、昔よく遊んだ街だったので、ああ、その内ここもとうとう、変わってしまうんだなあと感慨を催し、綴ってみました。36階、高さ180mのオフィスビルと、マンションが出来るそうです

あの時、渋谷駅近のホール・PLEASURE PLEASUREでのコンサートで、たけしくんが歌われた山崎ハコさんの「望郷」は、本当に感動的でしたね 今でもよく思い出します。
歌も演劇も、日々沢山世に存在しますが、どれも決して、二度と同じ舞台を見ることはできません。ただその時のみの感動を、人々の心に残して過ぎ去って行きます。“出雲の阿国”の昔から、常に生のエンタテインメントの世界とはそうしたものです。良いものに触れることが出来るのは、きっと運が良いのでしょう。
そしていよいよ、そんな我らが健之くんも出演されるステージ「MUSIC FESTA vol.2」が、この18日から来月まで、先ずは大阪を皮切りに始まりますネ。また新たな感動や楽しさを、たくさんの新たな方々にもふりまいてご堪能戴けますよう、健之くんの御健康と公演の御盛況を心より御祈りいたします




  ♪プリン・ア・ラ・モード☆
  <↑こちら渋谷から銀座線で...日本橋のプリン・ア・ラ・モード>

PageTop

久々に真吾君のブログを見ました♪

デビューの年が同じということで、健之くんの日記にも登場したことのある「長谷川真吾君」のことは、当然前から知ってはおりましたが、だからと言って特にステージの応援に行くということもなく 彼がなさっているブログにも、ここ何年も立ち寄ってはおりませんでした。先日は新年ということでもあり、久々に覗かせて頂きましたが、そうしたらビックリ、と申しては失礼ですが 以前よりずっと文章も大人っぽくなっている気がします。なんでも昨年あたりから‘読書’に目覚められたということで、初年はなんと47冊も読まれたそうです。読書が楽しくて仕方がないそうですヨ。感動しますね
読了した本の写真も載っており、ニヤニヤしながら見ておりました。それは、中に私の読んだことのある本も、まだ読んでいない本も勿論あるからで、これからもきっと真吾君の本棚には、ますます蔵書が増えて行かれるのでしょう、楽しみですね
昨年はブログの更新があまり頻繁ではなかったそうで、今年はもっと書きたいと御自身も言っておられます。ほんとに、まだ一度も実際に歌やダンスを見に聞きに行った事とてないのですが、以前のブログからも、繊細な中になかなか独立独歩精神にも溢れた、爽やかな青年だと見てとれましたので、また読書日記などにも注目して行けたらと思います。

読書と言えば、私も今「幻燈辻馬車」という本を読んでおります。山田風太郎のこの作品、いつも観ている前進座にまつわる、ある事がきっかけで読み始めたのですが、分厚い文庫本上・下2冊のうち、あまりに面白くて、「上」は昨年あっという間に読み終え、年末年始は雑事に取り紛れてお休み いま2冊目「下」にかかっているところでございます~。ちょうど午年ですので、新年用にもいいですよネ 去年の大河ドラマ「八重の桜」の時代と重なる筋書のようで、会津のこと、薩摩の大山巌のこと、ドラマの中ではあの勝地涼さんが演じた、山川健次郎のことなどもいっぱい出て来ます。でも御存知「魔界転生」と同じ作者の手になるだけに、大河ドラマとは違ってめっちゃエキセントリックです



                                ♪2014 「幻燈辻馬車」山田風太郎

PageTop

色即是空 ♪ 空即是色

もう、新しい年が明けて早くも10日。なんだか今年も時の経つのが早そうですねあ゛ー

たけしくんの昨年のテレビ出演もたくさんありましたが、中でも私は9月、米子からのNHK「BS日本のうた」で歌われた、「窓の外の女」が大好きで何度も録画を拝見しています
「愛のメモリー」や、この「窓の外の女」、それぞれ曲調は違いますが、大変な歌唱力を要するこうした曲を、たけしくんは本当に、世にも上手に感動的に歌われます。暮れに、BS朝日の五木ひろしさんの番組で放送された「かもめの街」も、久しぶりの御披露でとても良かったと思います。しばらくしましたら、またお聞きしたいですね

レギュラーの「お茶メロらじお」の中で11月にお話しされていました、故郷・袋井市の岩松寺の60年ぶり御開帳も、今年の4月ということで、たけしくんはお仕事かも知れないけれど、それでもひょっとしてその様子をご覧になれたらいいですネ。番組の中で般若心経のことも語られていましたので、般若心経の中の一番有名な箇所を、本日のブログのタイトルにしてみました 見えるものも見えないものもみな同じ、どちらも大切でどちらもはかない・・。私は仏教徒ではありませんが、世界三大宗教のどの教えも、究極はそれほどには違ってはいないという認識があります。一生懸命に、しかし物に捉(とら)われず純粋に生きて行きたいなー、という気持ちを新たに、今年も生きられるだけ生きて行きたいと、思います

健之くんの公式スケジュールを拝見しますと、直近の予定が、18日・大阪からの「MUSIC FESTA vol.2」公演だと思います。ちょうど1ヶ月前の先月18日には、東京・原宿で健之くんのランチ&ディナーショーがありましたので、遅ればせながらその折りの思い出に会場の写真を今日は載せてみました~。
それでは今年も皆さま御一緒に、たけしくんへの尚一層の御声援をどうぞよろしくお願いいたします

                             ♪2013クリスマス☆東京ディナーショー☆原宿ラドンナ

PageTop